八方尾根

2015年7月29日 (水)

八方尾根・花便り 4 最終章

Kurumayuri_5875_20150722

クルマユリ    車百合    ユリ科
雨に打たれて滴が付いて、とても素敵なクルマユリでした。

Tateyama_utubogusa_5865_20150722

タテヤマウツボグサ    立山靫草    シソ科
平地のウツボグサと比べて紫色が鮮やかで、花穂が短いような感じでした。

Waremokou_5866_20150722

ワレモコウ    吾木香    バラ科
ワレモコウがもうこんなに咲いているんですね。
ピンクはシモツケソウ。

Miyama_iwanigana_5867_20150722

ハナニガナ    花苦菜    キク科

Ibuki_jyakousou_5868_20150722

イブキジャコウソウ    伊吹麝香草    シソ科
イブキジャコウソウもあちらこちらに沢山咲いていました。

Hosobatumekusa_5869_20150722

ホソバツメクサ    細葉爪草    ナデシコ科

Kumoma_miminagusa_5870_20150722

クモマミミナグサ    雲間耳菜草    ナデシコ科

Waremokou_5871_20150722

ワレモコウ    吾木香    バラ科
この頃はすっかり雨模様、レインスーツを着て傘差しての撮影でした。

Ko_iwakagami_5873_20150722

イワカガミ(コイワカガミ?)    岩鏡      イワウメ科 と
チングルマ              稚児車    バラ科

Ibuki_jyakousou_5878_20150722

イブキジャコウソウ    伊吹麝香草    シソ科

Kugaisou_5881_20150722

クガイソウ    九階草 九蓋草    ゴマノハグサ科
尾根では撮ることができず、リフトを降りてから駐車場の脇(スキーシーズンはゲレンデのようでした)で最後に撮影したクガイソウ
八方尾根・花便り ご覧頂ありがとうございます。
八方尾根の涼しい空気を少しでもお届けできましたでしょうか?

「八方よいとこ、一度はおいで・・・・」なんて歌は無いですが、野草好きの方なら、たまらない場所です。
帰宅後、整理したら予想外に見た花の種類が多かったのにびっくりしました。
見たのに撮りそびれた花、見たくても見られなかった花もまだまだ沢山あります。
今回確認できた花のリストを下記に記しておきますので、参考にしていただければ幸いです。


  No.

     名     前

  漢    字

  科   名

  1 アマニュウ 甘にゅう セリ科
  2 イブキジャコウソウ 伊吹麝香草 シソ科
  3 ウラジロヨウラク 裏白瓔珞 ツツジ科
  4 エゾシオガマ 蝦夷塩がま ゴマノハグサ科
  5 オオイタドリ 大虎杖 タデ科
  6 オオバセンキュウ 大葉川きゅう セリ科
  7 カライトソウ 唐糸草 バラ科
  8  キバナノカワラマツバ 黄花河原松葉 アカネ科
  9 クガイソウ 九階草 九蓋草 ゴマノハグサ科
  10 クモマミミナグサ 雲間耳菜草 ナデシコ科
  11 クルマユリ 車百合 ユリ科
  12 イワカガミ 岩鏡 イワウメ科
  13 シシウド 猪独活 セリ科
  14 シナノオトギリ 信濃弟切 オトギリソウ科
  15 シモツケソウ 下野草 バラ科
  16 シロバナハナニガナ 白花花苦菜 キク科
  17 タカネアオヤギソウ 高嶺青柳草 ユリ科
  18 タカネマツムシソウ 高嶺松虫草 マツムシソウ科
  19 タテヤマウツボグサ 立山靫草 シソ科
  20 チングルマ 稚児車 バラ科
  21 ハクサンシャジン 白山沙参 キキョウ科
  22 ハクサンタイゲキ 白山大戟 トウダイグサ科
  23 ハクサンチドリ 白山千鳥 ラン科
  24 ハッポウウスユキソウ 八方薄雪草 キク科
  25 ハッポウタカネセンブリ 八方高嶺千振 リンドウ科
  26 ホソバツメクサ 細葉爪草 ナデシコ科
  27 ハナニガナ 花苦菜 キク科
  28 ミヤマコゴメグサ 深山小米草 ゴマノハグサ科
  29 ミヤマダイモンジソウ 深山大文字草 ユキノシタ科
  30 ミヤマトウキ 深山当帰 セリ科
  31 ムシトリスミレ 虫取菫 タヌキモ科
  32 ヨツバシオガマ 四葉塩ガマ ゴマノハグサ科
  33 ワレモコウ 吾木香 バラ科
 

見たけど撮影できなかった花

   
  34 イワイチョウ 岩銀杏 ミツガシワ科
  35 ウメバチソウ 梅鉢草 ユキノシタ科
  36 オオコメツツジ 大米躑躅 ツツジ科
  37 オオバギボウシ 大葉擬宝珠 ユリ科
  38 オヤマソバ 御山蕎麦 タデ科
  39 カラマツソウ 唐松草 キンポウゲ科
  40 コバイケイソウ 小梅恵草 ユリ科
  41 ショウジョウバカマ 猩々袴 ユリ科
  42 タカネナデシコ 高嶺撫子 ナデシコ科
  43 タテヤマリンドウ 立山竜胆 リンドウ科
  44 トキソウ 朱鷺草 ラン科
  45 ニッコウキスゲ 日光黄萓 ユリ科
  46 ヤマホタルブクロ 山火垂袋 キキョウ科
  47 ミヤマアズマギク 深山東菊 キク科
  48 ミヤマママコナ 深山飯子菜 ゴマノハグサ科
  49 ミヤマムラサキ 深山紫 ムラサキ科
  50 ヤナギラン 柳蘭 アカバナ科
  51 ヤマブキショウマ 山吹升麻 バラ科
  52 ユキワリソウ 雪割草 サクラソウ科
・・・八方尾根・花便り終わり

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

八方尾根・花便り 2

Hakusan_shajin_5832_20150722_2

ハクサンシャジン    白山沙参    キキョウ科

霧に浮かぶハクサンシャジン。
この花の雰囲気にとってもよく合う情景と思いました。

Takane_aoyagisou_5789_20150722_2

タカネアオヤギソウ    高嶺青柳草    ユリ科

Oobasenkyuu_5797_20150722_2

オオバセンキュウ    大葉川きゅう    セリ科
オオバセンキュウではないかと思いますが、違っているかも・・・

Oobasenkyuu_5802_20150722_2

ほんの少し後には、ガスが取れてこの景色

Happou_usuyukisou_5806_20150722_2

ハッポウウスユキソウ    八方薄雪草    キク科
ミネウスユキソウの変種で、葉が40度~60度の角度で斜上するのが特徴。
八方尾根の特産種だそうです。

Miyama_kogomegusa_5810_20150722_2

ミヤマコゴメグサ    深山小米草    ゴマノハクサ科

Takane_matumusisou_5814_20150722_2

タカネマツムシソウ    高嶺松虫草    マツムシソウ科
開花時期が遅く短いため、母種よりも丈が低く大きめの花が咲くそうです。
色も紫が鮮やかな感じを受けました。

Kumoma_miminagusa_5816_20150722_2

クモマミミナグサ    雲間耳菜草    ナデシコ科
雲間とは、いかにもという名前ですね。

Miyama_daimonjisou_5822_20150722_2

ミヤマダイモンジソウ   深山大文字草   ユキノシタ科
ダイモンジソウといえば川べりの花とばかり思っていましたが、こんな山の上にも有るんですね。

Miyama_touki_5824_20150722_2

ミヤマトウキ    深山当帰    セリ科
ミヤマトウキではないかと思いますが、よく分かりません。

Ezo_siogama_5825_20150722_2

エゾシオガマ    蝦夷塩がま    ゴマノハグサ科
トモエシオガマと似た感じの花、但し色はまったく違いますが

Simotukesou_5828_20150722_2

シモツケソウ    下野草    バラ科
・・・つづく

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

八方尾根・花便り 1

Sansonoasa_5746_20150722

前々からの念願だった八方尾根・花散策に行ってきました。
2年前にも一度麓まで行ったのですが、その時はあまりの悪天候に涙を呑んで引き返してきました。
今回は梅雨明けを狙って行ったのですが、やはり途中からガスと雨にたたられて、後半撮りたい花も諦めざるを得なかったものもありました。
しかし、どこを見ても視界には必ず野草が飛び込んできて、あっちをうろうろ、こっちへうろうろ、歩は遅々として進まず、目的の八方池までたどり着けるかどうか心配に・・・
途中から天候が崩れだし、撮影を諦めて歩くことに専念し、やっと目的地までは行くことができました。
下界では蒸し暑くて閉口しているだろうに、寒いくらいのお天気で、極楽のような一日でした。

Sansonoasa_5748_20150722

アマニュウ    甘にゅう    セリ科
植物はシシウドかアマニュウではないかと思われるが、このての仲間の種類はどうもよく分かりません。

Sansonoasa_5749_20150722

朝日が昇り、山肌を照らし出す。
谷間から湧き上がる雲が、ちょっと気にかかる。

Sansonoasa_5752_20150722

 

Simotukesou_5756_20150722

シモツケソウ    下野草    バラ科
シモツケソウがいたるところに真っ盛りでした。

Amanyuu_5757_20150722

 

Otogiri_5761_20150722

オトギリソウ    弟切草    オトギリソウ科
シナノオトギリか?

Kurumayuri_5766_20150722

クルマユリ   車百合   ユリ科
想像していたより、うんと小さかったクルマユリ

Kibananokawaramatuba_5767_20150722

キバナノカワラマツバ    黄花河原松葉    アカネ科

Happou_takanesenburi_5771_20150722

ハッポウタカネセンブリ    八方高嶺千振    リンドウ科

Ooitadori_5775_20150722

オオイタドリ    大虎杖    タデ科
この頃までは、お天気も快晴。
後立山連峰の峰々がとてもきれいでした。

Amanyuu_5777_20150722

アマニュウ(多分)    甘にゅう    セリ科
ちょっと気になる雲が多くなってきました。

Sisiudo_5781_20150722

シシウド(多分)    猪独活    セリ科

Simotukesou_5783_20150722

シモツケソウ    下野草    バラ科

Happou_takanesenburi_5786_20150722

ハッポウタカネセンブリ    八方高嶺千振    リンドウ科
・・・つづく

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)