天生湿原

2012年6月11日 (月)

キクザキイチゲ   (天生湿原)

菊咲一華    キンポウゲ科

Kikuzakiitige_0963_120605

地元の太平洋側ではほとんど見ることが出来ない、
紫色のキクザキイチゲ。
嫌味の無い紫が心に残った。

Kikuzakiitige_0975_120605_2

天生湿原の花たちは、ここまで。

余りにも道草を食いすぎて、キヌガサソウの咲く場所まで
たどり着けなかったのが、心残りである。
もう一つ、どうしても見てみたかったミドリニリンソウにも
逢えなかったが、十二分に満足して山を下りた。

【天生湿原で出会った花たち】
・ツバメオモト
・エンレイソウ
・ミツバノバイカオウレン
・ヒメイチゲ
・マイヅルソウ
・リュウキンカ
・サンカヨウ
・ミヤマカタバミ
・キクザキイチゲ
・ミズバショウ

【見たけれど撮りそびれた花】
・ニリンソウ
・タケシマラン
・イワナシ
・ミヤマスミレ
・ショウジョウバカマ
・ムラサキヤシオ
・オオカメノキ
・タムシバ

【期待していたが見られなかった花】
・キヌガサソウ
・ミドリニリンソウ
・ミヤマキスミレ


明日からは上高地に咲く花たちをお届けします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヤマカタバミ   (天生湿原)

深山片喰・深山酸漿・深山傍食    カタバミ科

Miyamakatabami__0980_120605

はじめて見る、ピンクのミヤマカタバミ、
しかし残念なことに曇り空の下で、
ほとんどの花が半開きの状態。 

Miyamakatabami__0960_120605

かろうじて開いていた一輪も、
花びらが虫食いか、ちょっと痛んでいたのが残念。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミズバショウ   (天生湿原)

水芭蕉    サトイモ科

Mizubashou_0974_120605

花の盛りは少々過ぎていたようだった。
最盛期には、さぞ素晴らしい光景が広がっていたことだろう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

ミツバオウレン   (天生湿原)

三葉黄蓮     キンポウゲ科

Mitubanobaikaouren_0948_120605

 

Mitubanobaikaouren_0951_120605

 

この花を撮っているとき、ふと横を見ると
ヤマカガシが一匹じっとこちらを見ていた。
ヤマカガシに、感情があるのか無いのか
分からないが、
「人間と言うヤツは、くだらないことをして喜んでいる動物だな・・・」
と、不思議そうな顔をしているように思えた。

近くでは群れを離れたと思われる猿が一匹、
遊歩道に張られたロープを揺すってしきりに遊んでいた。
ここは良い場所だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメイチゲ   (天生湿原)

姫一華    キンポウゲ科

Himeitige_0952_120605

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイヅルソウ   (天生湿原・上高地)

舞鶴草    ユリ科


優雅な鶴の舞を期待したのだが、少々早すぎたようだ。
登山道の脇にはいたるところに蕾を付けたマイズルソウが・・・
此花たちがいっせいに開花の時期を迎えたら、さぞ素晴らしい光景になることだろう。

Maidurusou_0992_120606

 

Maidurusou_0953_120605

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

サンカヨウ  (天生湿原・上高地)

山荷葉    メギ科

Sankayou_0961_120605

朝露に濡れて透き通った花びらは
ことに素晴らしいそうだが、それは叶わなかった。
しかし純白のこの花に出会えただけで、
大満足。 

Sankayou_0959_120605

 

Sankayou_1015_120606

とても整った顔立ちの横顔ですね。


天生湿原シリーズはまだまだ続きます 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンレイソウ   (天生湿原)

延齢草    ユリ科

Enreisou_0976_120605

延齢草・・・なにか不老長寿の薬効がありそうな名前だ、
(事実薬効があるそうだが)
しかしその気になって、むやみに食すると激しい嘔吐に
襲われるそうだから、くれぐれもご用心。

しかし一度見たら絶対忘れることの無い、
不思議な姿かたちをしている。

Enreisou_0943_120605

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

リュウキンカ   (天生湿原)

立金花    キンポウゲ科

Ryukinka_0973_120605

天生湿原・・・その名からして何か素晴らしいところを想像させる。 
念願かないやっとその地に足を踏み入れることが出来た。
そこは期待にたがわず、山上の別天地。
6月初めと言うのに沢沿いにはまだ雪が残り、
春の花が咲き乱れていた。

花たちに呼び止められ、そのたびに道草ばかりで
足取りは遅々として進まず、予定していたところまでは、
いつになったらたどり着けるのか。
ついには、タイムアウト!!
後ろ髪を魅かれる思いで、山を下りた。

時間が足りず出会えなかった花、
もう少し綺麗な被写体をと思いつつ、
結局撮らずじまいに終わってしまった花、
満足の一日ではあったが、未練も大きい、
是非いつか、又訪ねてみたい。



Ryukinka_0970_120605

 

Ryukinka_0955_120605

天生湿原シリーズは明日に続く・・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバメオモト   (天生湿原・上高地)

燕万年青    ユリ科

Tubameomoto_1035_120606

 

Tubameomoto_0937_120605

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)