南アルプス

2012年5月30日 (水)

コミヤマカタバミ

小深山酢漿草    カタバミ科

Komiyamakatabami_0825_120523

静まり返った森の中、
苔むした倒木の上、
静かに咲いていたコミヤマカタバミ。 

Komiyamakatabami_0828_120523

 

Komiyamakatabami_0851_120523

 

Komiyamakatabami_0854_120523

花びらのピンクの模様は、濃いものから
薄いものまで、柄もいろいろ個性に富んで
いて面白い。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

ミヤマセントウソウ

深山仙洞草    セリ科

Miyamasentousou_0832_120523

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

南アルプスの花(4)・・・ミヤマスミレ

深山菫    スミレ科

Miyamasumire_0858_120523

ミヤマスミレとしたが、? 付き
標高1400m前後の明るい林縁に咲いていた。
雌蕊の先端(柱頭)の形状を決め手としたが、
花びらが丸みを帯びているのが気になる。
間違っていましたら、ご指摘いただけると幸いです。

Miyamasumire_0853_120523

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

南アルプスの花(3)・・・シナノコザクラ

信濃小桜    サクラソウ科

Sinanokozakura_0823_120523

今回一番の目的にしていた花なのだが、
訪ねるのが少しばかり遅かったようだ。
痛みの少ない花を探しての撮影となった。
盛期にはおそらく花の色も、もう少し
みずみずしいピンクであったろうと思われる。
少々残念ではあるが、それでも十分堪能した。

それにしても養分などほとんど無いと思われる
石灰岩の岩の割れ目に根を下ろし、こんな花を
咲かせる生命力には頭が下がる。
裏返せば、競合相手のほとんどいない、こんな
場所でしか生きられない、か弱い植物なのかも
知れない。
これからもずっと咲き続けて欲しい。

Sinanokozakura_0863_120523

 

Sinanokozakura_0814_120523_2

 

Sinanokozakura_0813_120523

 

Sinanokozakura_0864_120523

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

南アルプスの花(2)・・・チチブシロカネソウ

秩父白金草    キンポウゲ科

Titibusirokanesou_0836_120523

確認できたのはこの一株のみ、
これもちょっと花の盛りを過ぎているようだ。 

Titibusirokanesou_0834_120523

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

南アルプスの花(1)・・・ホテイラン

 

Minamialpus_20120523
南アルプス林道沿いに咲く、シナノコザクラ、ホテイランのことを
知ったのは2年ほど前。是非一度訪ねたいという思いが、やっと
現実のものとなった。この日天気は上々、大変楽しい花の旅となった。

ホテイラン

布袋蘭    ラン科

Hoteiran_0848_120523

今まで画像で見たときには、ちょっとグロテスクな
花かなと思っていたが、実際の花は思っていたより
小さく、艶やかなピンクの色と、羽ばたくような萼片と
側花弁のたたずまいが、なんとも言えず優雅で、
森の貴婦人と言うイメージがふさわしい。
布袋様の腹のようなとは、ちょっとかわいそうである。

 

Hoteiran_0850_120523
この角度から見ると大口開けて、涎掛けを・・・・
(*_x)\バキッ 失礼しました。

Hoteiran_0845_120523

 

Hoteiran_0846_120523_2

 

Hoteiran_0861_120523

 

Hoteiran_0840_120523

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)