春の花

2017年5月29日 (月)

春遅き山・・・1

ここは少し標高が高く、春の訪れも遅いところ。
シダが生い茂り、木の幹は苔むし、岩の上に落ちた種は岩の上では養分が少ないからと、よそへ逃げ出すことも出来ず、岩を抱きかかえるようにそのまま根を張り、古代の森を思わせるような雰囲気。

この森は私のお気に入りの森。
そんな中で、春の草たちが芽吹きの季節を迎えていました。

Watigaisou_2562_20170521ワチガイソウ     輪違草     ナデシコ科

 

Watigaisou_2563_20170521

 

Watigaisou_2564_20170521

 

Watigaisou_2566_20170521

 

Watigaisou_2567_20170521

 

Watigaisou_2596_20170521

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

白糸草

Siraitosou_2480_20170518シライトソウ     白糸草     ユリ科

 

Siraitosou_2483_20170518

 

Siraitosou_2486_20170518

 

Siraitosou_2487_20170518

 

Siraitosou_2493_20170518

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

スイカズラ

和名の由来は花の蜜を吸ったことからだそうです。
甘味の乏しい時代だったことを思わせる名前です。

別名:忍冬。これはよく分かりません、勝手な解釈をすると。
寒い冬を耐え忍んで、やっと花を咲かせるところまできた。
その喜びが満面の笑みに現れているような。
でも中には、「アッッカンベー」と嘲り笑っているような顔も・・・

別名:キンギンカ(金銀花)、開花して時期が経つと白から黄色に変化し、金(黄色)や銀(白)に見えることからだそうですが、咲き始めたばかりのピンクがとても綺麗でした。

でも、普通の花と比べて花びらの付き方がちょっと変わった花です。

Suikazura_2508_20170518スイカズラ     吸葛      スイカズラ科

 

Suikazura_2509_20170518

 

Suikazura_2514_20170518

 

Suikazura_2521_20170518

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

初夏の里山

もう初夏と言っていいのかどうか、ちょっと迷いますが、汗ばむ陽気の中の里山巡り。

Ookamenoki_2462_20170518オオカメノキ    大亀の木     スイカズラ科

 

Toukaitanpopo_watage_2456_20170518トウカイタンポポ    東海蒲公英    キク科

 

Kitunenobotan_2466_20170518キツネノボタン    狐野牡丹    キンポウゲ科

 

Kazaguruma_2469_20170518カザグルマ     風車     キンポウゲ科

 

Sokusinran_2506_20170518ソクシンラン    束芯蘭    ユリ科

 

Sirutumekusa_2448_20170518シロツメクサ    白詰草    マメ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

風車

国の絶滅危惧種に指定されている。
そんなことが頭にあった為かもしれないが、今まで1シーズンに1度見るのがやっと、それもほとんど一輪のみ、という花であったが、今年はあっちにもこっちにもカザグルマが咲いていた。
植生回復性作業の成果もあり、昨年から随分数が増えているとのことで、回復作業に携わったものの一人として、嬉しい限りでした。
惜しむらくは、訪れる時期が少し遅れてしまい、傷んだ花が多かった。(5/15訪問)

Kazaguruma_2428_20170515カザグルマ     風車     キンポウゲ科

 

Kazaguruma_2430_20170515

 

Kazaguruma_2436_20170515

 

Kazaguruma_2442_20170515

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

夕化粧

葦毛湿原の駐車場の脇に咲いていたユウゲショウ。
駐車場に着いたときに、おやこんなところにと思っていたのですが、そのまま足は湿原へ。
帰り際、陽も西に傾き、夕化粧にぴったりの雰囲気とシャッターを押したものです。

Yuugeshou_2444_20170515ユウゲショウ     夕化粧     アカバナ科

 

Yuugeshou_2445_20170515

 

Yuugeshou_2446_20170515

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

庭石菖

アメリカフウロと同じ草むらに咲いていました。
しかし、アメリカフウロとニワゼキショウは、それぞれ生きる場所を分け合っているのか、それともちょっとした微妙な条件の違いで、生きる場所を選んでいるのか、それぞれが固まって咲いていて、混じり合うということがないようでした。

Niwasekishou_2411_20170514ニワゼキショウ     庭石菖     アヤメ科

 

Niwasekishou_2413_20170514

 

Niwasekishou_2414_20170514

 

Niwasekishou_2420_20170514

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

亜米利加風露

多分ヒメコバンソウ(あるいはコバンソウ)やスズメノテッポウなどが咲く草むらに、それらと仲良くアメリカフウロが咲いていました。
仲よくと書いたのは、人間の勝手な解釈で、本当は陣取り争いに必死なのかもしれませんが。

Amerikahuuro_2401_20170514アメリカフウロ     亜米利加風露     フウロソウ科

 

Amerikahuuro_2400_20170514

 

Amerikahuuro_2403_20170514

 

Amerikahuuro_2406_20170514

 

Amerikahuuro_2409_20170514

 

Amerikahuuro_2410_20170514

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

紫陽花

アジサイも咲き始めていました。
アジサイというと、雨が良く似合う。
この花が咲き始めると、長雨の季節も間近、季節の移ろいは本当に早いですね。

Ajisai_2377_20170514アジサイ     紫陽花     アジサイ科

 

Ajisai_2388_20170514

 

Ajisai_2396_20170514

 

Okatatunamisou_2386_20170514オカタツナミソウ     丘立浪草     シソ科

 

Okatatunamisou_2424_20170515タツナミソウ    立浪草      シソ科

これは別の場所のものです。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

ユキノシタ

ユキノシタが咲き始めていました。
まだ蕾の株が多かったけれど、花が開いているものも少しありました。
それだけにとても咲始めの新鮮な感じが強かったです。

Yukinosita_2355_20170514ユキノシタ     雪の下     ユキノシタ科

どうだ文句あっか

Yukinosita_2358_20170514

いえ、どうもすいません

Yukinosita_2360_20170514

おら、しらね・・・勝手にやっておくれ
とは、言っていないでしょうね。

Yukinosita_2362_20170514

 

Yukinosita_2363_20170514

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧