花名 た行

2017年3月22日 (水)

タチツボスミレ

菫が咲き出しました。
多分タチツボスミレだと思うのですが、確証なしです。

Tatitubo_sumire_1262_20170319タチツボスミレ     立坪菫      スミレ科

 

Tatitubo_sumire_1264_20170319

 

Tatitubo_sumire_1267_20170319

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

秋晴れの楽園・・・2

ツリガネニンジン     釣鐘人参     キキョウ科

Turiganeninjin_349_20161030

落ち行く秋の夕日に映えるツリガネニンジン。
どこからか鐘の音が聴こえてきそうな・・・
この場合はゴ~ンではないな、花から受ける印象は「チリン、チリン・・・」か? どうもこれも違うな。

ツリガネニンジンに似合う鐘の音は・・・皆さんならどんな風に感じます?

Turiganeninjin_314_20161030

 

Turiganeninjin_320_20161030

 

Turiganeninjin_325_20161030

 

Turiganeninjin_329_20161030

ムラサキセンブリ     紫千振     リンドウ科

Murasakisenburi_305_20161030

ムラサキセンブリが沢山の花を付けだしていました。

Murasakisenburi_308_20161030

・・・つづく

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

ヤマハッカ

ヤマハッカ(白花)     山薄荷     シソ科

Yamahakka_241c_20161022

白花のヤマハッカがありました。
濃い紫のもの、薄紫のもの、白に近いものが一株に混在しているものもありました。
これも蛇紋岩地帯の貧栄養が影響しているのか?

ツリガネニンジン     釣鐘人参     キキョウ科

Turiganeninjin_257c_20161022

前日には、一番上部の花が二つ並んで咲いていたのに、一日後には既に一つはしぼんでしまっていました。
花の命は短くて・・・という言葉を実感しました。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

ダイモンジソウ-2

ダイモンジソウ     大文字草     ユキノシタ科

Daimonjisou_0093_20161013

 

Daimonjisou_0105_20161013

大文字草の生えている場所は、こんなところ。
少し増水すれば、濁流に洗われて完全に水中に没してしまうだろう。
こんな厳しい場所でも生きている、逞しい植物と見るか、
それとも、他の植物では生きていけないだろうから、あえて他の植物のいない場所を選ばざるを得ない、生存競争には弱い生き物と見るか・・・

型に嵌め、同じような人間ばかり作ろうとしている今の教育。
そして自分と考えや生き方の違う人間を排除してしまおうとする、風潮が強まっている今の社会、大文字草を見ながら、ついついそんなことを考えてしまうのでした。


今はもう人が住まなくなってしまった無人の集落を流れるこの川。
自らの意志ではなく、やむを得ず長年住み慣れた土地を去り、住むことを許されなくなってしまった人々の胸中はいかばかりかと思ってしまう。

其の恩恵を少しでも受けるのは川の下流部に住む私たち、地元の人々はダムが出来ても生活には何の変化もないだろうに。
しかしそんなことには、まるで関係無いはとばかりに、変わらず流れ続ける水の流れ。
やがてこの場所も、道路が無くなってしまい、近寄る事が出来なくなってしまうだろう。

この場所のほんの2Kmほど下流は、自分が子供の頃毎年夏になると川遊びをしたところ・・・
そんなことがあるから人一倍この場所が気になるのだろう。

Daimonjisou_0107_20161013

 

Daimonjisou_0071_20161013

 

Daimonjisou_0113_20161013

 

Daimonjisou_0117_20161013

 

Daimonjisou_0121_20161013

 

Daimonjisou_0123_20161013

 

Daimonjisou_0127_20161013

 

Daimonjisou_0132_20161013

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

ダイモンジソウ-1

ダイモンジソウ     大文字草     ユキノシタ科

Daimonjisou_0080_20161013

川岸の岩の上には、白い”大”の字がいたるところに見られました。
川岸の木々もわずかに色づいて、いよいよ今年も野草のシーズンの終わりを感じます。

Daimonjisou_0081_20161013

 

Daimonjisou_0086_20161013

 

Daimonjisou_0089_20161013

 

Daimonjisou_0091_20161013

 

Daimonjisou_0096_20161013

 

Daimonjisou_0099_20161013

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

ツルニンジン

ツルニンジン     蔓人参     キキョウ科

Turuninjin_0068_20161006

ツルニンジンはどんな具合かなと、昨年訪れたところを覗いてみた。
探し探してやっと見つけたのが、すでに萎みかかった一つの花。
ちょっと訪れるのが遅かったか、と思って回りを見渡すが実は一つもない、しかし蕾もない・・・
ここのツルニンジンはどうなってしまったのかと、思いつつ先ずは腹ごしらえ。

仕方がないのでさっきの萎みかかったものでも撮っていこうかと、戻ると、さっきは全く気が付かなかったが、萎みかかった花のすぐ隣に、素晴らしいツルニンジンが・・・
気分を変えるというか、目が慣れるというか、一渡り見たはずのものでも見逃しているものが多いことに、今更ながら気づかされた次第です。
こんな綺麗なものに全く気が付かなかったとは。

その目でもう一度見直してみると、あちこちに蕾が見つかり、やっぱりこれからなんだと安心しました。

Turuninjin_0063_20161006

 

Turuninjin_0062_20161006

 

Turuninjin_0057_20161006

 

Turuninjin_0053_20161006

 

Turuninjin_0049_20161006

 

Turuninjin_0045_20161006

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

ツユクサ

ツユクサ     露草     ツユクサ科

Tuyukusa_9822_20160907

もうお昼を回っているというのに、ここのツユクサは、朝露が乾ききっていないかのように、とても瑞々しく咲いていました。
触れたら、その青さに指が染まりそうに・・・

Tuyukusa_9823_20160907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

線香花火のような

ツルボ     蔓穂     ユリ科

Turubo_9783_20160825

小さな線香花火が、草むらのあちこちに光っていました。

Turubo_9782_20160825

 

Turubo_9780_20160825

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

見上げれば

Totinoki_9682_20160816

ナツエビネが咲いている傍らには、トチの古木が葉を広げていました。
まるでナツエビネを優しく見守っているかのように・・・
見上げれば、夏の日に透ける緑がまぶしいほどでした。

Totinoki_9681_20160816

 

Totinoki_9683_20160816

 

Totinoki_9685_20160816

 

Totinoki_9686_20160816

 

Totinoki_9688_20160816

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

アメリカフウロとタツナミソウ

アメリカフウロ     亜米利加風露     フウロソウ科

Amerikahuuro_9327_20160507

タツナミソウ     立浪草     シソ科

Tatunamisou_9328_20160507

 

Tatunamisou_9333_20160507





| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧