花名 た行

2018年5月 5日 (土)

丹沢か大葉か?

タンザワかオオバか長い間迷っていました、違いがどうしてもよく分かりません。
なので、これはとりあえずタンザワウマノスズクサとしておきます。
(違っている可能性大です)

しかし花らしくない花ですね、花粉はどんな昆虫が媒介するのでしょうか?

Tanzawa_umanosuzukusa_5327_20180430タンザワウマノスズクサ     丹沢馬の鈴草     ウマノスズクサ科 

 

Tanzawa_umanosuzukusa_5319_20180430

 

Tanzawa_umanosuzukusa_5320_20180430

 

Tanzawa_umanosuzukusa_5325_20180430

 

Tanzawa_umanosuzukusa_5323_20180430

 

Tanzawa_umanosuzukusa_5324_20180430

 

Tanzawa_umanosuzukusa_5322_20180430

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

種漬花

田起こしも済んで、田は水を張る準備ができているようです。
タネツケバナというのは、もう少し湿り気のある場所を好んで生育するとばかりに思っていましたが、この場所は、植林された杉林の林縁近くの日当たりの良い草むら。
でもよく地形を観察すると、尾根筋と尾根筋に挟まれた谷筋のようなところ、やはり水は低きに流れるということで、湿り気のある所なんだろうな。

Tanetukebana_5150_20130420タネツケバナ     種漬花     アブラナ科

 

Tanetukebana_5156_20130420

 

Tanetukebana_5151_20130420

 

Tanetukebana_5152_20130420

 

Tanetukebana_5154_20130420

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

ちょっと気になった赤

ツルアリドオシの実だと思うのですが、間違っているかもしれません。
地面を横に這って・・・と説明があるのですが、場所が場所だけに垂れ下がるより仕方なかったんでしょうね。枯草や緑の中にあって「赤い実」にひときわ目を引き付けられました。

Turuaridoosi_4630_20180121

ツルアリドオシ     蔓蟻通し     アカネ科

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

釣鐘人参

ツリガネニンジンが夕日を浴びて、綺麗に輝いていた。
・・・鐘の音は聞こえなかったけど

Turiganeninjin_4161_20171102ツリガネニンジン     釣鐘人参     キキョウ科

 

Turiganeninjin_4169_20171102

 

Turiganeninjin_4177_20171102

 

Turiganeninjin_4183_20171102

 

Turiganeninjin_4184_20171102

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

大文字草

訪れるのが少し遅かったようです、萎れた花が多くその中でも何とか見られるような花を探して・・・
しかし、先日の台風の大雨では完全に水没してしまっていただろうに、何食わぬ顔で平気で咲いている、命のたくましさに改めて感心しました。

Daimonjisou_4044_20171024ダイモンジソウ     大文字草     ユキノシタ科

 

Daimonjisou_4048_20171024

 

Daimonjisou_4049_20171024

 

Daimonjisou_4051_20171024

 

Daimonjisou_4052_20171024

 

Daimonjisou_4054_20171024

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

蔓人参

Turuninjin_4000_20171012ツルニンジン     蔓人参     キキョウ科

ツルニンジンの花が見頃を迎えていました。

Turuninjin_3988_20171012

 

Turuninjin_3994_20171012

 

Turuninjin_3997_20171012

 

Turuninjin_4005_20171012

 

Turuninjin_4006_20171012

 

Turuninjin_4013_20171012

 

Turuninjin_4016_20171012

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

思わぬところで・・・

今シーズンは、カキランをまともに見ることは出来なかったなと諦めていたのだが、思わぬところで出会う事が出来ました。
ここは標高が高いだけに、低地とは季節がやや違うようです。

Kakiran_3283_20170720カキラン     柿蘭     ラン科

 

Kakiran_3298_20170720

 

Tidakesasi_3294_20170720チダケサシ     乳茸刺      ユキノシタ科

チダケサシだと思うのですが、自信がありません。
トリアシショウマ、アカショウマ、ハナチダケサシと似たような花がいくつかあるようで。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

土木通

土アケビが一株だけ咲いていました。
これも葉緑素を持たない腐生植物。
腐生植物というのは、温度が上がらないと活動も上がらないのかなぁ。

Tutiakebi_3270_20170720ツチアケビ     土木通     ラン科

 

Nejibana_3279_20170720ネジバナ     捩花  螺子花     ラン科

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

小蕙蘭と谷桔梗

Kokeiran_2719_20170531コケイラン     小蕙蘭     ラン科

 

Kokeiran_2721_20170531

 

Tanigikyou_2705_20170531タニギキョウ     谷桔梗     キキョウ科

 

Tanigikyou_2639_20170531

 

Tanigikyou_2651_20170531

これもタニギキョウだと思うのですが、花弁の紫の筋が他のものに比べてとても強く出ていました。
一瞬別の花かと思ってよく見たのですが、やっぱりタニギキョウのようでした。
1点気になるところが、タニギキョウは葉が互生するとあるけれども、その点がちょっと引っかかるところです。

Tanigikyou_2650_20170531

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

春遅き山・・・2

ここは少し標高が高く、春の訪れも遅いところ。
シダが生い茂り、木の幹は苔むし、古代の森を思わせるような雰囲気。
この森は私のお気に入りの森。
そんな中で、春の草たちが芽吹きの季節を迎えていました。

Tukubanesou_2608_20170521ツクバネソウ     衝羽根草     ユリ科

 

Tukubanesou_2602_20170521

 

Tatikamebasou_2581_20170521_2タチカメバソウ     立亀葉草     ムラサキ科

 

Tatikamebasou_2582_20170521

 

Tatikamebasou_2597_20170521

 

Tatikamebasou_2598_20170521

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧