« 2018年5月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月26日 (水)

秋を訪ねて・・・Ⅱ

Img_5588キキョウ     桔梗     キキョウ科


Img_5593オミナエシ     女郎花     スイカズラ科


Img_5595


Img_5599


Img_5602ワレモコウ     吾木香     バラ科


Img_5605アキカラマツ     秋唐松     キンポウゲ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

秋を訪ねて・・・Ⅰ

どうも今シーズンは開花の予想が付きにくく、困っています。
やっとコスモスも咲き始めたようです、まだ満開の状態には程遠い様子ですが、秋の雰囲気を堪能して来ました。

Img_5586_2コスモス     秋桜     キク科


Img_5567_3

Img_5574_2

Img_5578_2

Img_5580_2

Img_5583_2

Img_5584_2

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

ちょっと早すぎた・・・

Img_5565ヤマジノホトトギス    山路の杜鵑草    ユリ科

 

目的の花は別にあったのだけど、咲いていたのはこれだけ・・・
ちょっと早すぎたようでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

屁臭蔓

Img_5541ツリガネニンジン  釣鐘人参  キキョウ科

Img_5536ヘクソカズラ  屁臭蔓  アカネ科

何て可哀そうな名前を付けられて、と、その代表にもよく上げられるこの花。
でも、草花の名前なんてものは所詮、人間がその区別のために付けたもの、当の草花にしてみればそんな事はどうでも良いこと、自分は自分、人間たちがどんな名前を付けようが、そんなことは知っちゃあいないと、言うだろうね。

Img_5538


Img_5540

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

風に悩まされて・・・

Img_5526アレチハナガサ  荒地花笠    クマツヅラ科


Img_5528
ヤナギハナガサとアレチハナガサの違いがよく分からないのですが。
細くて長い茎に咲く花、まるで風との忍耐比べのような、有様でした。

Img_5532センニンソウ  仙人草  キンポウゲ科


Img_5533マメアサガオ  豆朝顔  ヒルガオ科


Img_5522ミヤギノハギ  宮城野萩    マメ科

※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

草原の星

シラタマホシクサが草原(くさはら)を白く染めて咲き始めていました。

Img_5554シラタマホシクサ  白玉星草  ホシクサ科


Img_5545


Img_5547


Img_5550


Img_5551


Img_5552

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

季節は秋

久しぶりに野を歩いてみると、すっかり季節は秋ですね。
豪雨、台風、地震といろいろなことが有った夏ですが、地球はそんなことにはお構いなし・・・

Img_5497


Img_5502 ナンバンギセル   南蛮煙管、思草   ハマウツボ科

思草という方が、その姿をよく言い当てているように思いますね。

Img_5506ツユクサ   露草   ツユクサ科


Img_5510センニンソウ   仙人草   キンポウゲ科

Img_5519

さすがに、少々お疲れのようです

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

長いご無沙汰でした

長いこと更新できずにいましたが、やっと更新させていたく事が出来ました。
その間にご訪問していただいた方には、ご迷惑をおかけしましたこと、あらためて御礼とお詫び申し上げます。

今年の夏はとても思い出に残る夏になりました。

長年連れ添ってきた家内が、他界してしまい、とてもとても長い夏となりました。
「命」というものについて考えることの多かった夏でした。
「命」それが「人の命」であること、さらに身近な人の「命」であるだけに、いろいろ考えることの多かった夏となりました。


まだまだ、踏ん切りをつけるという処までは行きつく事ができずにいますが、ようやく何ヵ月ぶりかに自然の中に身を置くところまで来ました。
Img_5507
でも、そう簡単にはいかないもの・・・自然の中に身を置いても、思い出すのは家内の事ばかり。

「後悔先に立たず」という言葉を、いやというほど味あわされた夏でもありました。
あれもしてやれば良かった、これもしてやれば良かった、ということばかりで、とても苦しい夏でもありました

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年10月 »