« 風車 | トップページ | 林道沿いで出会った花・・・Ⅱ »

2018年5月12日 (土)

林道沿いで出会った花・・・Ⅰ

Umanoasigata_5379_20180505ウマノアシガタ     馬の脚形     キンポウゲ科

 

Umanoasigata_5382_20180505

 

Tatunamisou_5385_20180505タツナミソウ     立浪草     シソ科

タツナミソウと、先日掲載したオカタツナミソウでは、花の付き方の違いがよく分かると思います。

Kinran_5388_20180505キンラン     金蘭     ラン科

この日唯一出会えたキンラン。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 風車 | トップページ | 林道沿いで出会った花・・・Ⅱ »

春の花」カテゴリの記事

コメント

イナさん、こんにちは、ウマノアシガタこの時期見かけるごと
いつもながらテカリが気になります。
ただ見ているだけで観ていませんので何故、てかって見えるのかよくわかりません
次回、見たとき観察します。

投稿: tenkei | 2018年5月12日 (土) 17時50分

tenkeiさん、こんばんは。
このテカリは何のためなんでしょう。何か訳があって
こういう姿になっているんでしょうが・・・
素人の推測として、花粉を媒介する昆虫たちに、より目立たせる
事が考えられますが、本当は何のためでしょう。

投稿: イナ | 2018年5月12日 (土) 20時17分

多分虫を呼ぶためでしょうね。
虫の目は紫外線が見えるらしく、黄色は紫外線を良く反射するようで。
しかし、何故虫が紫外線が見えると分かり、黄色の花を咲かせる事ができるのか?(^_^;)

投稿: 季楽 | 2018年5月13日 (日) 00時02分

季楽さん、こんにちは。
紫外線かぁ、人間には見えなくても、昆虫には
見えるのか。生物には不思議が一杯ありますね、
人間の目で何もかも見ようとするのは間違いかもしれません。

投稿: イナ | 2018年5月13日 (日) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/73435476

この記事へのトラックバック一覧です: 林道沿いで出会った花・・・Ⅰ:

« 風車 | トップページ | 林道沿いで出会った花・・・Ⅱ »