« 林道沿いで出会った花・・・Ⅰ | トップページ | 山芍薬他 »

2018年5月13日 (日)

林道沿いで出会った花・・・Ⅱ

Yomena_5391_20180505ミヤマヨメナ     深山嫁菜     キク科

またまた、悩む花に出会ってしまいました。
陽があまり差し込まない、登山道に咲いていた白い花、遠目にぱっと見たときにキクザキイチゲが今頃??と思ったのですが。
近寄ってよくよく見ると、どうも違うよう。
いろいろ調べて葉の形を頼りに落ち着いた先が「ヨメナ」ではないかと思うのですが、花期がどうも違う(ヨメナだとすると7月からとなっていて、悩むところ)。
その他にも、ゴマナ、ノコンギク、シロヨメナなど候補は沢山あったけれど、どれも花の時期が8月から秋にかけて咲くようで、どうも腑に落ちない。

あれも違うこれも違うと調べているうちに、「ミヤマヨメナ」というものにぶつかりました。
花期も葉の様子もその他の特徴も符合するようです。

Siraitosou_5415_20180505シライトソウ     白糸草     ユリ科

 

Siraitosou_5416_20180505

↑シライトソウ↓については林道とは別の場所で撮影。撮影日は同じ日です。

Nyoisumire_5418_20180505

アギスミレかニョイスミレか、どうも迷ってしまいます。
葉の形を頼りに、これはニョイスミレとしたのですが、アギスミレかもしれません。

アギスミレかニョイスミレか、本当に分かりません。
アギスミレそのものがニョイスミレの変種という位置づけだそうだから、素人には当然のことか、と、無理やり自分を納得させるのでした。
でもスミレに聞いたら「そんなこたぁ、どうでもよいこと、私は私」というだろうな。

Nyoisumire_5419_20180505

 

Nyoisumire_5422_20180505

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 林道沿いで出会った花・・・Ⅰ | トップページ | 山芍薬他 »

春の花」カテゴリの記事

コメント

イナさん、こんばんは、ミヤマヨメナについてイナさんだけではありません。
大抵の方は悩むのではないでしょうか
それにもましてチャレンジ精神が素晴らしいです。

投稿: tenkei | 2018年5月13日 (日) 19時16分

tenkeiさん、こんばんは。
ミヤマヨメナという名前も初めて知りましたので、
悩んで当たり前ですね。いい頭の体操でした。

投稿: イナ | 2018年5月13日 (日) 20時24分

ヨメナ、コンギク系も難しいですね。
スミレより種類の多いキク科の植物、端から匙とタオルを投げてます。(^_^;)

アギとニョイ、これも解り難い。
葉の形が、顕著なブーメランになっていればなんとかですけど。

投稿: 季楽 | 2018年5月13日 (日) 23時43分

季楽さん、こんにちは。
「ノギクはノギク」になりそうです。
誰か助けてくれる人いませんかって、言いたくなります。

投稿: イナ | 2018年5月14日 (月) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/73435536

この記事へのトラックバック一覧です: 林道沿いで出会った花・・・Ⅱ:

« 林道沿いで出会った花・・・Ⅰ | トップページ | 山芍薬他 »