« 山里にも春が来た | トップページ | 種漬花 »

2018年4月23日 (月)

山里に咲く菫

Nagabanosumiresaisin_5147_20130420(シロバナ)ナガバノスミレサイシン     (白花)長葉の菫細辛     スミレ科

 

Nagabanosumiresaisin_5149_20130420

 

Tatirubosumire_5189_20130420タチツボスミレ     立坪菫     スミレ科

 

Tatirubosumire_5190_20130420

立坪菫だと思うのですが、もし間違っていましたらご指摘ください。
柱頭がどんな風になっているのかと拡大して見てみたら、なにやらオレンジ色で先がとがっているものが・・・よくよく見たら柱頭はその先でした。
こんなことをしているうちに、スミレの雄蕊というのはどこに有って、どんな形になっているのだろうということが気になって・・・スミレの花というのはよく見ても、雄蕊についてはあまり考えたことがなかった。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 山里にも春が来た | トップページ | 種漬花 »

春の花」カテゴリの記事

コメント

スミレサイシン、これまた見た事が有りません。
と言うか見ていたとしても、それとは解らないです。(^_^;)

最後の花の拡大、柱頭の先端に何か付いてるのでしょうか?
タチツボスミレの柱頭は棒状だと思いますが・・・。
柱頭の形が色々有り、似たようなスミレでも柱頭の形で名前が変ったりします。
柱頭一つとっても、スミレは難しいですね。(>_<)

投稿: 季楽 | 2018年4月23日 (月) 18時22分

季楽さん、こんばんは。
「スミレはスミレ」に戻りたいところを、何とか我慢しております。
またまた難しいことをおっしゃる方ですね。
柱頭にピントを合わせればよかったのですが、後の祭り・・・
原画を拡大して見たのですが、よく分かりません(泣き)

投稿: イナ | 2018年4月23日 (月) 19時36分

イナさん、こんばんは、スミレの名前は難しいです。
花の色および形と葉の形の違いで自信がないためそれ以上に突っ込まなく
過ごしてきました。私の場合まだまだ続きそうです。

投稿: tenkei | 2018年4月23日 (月) 20時58分

良く見たら、柱頭は棒状ですね。
花弁の白に、柱頭の白が融け込んでいました。(^_^;)

投稿: 季楽 | 2018年4月23日 (月) 23時57分

tenkeiさん、おはようございます。
おやおや、こちらにも「スミレはスミレ」のお仲間が
お一人いらっしゃったようで、心強いですね。
(何が心強いなんじゃ (*_x)\バキッ)
でも、分からないことがあるというのは、楽しみも
それだけ多いと、良い方に解釈しましょう。(独りよがりかな)

投稿: イナ | 2018年4月24日 (火) 11時10分

季楽さん、おはようございます。
代わりに調べてくれたんですね、ありがとうございます。
それではこれはタチツボということにしておきましょう。
調べると調べるほどわからなくなる花・・・スミレ
頭の体操のようですね。

投稿: イナ | 2018年4月24日 (火) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/73345572

この記事へのトラックバック一覧です: 山里に咲く菫:

« 山里にも春が来た | トップページ | 種漬花 »