« 木通 | トップページ | 猫の目草の咲く沢  Ⅰ »

2018年3月31日 (土)

馬酔木

Asebi_4981_20180324アセビ     馬酔木     ツツジ科

鈴なりの白い花、とっても目を引きます。

Kaede_4937_20180324カエデ新芽

春の日を受けてカエデの新芽?(蕚? 苞? 正式にはなんていうの? 誰か教えて~)が赤くきれいでした。(そもそも単に「カエデ」と言うのは無さそうですね)

|

« 木通 | トップページ | 猫の目草の咲く沢  Ⅰ »

春の花」カテゴリの記事

花名 あ行」カテゴリの記事

花名 か行」カテゴリの記事

コメント

イナさん、こんにちは、早春の山登り、まだ山では花がないときに
早くから咲きだすイメージがあります。
花つきがよく、ちっちゃくて可愛いですね。

投稿: tenkei | 2018年3月31日 (土) 16時58分

tenkeiさん、こんばんは。
アセビの花に、春を感じ取っていただけましたか?
アセビの実って、どんなんでしたっけ?
こんなにたくさんの花に、実が付くとしたらどんな風になるのでしょう?

投稿: イナ | 2018年3月31日 (土) 18時29分

イナさん、こんばんは、アセビの実って言われてみると自信がありませんが
確か細かな粒々がぎっしり付いていたと思います。
、、余談ですが、先日、自然観察の指導員の方がたまたまアセビの花の蜜は甘いから
舐めてみながら、以前メジロがつついていたことを教えてくださりましが個人的には
あくまで有毒植物のため見る程度です。

投稿: tenkei | 2018年3月31日 (土) 21時31分

「〇〇は〇〇」はモミジだったのでしょうか?
モミジやカエデと名の付く木は沢山有るようですね。
黄緑色の透けているのは葉だと思います。
雌雄同株で、赤く見えるのは萼片(約5mm)。
萼片の中に淡黄色~白の花弁(約3mm)が有り、雄蕊8本が突き出ています。

投稿: 季楽 | 2018年3月31日 (土) 23時53分

これはカエデの新芽だったのですか。
私も赤岩でこの木を撮ってはみたのですが、何の木か解らずにいました。
春らしい雰囲気が出ますね。

投稿: motoji | 2018年4月 1日 (日) 07時58分

tenkeiさん、おはようございます。
アセビ・・馬酔木というのはやはり有毒だったからなんですね。
馬も酔っぱらうような感じになるのだから、人間などイチコロかも?
これだけの花の蜜、集めればずいぶんな量になるのでしょうね。
実の方はこれから注意して見てみます。

投稿: イナ | 2018年4月 1日 (日) 10時19分

季楽さん、おはようございます。
○○は○○モミジも強敵、さらに上をいくものが・・・だから
人生楽しい・・・強がりを言ってます。
赤いのは「蕚」なんですね、ずいぶん悩みましたが
すっきりしました。ありがとうございます。

投稿: イナ | 2018年4月 1日 (日) 10時24分

motojiさん、おはようございます。
何々カエデと同定できないところはつらいですが、
カエデの1種には間違いないと思います。
赤い蕚が、陽に透けてとてもきれいでした。

投稿: イナ | 2018年4月 1日 (日) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/73180089

この記事へのトラックバック一覧です: 馬酔木:

« 木通 | トップページ | 猫の目草の咲く沢  Ⅰ »