« 霜 | トップページ | 星の瞬き »

2018年1月17日 (水)

紅と白

Sennryou_4615_20180114マンリョウ     万両     サクラソウ科

 

Izusennryou_4606_20180114イズセンリョウ      伊豆千両     サクラソウ科

 

Izusennryou_4611_20180114

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 霜 | トップページ | 星の瞬き »

その他」カテゴリの記事

コメント

マンリョウとイズセンリョウ、冬の実の代表ですね。
センリョウは多いですが、マンリョウは少ない気がします。
イズセンリョウは、有る所にはかたまって有ります。
まだ実を撮るしかない季節、花が見られるまでもう少しの辛抱ですね。

投稿: 季楽 | 2018年1月17日 (水) 18時16分

イナさん、こんばんは、イズセンリョウまだ見たことがありません
寒い冬、赤い方が暖かい感じがして好きです
それにしてもサクラソウ科とは意外な感じがしましたが
また一つ勉強になりました、ありがとうございます

投稿: tenkei | 2018年1月17日 (水) 19時46分

tenkeiさん、こんにちは。
イズセンリョウは伊豆半島に多いようですから、豊橋も
東の方だから見られるのかもしれませんね。詳しい
事は分かりませんがこの辺りが分布の境になっているのかも?
マンリョウもイズセンリョウも以前はヤブコウジ科に分類されて
いたようですがサクラソウ科にまとめられたようです。
でもサクラソウ科というと、まず思い浮かぶのがサクラソウ、
全く違いますよね。

投稿: イナ | 2018年1月18日 (木) 14時10分

季楽さん、こんにちは。
確かにセンリョウと比べると、マンリョウの方が見る機会が少ないようです。
(やっぱり千両より万両の方が欲深い人間にはありがたいんでしょう・・・(^^ゞ)
花も実も有る・・・今しか見られないものを楽しみましょう。

投稿: イナ | 2018年1月18日 (木) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/72689165

この記事へのトラックバック一覧です: 紅と白:

« 霜 | トップページ | 星の瞬き »