« ヒヨドリバナ | トップページ | 写真クラブ撮影勉強会 »

2017年10月 1日 (日)

秋の花たち

Nisikisou_3801_20170926ニシキソウ     錦草     トウダイグサ科

 

Karasunogoma_3803_20170926カラスノゴマ     烏の胡麻     シナノキ科

 

Karasunogoma_3800_20170926

 

Turuninjin_3809_20170926ツルニンジン     蔓人参     キキョウ科

 

Turuninjin_3810_20170926

 

Yamahakka_3816_20170926ヤマハッカ     山薄荷     シソ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« ヒヨドリバナ | トップページ | 写真クラブ撮影勉強会 »

秋の花」カテゴリの記事

コメント

ニシキソウ、在来種だったのですね。
オオニシキソウだとばかり思って、無視してました。(^_^;)

投稿: 季楽 | 2017年10月 1日 (日) 09時14分

イナさん、こんにちは、ツルニンジン可愛いですね
釣鐘の中、淡い透過光で撮影見事です。

投稿: tenkei | 2017年10月 1日 (日) 14時01分

季楽さん、こんにちは。
ニシキソウか、オオニシキソウか、今までニシキソウと
思い込んでしまっていたのですが、言われてみると、
自信が無くなって、調べなおしてみたのですが、
どうも決め手がありません。
草丈からすると、オオニシキソウの可能性が強いかなと
思うのですが、よく分かりません。
季楽さんは、ナショナリスト? 最近総選挙の記事の中でも
ナショナリスト、ポピュリスト、グローバリストなどという文言
によく出会います。私は、人種、国籍、などにできるだけとらわれず
同じ生き物として、良いものは良い、悪いものは悪い、で、
行きたいと思っています。

投稿: イナ | 2017年10月 1日 (日) 15時03分

tenkei さん、こんにちは。
まだまだ蕾のものの方が多いようですから、
10月半ばころには、あちこちで見られると思います。
蕾の状態のものは、かなりの数でした。
10月15日にはここ(と言っても山の上になりますが
、特別に林道を開放してくれるようです)で自然観察会
が催されるそうです。午前のみだそうですので、午後は
ツルニンジンが見られると思いますよ。

投稿: イナ | 2017年10月 1日 (日) 15時11分

ナショナリストかも知れません。
人は別として、遠くへ移動手段の無い植物は在来種に拘っています。
外来種に押され、在来種が減少するのは残念な事ですから。
それと、綺麗だからと外来種を無暗に入れる事も残念です。
今や巷は外来種だらけ、在来種を知らない世代に変りつつ有ります。
もう今の若い人以下は在来種を殆ど知らないでしょう。(興味もないでしょうけど)
愛知県のRDBを見ると、数えきれないほど絶滅の危機に瀕しています。
外来種のせいばかりでは有りませんけどね。

投稿: 季楽 | 2017年10月 1日 (日) 22時28分

季楽さん、こんばんは。
本当に、綺麗だからと外国のものを入れて
飽きたら、ポイは困りますね、というより
適応できるかどうかわからない、見知らぬ土地
で生きなければならない植物たちがかわいそうです。

投稿: イナ | 2017年10月 2日 (月) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/71831374

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の花たち:

« ヒヨドリバナ | トップページ | 写真クラブ撮影勉強会 »