« 鷺が舞いだしました | トップページ | 岩煙草 »

2017年8月 9日 (水)

とある渓流沿いで

奥三河のとある渓流沿い(沢沿いと言った方が合っているかも?)、苔むした岩、湿り気を帯びた空気、誰もいない静寂の中、耳に聞こえるのは流れる水の音だけ・・・
心安らぐひと時でした。

Ookitunenokamisori_3486_20170806オオキツネノカミソリ    大狐の剃刀     ユリ科

 

Ookitunenokamisori_3481_20170806

 

Totibaninjin_3459_20170806トチバニンジン(実)     栃葉仁参     ウコギ科

 

Totinoki_3476_20170806トチノキ     栃の木     ムクロジ科

「栃餅」というのがあるが、栃ノ木の実が旨いのは人間だけではないようで(本当は人間だって、旨いから食べるようになったのだろうけど・・・これは食料となると分かるまでには、いろいろな工夫があったことと思います)
野生動物に食べられず残った実が、樹の根元には沢山落ちていた。
ただし、去年の実だろうとは思うけど・・・・
だから齧ってみたいけど止めといた。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 鷺が舞いだしました | トップページ | 岩煙草 »

夏の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/71355303

この記事へのトラックバック一覧です: とある渓流沿いで:

« 鷺が舞いだしました | トップページ | 岩煙草 »