« 蓮華升麻 | トップページ | こんなもの見た事ない »

2017年8月20日 (日)

みずひき

Kinmizuhiki_3490_20170817キンミズヒキ     金水引     バラ科

 

Kinmizuhiki_3491_20170817キンミズヒキ     金水引     バラ科(黄色の花)
ミズヒキ      水引       タデ科(赤と白の花)

 

Kinmizuhiki_3495_20170817

 

Nobuki_3501_20170817ノブキ     野蕗     キク科

 

Kitunenobotan_3500_20170817キツネノボタン     狐野牡丹     キンポウゲ科

※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 蓮華升麻 | トップページ | こんなもの見た事ない »

夏の花」カテゴリの記事

コメント

キンミズヒキが咲いてましたか、背景にはミズヒキも。
いよいよ秋の花になって来ましたかね。
6、7月と、雨が少なかったですが、ここに来てかなり局所的ですが時々降るように。
水を得た魚ならぬ、水を得た花なのかも。

投稿: 季楽 | 2017年8月20日 (日) 14時27分

季楽さん、こんにちは。
ミズヒキやキンミズヒキが咲き出していましたが、
例年もっとたくさん咲いていたような? 気がします。
降るところと降らないところが、極端に分かれているようです。
観測史上初という言葉をよく聞きますが、考えてみれば
高々数十年の観測の結果の事、地球の歴史は数十億年ということを
考えれば、人間の知恵の小ささを思い知らされます。
将来数万年にわたり管理して行くなどと平気で言う人の、
頭の構造を考えてしまいます(核のゴミの事)。
数十年先の事さえ、見通せないのに・・・。

投稿: イナ | 2017年8月20日 (日) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/71457194

この記事へのトラックバック一覧です: みずひき:

« 蓮華升麻 | トップページ | こんなもの見た事ない »