« 静かな湿原 | トップページ | ヤマユリ »

2017年7月11日 (火)

トンボのその後

前回訪れてから1週間、その後のトンボの様子を覗いてきました。
前回はまだ花開いていない状態だったのが、一部黒ずんでしまっているところもあり、本当に花の命は短くて・・・です、改めて実感しました。

しかしどう見ても私にはこれが蜻蛉には見えない・・・

Noyamatonbo_3149_20170708ノヤマトンボ     野山蜻蛉     ラン科

 

Noyamatonbo_3151_20170708

 

実はここを訪れたのは、「蜻蛉」が目的ではなくて、他に見たいものがあったためです。
結局目的のものは、残念ながら今回も見つける事が出来ませんでした。
これで2回目の訪問ですが、簡単には見つからないからこそ、出会ったときの嬉しさもより一層増すのだと思います。

でも!
「ツキ、ヒ、ホシ、ホイホイホイ」という鳥のさえずりが近くで聴こえ、見上げると黒っぽい鳥が・・・
(逆光になり、その色までは確認できませんでした)
そういえば、先週ここで出会ったカメラと双眼鏡を携えた方が、「サンコウチョウ」が来ていると言っていた・・・
でも自分の中ではサンコウチョウは尾がとても長いイメージが有ったので、違うかなと思っていたが、帰ってから調べてみると、尾の長いのはオスで、メスはオス程尾は長くないということで、やっぱりサンコウチョウのようでした。

|

« 静かな湿原 | トップページ | ヤマユリ »

夏の花」カテゴリの記事

花名 な行」カテゴリの記事

コメント

トンボソウ、昨年見付けた場所に行ったのですけど・・・。
まだ早いのか、もう終わってしまったのか、それとも今年は出ないのか?見付けられませんでした。
同じ事が他の場所でも有り、そこは一度見たきりでもう3年見てません。
ところで、目的の花はなんだったのでしょうね?

♂のサンコウチョウの尾羽は長いですよね、でも繁殖期だけらしいです。

投稿: 季楽 | 2017年7月11日 (火) 22時24分

季楽さん、こんにちは。
目的の花は・・・季楽さんに教えていただいた
小さな、小さな、植物です。
サンコウチョウもオスはメスの気を引くために
着飾っているんですね。人間は逆だなぁ(*_x)\バキッ

投稿: イナ | 2017年7月12日 (水) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/71090166

この記事へのトラックバック一覧です: トンボのその後:

« 静かな湿原 | トップページ | ヤマユリ »