« ラン科の花 | トップページ | 静かな湿原 »

2017年7月 9日 (日)

一薬草

前回ここを訪れてから、もう1か月近くになるのか・・・
まだ咲いている花も少なかったのに、今では花も終わり実を成長させることに一生懸命の花たち。
少しも休まず、生きることに精一杯な姿を感じます。

Itiyakusou_3121_20170704イチヤクソウ     一薬草     ツツジ科

 

Itiyakusou_3124_20170704

 

Tutuji_3125_20170704

川の縁の岩場に咲いたツツジ、とても清涼感が有りました。

Tutuji_3127_20170704

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« ラン科の花 | トップページ | 静かな湿原 »

夏の花」カテゴリの記事

コメント

イチヤクソウの実が生ってますね。
今期は最盛期に行けなかったので、来年のお楽しみになってしまいました。
それにしても、涼しそうな所ですね。

投稿: 季楽 | 2017年7月 9日 (日) 23時22分

季楽さん、おはようございます。
植物にとっては実を実らせ、最終的に種をばらまき、
己の子孫を残すことが一番の役目なんでしょうね。
花はその目的達成のための、囮、いや言葉が良くないですね、
花粉を媒介してくれるものたちへの、目印なんでしょうね。
人間もそのおこぼれに預かっているということでしょうか。

投稿: イナ | 2017年7月11日 (火) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/71057393

この記事へのトラックバック一覧です: 一薬草:

« ラン科の花 | トップページ | 静かな湿原 »