« ヤマユリ | トップページ | 夏の花たち・・・2 »

2017年7月13日 (木)

夏の花たち・・・1

Tuyukusa_3155_20170710

ツユクサ     露草     ツユクサ科
ツユクサのブルーが目に染みる季節になったんですね。

Ha_3158_20170710

多分萩の仲間(種類までは分かりません)の葉だと思うのですが、夏の日に透けてとても綺麗でした。
ヌスビトハギのような気もしますが。

Ha_3160_20170710

 

Ooinunohuguri_3163_20170710

オオイヌノフグリのようでもあり、何となく違うような気もします。
花の色が紫がかっているのと、大きさが小さいような気がして・・・

Nejibana_3178_20170710

ネジバナ     捩花  螺子花     ラン科
捩花というには余り捩れていないようなネジバナ。
きっと素直な性格なんでしょうね。

Noborogiku_3185_20170710

キク科の植物には間違いないと思うのですが・・・
綿毛がとても綺麗でした。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« ヤマユリ | トップページ | 夏の花たち・・・2 »

夏の花」カテゴリの記事

コメント

知っているかも知れませんが・・・。
オオイヌノフグリより小さいなら、イヌノフグリではないでしょうか。
花の大きさは5mm程(オオイヌノフグリは8mm程)で、花の色は青くなく淡紅紫色。
ただ、図鑑では花期が2~4月となっているのでどうなんでしょう?
もしイヌノフグリなら絶滅危惧Ⅱ類(国)です、因みに愛知では指定されていません。
他にタチイヌノフグリ(帰化種)が有り、花が更に小さい(3mm)ようです。

投稿: 季楽 | 2017年7月13日 (木) 18時14分

季楽さん、こんばんは、ありがとうございます。
私もひょっとしてイヌノフグリ?と、疑ったんですが、
イヌノフグリほど小さくはなく、時期的におかしい
と、オオイヌノフグリにしておいたんですが、生息場所
、個体差によって変わり者もいるのかもしれないと・・・
タチイヌノフグリは花柄がこんなに長くなることは無いだろう
と、思って外しました。

投稿: イナ | 2017年7月13日 (木) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/71110918

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の花たち・・・1:

« ヤマユリ | トップページ | 夏の花たち・・・2 »