« 猫の目渓にて・・・1 | トップページ | 猫の目渓にて・・・3 »

2017年4月11日 (火)

猫の目渓にて・・・2

こういうのを一難去って、また一難と言うんでしょうね。
菫と同じで猫の目草の仲間も、とても細かく分類されているようで、私にはとっても手に負えませんでした、そこで植物の大家の先生に見ていただきましたが、それでも花が開いていない状態では確実なことが言えないということで、素人の私では分からなくて当然と妙な安心感に浸りました。
でも、知らないことが多いということは、それだけ愉しみも多いという事・・・
と勝手な解釈をして勉強しているのですが、結果は???です。

Tounounekonome_1607_20170405トウノウネコノメソウ     東濃猫の目草     ユキノシタ科

この時の状態ではキバナハナネコノメソウとよく似ていて、見分けがとても難しかったですが、葯の色の違いを頼りに

Tounounekonome_1623_20170405

 

Tounounekonome_1644_20170405

 

Tounounekonome_1646_20170405

 

Nikkounekonome_1617_20170405ニッコウネコノメソウ     日光猫の目草     ユキノシタ科

 

Nikkounekonome_1617b__20170405

・・・つづく

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 猫の目渓にて・・・1 | トップページ | 猫の目渓にて・・・3 »

春の花」カテゴリの記事

花名 た行」カテゴリの記事

花名 な行」カテゴリの記事

コメント

ネコノメは・・・ネコノメです。(^_^;)
東濃と日光、葯の色が違うようですね。
萼裂片が直立するとかしないとか、緑だとか黄色だとか・・・。
色々難解な区別が有り、わたしは結局ネコノメはネコノメと言う事に。(^o^)

投稿: 季楽 | 2017年4月11日 (火) 22時49分

季楽さん、こんばんは。
「スミレはスミレ」そして「ネコノメはネコノメ」
「カンアオイはカンアオイ」おまけに今日もう一つ
「イワカガミはイワカガミ」もうお手上げ、困ったことです。

投稿: イナ | 2017年4月12日 (水) 20時16分

イワカガミもう咲いてましたか。
今日私も見に行きましたが、やはりかなり遅れてるようで。
まだショウジョウバカマが咲いてました。(^_^;)

山、南海、赤等が有りますね。
鋸歯の数が違うとか、葉の先端が尖るとか丸いとか・・・。
解ったような解らないようなです。(>_<)

投稿: 季楽 | 2017年4月12日 (水) 23時42分

季楽さん、おはようございます。
イワカガミ(私はヤマイワカガミではないかと思いましたが)
の咲く、新たな場所を教えていただき、昨日行ってきました。
今年は全般に遅れ気味なので、場所だけ確認、咲いていなくて
元々というつもりで行ったのですが、ちょうど咲き始めていました。
スミレ、カンアオイ、ネコノメ、イワカガミその他植物たちは
棲む場所によって、様々に進化してきたんでしょうね。
その違いを見つけるのも一つの愉しみとしていこうと思います。

投稿: イナ | 2017年4月13日 (木) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/70201011

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の目渓にて・・・2:

« 猫の目渓にて・・・1 | トップページ | 猫の目渓にて・・・3 »