« 菫の勉強・・・3 | トップページ | 猫の目渓にて・・・2 »

2017年4月10日 (月)

猫の目渓にて・・・1

あちこちの渓で、ネコノメソウの仲間が咲く季節になってきました。
私のとっておきの渓に入り一日を楽しんできました。

でも少し時期が早かったようで、まだ蕾の状態のものも多かったです。
ですから、〇〇ネコノメと同定するのも大変難しく、間違っているものもあると思います、「これはおかしい」と思うものがございましたら、是非教えていただきたいと願っています。

菫と同じで猫の目草の仲間も、とても細かく分類されているようで、私にはとっても手に負えませんでした、そこで植物の大家の先生に見ていただきましたが、それでも花が開いていない状態では確実なことが言えないということで、素人の私では分からなくて当然と妙な安心感に浸りました(^^ゞ

Kibanahananekonome_1636_20170405キバナハナネコノメソウ     黄花花猫の目草     ユキノシタ科

↑もう少し時期が経つと、もっと蕚裂片が開いてきて、はっきりそれと分かるんでしょうが、この状態では悩みました。

Kibanahananekonome_1637_20170405

 

Kibanahananekonome_1639_20170405

 

Tatinekonome_1641_20170405タチネコノメソウ     立猫の目草     ユキノシタ科

岩陰に隠れるように咲いていたタチネコノメソウ。(だと思います)

Koke_1608_20170405

何やら黄色く光るものが・・・ファインダーを覗き、拡大してみると苔(名前は分かりません)でした。
そして画像にしてからよく見ると、根元の方に何やら細くて黒いものが・・・ひょっとして山ビル?!・・・こんなもの載せるな!って、言われそうですね。

Yuriwasabi_1610_20170405ユリワサビ     百合山葵     アブラナ科

今まで見たユリワサビと、茎の感じ、葉の感じ、全体の印象が何か違うような気がして・・・。
・・・つづく

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 菫の勉強・・・3 | トップページ | 猫の目渓にて・・・2 »

春の花」カテゴリの記事

花名 か行」カテゴリの記事

花名 た行」カテゴリの記事

花名 やらわ」カテゴリの記事

コメント

ネコノメも種類が多いですね。
スミレにネコノメ、更にカンアオイと同定が難しい花が沢山有って困ります。(^_^;)
山蛭ですか、猪や鹿が増え、今まで居なかった所にも進出しているとか。
できればお会いしたくない生き物です。(>_<)

投稿: 季楽 | 2017年4月10日 (月) 22時33分

季楽さん、おはようございます。
「ネコノメはネコノメ」・・・と言いたいところを我慢して・・・
これは〇〇ネコノメと、すらすら言えるようになりたいです。
無理かなぁ
山ビルは最近まで愛知県にはほとんどいなかったようですが、
県境なんて言うものは、野生動物には関係なし!
餌を求めて鹿や猪も遠出しているんでしょうね、彼らに乗っかって
ヒルもあちこち移動しているのだと思います。

投稿: イナ | 2017年4月11日 (火) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/70194327

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の目渓にて・・・1:

« 菫の勉強・・・3 | トップページ | 猫の目渓にて・・・2 »