« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

春がきたーーー1

3月に入り、冬の寒さもどうやら峠を越したようです。
枯れ色一色だった草むらにも、緑が目立つようになり、肌に感じる陽の強さも一日一日強くなってきているのを感じます。
早春の草むらでは、もう野草たちが元気に活動を始めていました。

生き物にとって、もちろん人間にとっても、お日様の光の強さは、元気の源でしょうね。

Himeodorikosou_984_20170225ヒメオドリコソウ     姫踊り子草     シソ科

 

Himeodorikosou_985_20170225

 

Himeodorikosou_986_20170225

 

Himeodorikosou_989_20170225

 

Himeodorikosou_990_20170225

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

月夜の晩には・・・

今まで標高のある程度高いところでしか見た事が無かった、ヤブレガサ。
自分の住む近くでも、見られることを初めて知った。

この若芽の状態からこの名前が付いたそうだが、どうしても「ゲゲゲの鬼太郎」を思い出してしまう。
この日もファインダーを覗きながら、月夜の晩にこれを見たら、ヤブレガサたちが森の中を飛び回っているかもしれないな、なんて空想が頭の中を駆け巡った。

芽吹きの季節を迎え、春はもうすぐそこまで来ているんだなぁ、と、実感する。

Yaburegasa_945_20170224ヤブレガサ     破れ傘     キク科

 

Yaburegasa_936_20170224

 

Yaburegasa_937_20170224

 

Yaburegasa_940_20170224

 

Yaburegasa_946_20170224

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

ミスミソウ

今シーズンこの場所は三度目の訪問になるが、前回より花の数が格段に増えている。
気を付けないと知らずに踏みつけそうになって、「おっととー」と、何度ヒヤッとしたことか。

ただ風が強く、気温があまり上がって居ないせいか、花の開き具合がいまいち・・・
もう一度訪問しなければならないかなぁ・・・

Misumisou_952_20170224ミスミソウ     三角草     キンポウゲ科

 

Misumisou_954_20170224こんにちは~

 

Misumisou_956_20170224

 

Misumisou_957_20170224

 

Misumisou_961_20170224

 

Misumisou_970_20170224

 

Misumisou_971_20170224

 

Misumisou_973_20170224

 

Misumisou_974_20170224

 

Misumisou_976_20170224

 

Misumisou_983_20170224

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

カンアオイ

今までこの花を撮った記憶が殆んど無い。
地面に埋もれ、色もまるで保護色のように地面に溶け込み、地味な花。
同行した知人から、ちょっと時期が遅いようだが、おそらくイワタカンアオイだろうと、教えていただいた。
カンアオイの仲間はとても種類が多いようで、今まではスミレと同じで、カンアオイはカンアオイで済ませてしまっていたが、これからどうなるのかな???

「そんなに覗いちゃイヤッ」って言ってるよ、と、同行した知人のの言葉・・・すいません。

Iwatakanaoi_926_20170217イワタカンアオイ     磐田寒葵     ウマノスズクサ科

 

Iwatakanaoi_928_20170217

 

Iwatakanaoi_933_20170217

 

Iwatakanaoi_935_20170217

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

ミスミソウ

今年もこの花に出会える季節になってきました。
めぐる季節の1年は何と早いことか・・・・

咲いている花はまだ少なく、再度訪問せよとのお告げのようでした。

Misumisou_908_20170217ミスミソウ     三角草     キンポウゲ科

 

Misumisou_912_20170217

 

Misumisou_917_20170217

 

Misumisou_921_20170217

 

Misumisou_924_20170217

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

うらうらと・・・3

うらうらと・・・ 春を思わせるような陽気に誘われて・・・
草むらには元気な野草の姿。

Orandamiminagusa_898_20170217オランダミミナグサ     阿蘭陀耳菜草     ナデシコ科

 

Orandamiminagusa_899_20170217

 

Orandamiminagusa_900_20170217

 

Tanetukebana_906_20170217タネツケバナ     種漬花     アブラナ科

 

Tanetukebana_904_20170217

陽当りの良い場所では、もうこんなになって。
お日様の力は偉大だなあ。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

うらうらと・・・2


うらうらと・・・ 春を思わせるような陽気に誘われて・・・
草むらには、あちこちに春を待ちきれないものたちの姿。

Suiba_882_20170216スイバ     酸い葉     タデ科

 

_889_20170216

 

Kusaitigo_891_20170216クサイチゴ     草苺     バラ科

 

Ooinunohuguri_892_20170216オオイヌノフグリ     大犬の陰嚢     ゴマノハグサ科

 

Ume_895_20170216ウメ     梅     バラ科

 

Ume_896_20170216

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

うらうらと・・・1

うらうらと・・・ 春を思わせるような陽気に誘われて・・・

冬の厳しさを乗り越えて、陽射しは確実に強くなってきていることを感じます。
草むらを覗くと、もう春の準備に余念がないものたちの姿が目に入ってきます。
まだまだ寒さが戻ってくる日はあるだろうけれど、季節は確実に春へと歩を進めている。
希望を感じるこの時期が、たまらなく良いですね。

Ooinunohuguri_871_20170216オオイヌノフグリ     大犬の陰嚢     ゴマノハグサ科

 

Hotokenoza_875_20170216ホトケノザ     仏の座     シソ科

 

Hotokenoza_877_20170216

 

Kusaitigo_880_20170216クサイチゴ     草苺     バラ科

 

_884_20170216

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

マンサク

隣の庭のマンサクが咲き始めたので、
隣のご主人に了解を得て、撮らせていただきました。

いつもの年は、花の頃には葉は落ちてしまっているのに、今年はいつまでも残っているなぁ・・・と、不思議そうな顔をしていました。

他の花たちに先駆けて、「先んず咲く」「先ず咲く」が転訛してマンサクになったという名前。
山を彩るのはまんずこの花からだろうね。

Mansaku_842_20170216マンサク     満作     マンサク科

 

Mansaku_854_20170216

 

Mansaku_844_20170216

 

Mansaku_849_20170216

 

Mansaku_859_20170216

 

Mansaku_861_20170216

 

Mansaku_863_20170216

 

Mansaku_868_20170216

 

Mansaku_869_20170216

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

セツブンソウ

新城名号・石雲寺のセツブンソウがやっと満開になりました。
あまり沢山あるのも、考え物だなということがよ~く分かりました。
目移りしてしまって、強く存在を主張してくる花が分からなくなってしまいます。
全く贅沢を言って、我儘なことです・・・自分ながらそう思います。

セツブンソウ     節分草     キンポウゲ科Setubunnsou_831_20170207

 

Setubunnsou_833_20170207

 

Setubunnsou_835_20170207

 

Setubunnsou_837_20170207

 

Setubunnsou_839_20170207

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

林床に瞬く星

先回の訪問時には、ほんの数株しか花の開いた株は確認できなかったのですが、あれから半月ほど、今回は探すのに不自由することなく、あちらにも、こちらにも、林床には星が一杯瞬いていました。

しかし、写し撮るのに本当に難しい花です、花柄が三方に向かって伸び、三つの花にピントを合わす事が出来ません。絞ればバックがごちゃごちゃと煩わしくなるし・・・
どうしても三つの花にピントを合わすには、上から撮るしか方法がないのかな?誰か教えてほしい。

というわけで、今回はすべての花にピントを合わすのは諦めて、木漏れ日を浴びて光る花を意識した絵作りをしてみましたが、これまた明暗差が強くなりすぎて、固い印象の絵ばかり、やっぱり難しい花です。
逆光を意識過ぎたのが一因かもしれないなぁ・・・

コセリバオウレン     小芹葉黄連     キンポウゲ科Koseribaouren_822_20170207

 

Koseribaouren_770_20170207

 

Koseribaouren_784_20170207

 

Koseribaouren_797_20170207

 

Koseribaouren_799_20170207

 

Koseribaouren_806_20170207

 

Koseribaouren_814_20170207

 

Koseribaouren_828_20170207

 

Koseribaouren_764_20170207

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

節分草

新城名号の石雲寺を訪ねました。
前回はちょっと早すぎるかなと思っていましたが、あれから10日ほどが経ち、もうぼちぼちかなと思い。
恒例の出店も出て、見物の人たちも大勢、駐車場も満杯(と、云っても10台も停まれば満杯に近い状態だから大したことないか・・・)
先回より開花している花は増えていたけど、気温が低いせいか、今一つの状態でした。

Setubunsou_3732_20170131セツブンソウ 節分草 キンポウゲ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

写真展のご案内

私が所属する写真クラブ・野の花フォトクラブの2017年作品展が、本日より下記のように開催されます。
皆様のご高覧を、心よりお待ちしています。
なお、2月4日には、指導をしていただいています植物写真家「いがりまさし」先生のギャラリートークもあります。

Postcard2

 

Atenamen2

皆様のご高覧を会員一同、心よりお待ちしています。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

あまい香りに誘われて

風もなく暖かな陽気に誘われて、近くの自然公園に足を向けてみました。
ロウバイが花をいっぱい付け。
白梅、紅梅が咲始め。
辺りは気持ちの良い香りに包まれて。
時の経つのを忘れてシャッターを押していました。

Koubai_749_20170129

 

Koubai_750_20170129

 

Koubai_754_20170129

 

Koubai_755_20170129

 

Koubai_758_20170129

 

Hakubai_746_20170129

 

Hakubai_748_20170129

 

Robai_744_20170129

これだけは匂いがありませんでしたが・・・

Hurasabasou_738_20170129

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »