« 新春の野 | トップページ | あまいかほり »

2017年1月 7日 (土)

ものみな眠る冬の野

久しぶりに葦毛湿原を訪ねてみました。
湿原はひっそりと・・・
まるで全てのものたちが眠りについているように、静まり返っていました。

Karekusa_001_20170105

 

Karekusa_010_20170105

 

Siratamahosikusa_017_20170105
枯草になった白玉干し草なんだけど、なんだか分からないですね。

 

Tubaki_046_20170105
枯草色が目立つ中で、椿の花の赤色がそこだけ賑やかさを醸し出していました。

 

Tubaki_025_20170105

 

Tubaki_024_20170105

 

Teikakazura__027_20170105
テイカカズラ(?)と思しき種。
花のイメージとは違いますね、鬼婆の白髪と言ったところか。

 

Yamabudou_035_20170105
ヤマブドウの葉が光に透けて

 

Humei__031_20170105
何の葉かどうしても分かりませんでしたが、枯草の中にあって、赤色の葉がとても目につきました。

 

Motitutuji_049_20170105
陽当りの良い尾根筋にはモチツツジが咲いていました。
モチツツジだと思うのですが、モチツツジの花期は4月頃からのようです、ということは違うかも?
紅葉もきれいでした。

 

Motitutuji_043_20170105

 

Motitutuji_050_20170105

 

Miyamasikimi_054_20170105
赤い実がひときわ目立つ、ミヤマシキミ

 

Manryou_056_20170105
こちらは同じ赤でもマンリョウ

 

(山歩きの携帯性を考えて、普段使い慣れていないコンパクト・カメラで撮影してみましたが、とっても自分の体の一部というには程遠い状態で、やっぱり納得いきません。)

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 新春の野 | トップページ | あまいかほり »

その他」カテゴリの記事

コメント

モチツツジ、昨年初冬からあちこちで目にします。
図鑑には「花期4月」と有りますが、冬でもチラホラ咲くようですね。
葦毛はすっかり冬景色のようで、この時期は殆ど行った事が有りません。

投稿: 季楽 | 2017年1月 8日 (日) 22時23分

季楽さん、おはようございます。
私も冬の葦毛湿原へは、あまり行ったことがないのですが、
この時期に、モチツツジがこんなに咲いていたのかなぁ・・・
という気分です。ひょっとしてこれも暖冬のせいなのかも??
他の方の情報でも、セツブンソウとかコセリバオウレンとか
例年より少し早めに春(もう春という言葉を口に出しても、
そんなに違和感のない季節になってしまいました)の準備
を始めているようですね。

投稿: イナ | 2017年1月 9日 (月) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/69139075

この記事へのトラックバック一覧です: ものみな眠る冬の野:

« 新春の野 | トップページ | あまいかほり »