« 潮風にも負けず・・・3 浜辺で見た花 | トップページ | 小さな秋・・・1 »

2016年11月14日 (月)

進化という名の「命」のリレー

命とは、生命とは・・・


NHKが制作した(製作されたのはかなり以前だと思います)、「NHKスペシャル 宇宙 地球大進化~46億年」を、You Tubeで見ています。
地球という星の46億年にわたる歴史(この放送内容がすべて真実とは言えないだろうけれど)
私たちの「命」のずっとずっと祖先の「命」が誕生してから、今私たちが暮らしている現在の地球まで「命」は絶えることなく続いてきたのだなぁと、とても感慨深いものがあります。
そして時間というものの捉え方に戸惑います。
何百万年、何千万年、何億年・・・人の人生何十年、このスケールの違いをどう考えればいいのか・・・

たかだか何百年前の事でも定かでないのに、企業の歴史なぞ殆んど数十年しかないのに、それなのに、それなのに10万年の後まで放射線廃棄物を安全に管理していくなどと考える人たちは、いったいどういう頭の構造をしているのだろうと、不思議でなりません。
地下何百メートルの安定した地層に埋めるということだが、廃棄物が安全な状態になるまで、その地層はずっとそのまま安定したままでいてくれるのだろうか?
私たちの直系の祖先ともいうべき、ホモサピエンスの誕生が約20万年前と聞くと、う~んとしか言いようがありません。
(いつの時代も公務員は失職することがないと信じて疑わない、そして責任を執るということをすっかり忘れてしまった官僚たちのおちゃらけか? 
政治家はその官僚たちの掌で踊るだけ、そういう政治家たちを選んでしまったのは私たち・・・やり場のない怒り・・・そこから一歩抜け出して怒りのぶつけ先を探さなければと最近思います)
今私たちが使っているエネルギーは、何億年、何十億年という永い年月の過去からの贈り物、それを私たちの時代で使い切ってよいものか? その「つけ」をこれからの人たちに担わせてしまってよいものか?

もっとエネルギーを使わない生活の方法があるのではないだろうかと思います。

NHKスペシャル 宇宙 地球大進化~46億年 第1集 大衝突からの始まり。
https://www.youtube.com/watch?v=5wNcIRx13uk
第7集まであります。
それぞれが50分程度の長さです、すべてを見るのが困難な方は第7集だけでもご覧をお勧めします。
NHKスペシャル 宇宙 地球大進化~46億年 第7集 最終回 そして未来へ
https://www.youtube.com/watch?v=brneCAf0rEs


今自分たちが考える時間というものと、地球が誕生してから今まで「命」が絶えることなく、ずぅ~っと続く中で経験してきた時間とのあまりの尺度の違いに、何と言ってよいのかわからないというのが、正直な思いです。少しでも長い目で見た時間というものを、分かるようになりたいと思います。

番組の中で特に記憶に残った言葉
進化の歴史とは絶滅の歴史でもある
過去何十億年の間に生物は数々の試練に見舞われてきた、しかし其の度に生命はそれを乗り越えるように進化してきた、その試練は隕石の衝突であったり、地球自身がもたらすものであったり、しかし今、人類以外の生物の命が、人類によって脅かされようとしている。
現代の人類の祖先をたどっていくと、そこには他の生き物と比べて、弱い生き物だった姿が浮かび上がってくる。
弱いがうえに、他の生き物と比べてより環境に適応するように進化してきたのではないだろうか、それが幾多の困難にもめげず、現在までつながる「命」になったのではないかなと思います。

現在地球上で最強と思われている(勝手に思っているだけかもしれないが)のは「人類」、その人類もやがては絶滅する運命か、それが進化という事か、それとも他の姿になっていくのか・・・
ヒトは現在の地球の中で、いびつなほど大きな勢力を持ってしまっている、
(現在63億人、次に多いのが人間に飼われている牛14億頭程度、野生動物に至っては一つの種では人間の数の100分の1程度と言われている)いわば独り勝ちの状態。
かつてこの地球上で繁栄し、そして絶滅していった命のように人類は自滅、滅亡するのか・・・
人類を絶滅から逃れられるようにすることは出来るのか?


|

« 潮風にも負けず・・・3 浜辺で見た花 | トップページ | 小さな秋・・・1 »

その他」カテゴリの記事

コメント

「恐竜を見ていた」とはこの事だったのですね。
〈進化の歴史は絶滅の歴史〉確かに、人類も何れその一種になる可能性が。
ここ数百年でとてつもなく進化?した人類、もしかすると過去一番短い種となるかも。
その前に、日本と言う国が破たんする可能性の方が高そうな。
今やゼロ歳児からお迎え直前の老人まで、全ての国民の借金が800万を超えてますからね。
加えて少子高齢化、返せる可能性が有るとは信じられません。
10万年も保存しなければならない放射性廃棄物、地殻変動云々よりも、保守費用が工面できなくなるでしょう。

投稿: 季楽 | 2016年11月14日 (月) 22時19分

季楽さん、こんばんは。
そうです、恐竜に見えませんか?
そんな風に見えるのは、私だけかも???
エネルギー問題、高齢化、なんやかや、この先の事を
考えると、無責任かもしれないけれど、良い時代に生きさせて
もらえたのかなぁ・・・と、思ってしまいます。

投稿: イナ | 2016年11月15日 (火) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/68369196

この記事へのトラックバック一覧です: 進化という名の「命」のリレー:

« 潮風にも負けず・・・3 浜辺で見た花 | トップページ | 小さな秋・・・1 »