« ヤナギノギク | トップページ | ヤマハッカ »

2016年10月29日 (土)

センブリ二種

ムラサキセンブリ    紫千振     リンドウ科

Murasakisenburi_248c_20161022

絶滅危惧種に指定されている。
薬効はないと聞いているが、あるものと思って盗掘する人が多いのか?
ムラサキセンブリは昨年より花期が遅くなっているのか、蕾はいくつか確認できたが、開花した花は画像のものを含めて二輪だけだった。
頭に何もつかない「センブリ」は残念ながら、この日この地区では見る事が出来なかった。

Murasakisenburi_251c_20161022

 

Murasakisenburi_253c_20161022

イヌセンブリ     犬千振     リンドウ科

Inusenburi_231c_20161022

苦みがなく、センブリのように薬効がないため、役立たずということで、頭に「イヌ」(犬あるいは否)と付けられてしまったが、こちらもやはり絶滅危惧種に指定されている。
しかし、此処では放棄された休耕田で人の手が入らないためか、年々数が増えているようです。
人と自然の関係について考えさせられてしまいます。

Inusenburi_233c_20161022

 

Inusenburi_236c_20161022

 

Inusenburi_237c_20161022

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« ヤナギノギク | トップページ | ヤマハッカ »

秋の花」カテゴリの記事

花名 あ行」カテゴリの記事

花名 ま行」カテゴリの記事

コメント

先週は見られなかったイヌセンブリ、咲き出したようですね。
ムラサキセンブリとヤマラッキョウも咲き出したようなので、今期もいよいよ終盤でしょうか。
つい先日、セツブンソウやミスミソウを見に行ったばかりのような気がします。(^_^;)

投稿: 季楽 | 2016年10月29日 (土) 22時34分

昨日、県民の森へ行ってきました。
センブリが咲いていましたよ。
他にはサラシナショウマ・リンドウ・アキノキリンソウ・キッコウハグマ・コウヤボウキなどです。
ダイモンジソウは終盤で花弁が一枚抜けていたりして大文字になっていない花が多かったです。

投稿: ひろろ | 2016年10月30日 (日) 08時48分

季楽さん、こんにちは。
本当に月日の移り行くのは早いです、ミスミソウを
求めて山を彷徨ったのがつい昨日の事のよう・・・
それだけ歳を食ったのか・・・私の事です。
今朝道端を見たらホトケノザがすでに咲いていました。
しばらくはこういった花たちに遊んでもらいます。

投稿: イナ | 2016年10月30日 (日) 11時46分

ひろろさん、こんにちは。
私も県民の森ではないのですが、センブリに
やっと会いました、先日の場所から山登りを
して・・・数日前の事です。
キッコウハグマは草刈りをされてしまって今年は
駄目だと聞いたので、行くのを躊躇っていたのですが
咲いていたんですね。ダイモンジソウは大の字になって
いないものが多かったですか、残念。

投稿: イナ | 2016年10月30日 (日) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/68081483

この記事へのトラックバック一覧です: センブリ二種:

« ヤナギノギク | トップページ | ヤマハッカ »