« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

ちょっと気の毒な名

ヘクソカズラ     屁糞蔓,屁臭蔓     アカネ科

Hekusokazura_9751_20160825

特有の嫌な臭いが有り、それが名前の由来と言われるが、今まで近くで写真を撮っていても、そんな嫌な臭いを感じたことがない。
イヤな奴が近くに来た時だけイヤな臭いを出すのだろうか?(*_x)\バキッ
これはあながち冗談ではなく、小さな昆虫などに葉や茎を齧られないように、傷付けられると悪臭を放つガスを出すそうで、言ってみれば自衛の手段だそうだ。
美しいものには虫が付く、人間社会と同じだなぁ・・・

またの名を「サオトメバナ」ともいうけど、「ヘクソカズラ」に比べてインパクト負けのようで、なかなか普及しませんな。
しかし「ヘクソカズラ」だろうが「サオトメバナ」だろうが、彼らにとってはどうでもいいこと、所詮人間という生き物がつけた名前と、全く意に介していないでしょう。

Hekusokazura_9753_20160825

 

Hekusokazura_9755_20160825

 

Hekusokazura_9756_20160825

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

仙人草

センニンソウ     仙人草     キンポウゲ科

Senninsou_9745_20160825

葉の様子が図鑑と比べるとちょっと違うような気もするが、葉には変化が多いということなので、センニンソウにしておこう。
花がよく似たボタンヅルやコボタンヅルとは、明らかに違うようだし・・・

Senninsou_9775_20160825

 

Senninsou_9742_20160825

 

Senninsou_9741_20160825

 

Senninsou_9744_20160825

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

女郎花

オミナエシ     女郎花     スイカズラ科

Ominaesi_9791_20160825

漢字で書くと「女郎花」、なんで「女郎」何だろうといつも思う。
どなたか名前の謂れをご存知の方いませんか。
自生するものは少ないと言われているが、これはどうなんだろう?
昔は畑地だったようにも見えるので、完全な自生ではないかもしれないけど、それから随分長い間、ほったらかしの様子だから、今では自生と呼んでもいいのではないかとも思う。

Ominaesi_9788_20160825

 

Ominaesi_9785_20160825

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

Balloon Flower

キキョウ      桔梗      キキョウ科

Kikyou_9769_20160825

キキョウが咲いていました。
自分の中ではキキョウは秋の花、という思いが強いが、遮るものない真夏のむせ返る照り返しの中、そこだけ涼しげな風が吹いているような感じでした。
もう秋はすぐそこまで来ているのだろうな。
夏草の緑の中にあって、紫という色はとてもよく目立つ、これも虫たちにアピールする一つの手段だろうか。

Kikyou_9771_20160825

 

Kikyou_9796_20160825

英名は「 balloon-flower 」というそうだが、これを見ると、なるほどと頷ける。
ちょっとつついたら、今にもはじけそうな感じでした。
ちょっとつついてみたい誘惑もあったけれど、それは止めとこう。

Kikyou_9776_20160825

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

夏の湿原・・・5

ヘクソカズラ     屁糞蔓,屁臭蔓     アカネ科

Hekusokazura_9737_20160816

そういえば今年はこの花を見るのは初めてだなぁ。

Hekusokazura_9731_20160816

 

アキノタムラソウ     秋の田村草     シソ科

Akinotamurasou_9733_20160816

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

夏の湿原・・・4

アジサイ     紫陽花     アジサイ科

Ajisai_9738_20160816

平地ではもうとっくに花の時期が終わっているアジサイが、標高1000Mのここではまだしっかり咲いていました。

Ajisai_9729_20160816

 

Ajisai_9735_20160816

 

Ajisai_9740_20160816

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

夏の湿原・・・3

ママコナ     飯子菜     ゴマノハグサ科

Mamakona_9721_20160816

正面から見ることのできない位置に咲いていたので、何か最初はさっぱりわかりませんでした。
花の形から「ゴマノハグサ科」か「シソ科」には間違いないと思ったのですが、あれでもない、これでもない・・・と、やっとたどり着いたのが「ママコナ」
分かってみれば、「なぁ~んだ」でした。
間違いないとは思うのですが、間違っていましたら、教えてください。

Mamakona_9723_20160816

 

フシグロセンノウ  節黒仙翁  ナデシコ科

Husigurosennou_9726_20160816

 

Husigurosennou_9727_20160816

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

夏の湿原・・・2

ウバユリ     姥百合     ユリ科

Ubayuri_9720_20160816

あちらにも、こちらにも、ウバユリが花盛り。
”姥”何て名前が付けられているけれど、咲き始めのその姿はとっても初々しい、決して”姥”なんかではありません。
ウバユリの由来は花が咲くころには”葉”が枯れてくるので”葉無→(歯無)”で”姥”ということだそうです。
彼岸花と同じですね。

Ubayuri_9711_20160816

 

Ubayuri_9718_20160816

ヒヨドリバナ サワヒヨドリ    鵯花 澤鵯    キク科

Hiyodoribana_9702_20160816

ヒヨドリバナの蕾ではないかと思うのですが、間違っているかもしれません。
もし違っていましたら、ご指摘いただけると嬉しいです。

面の木の主様から、これは「サワヒヨドリ」であるぞよ。
と、御託義をいただきましたので、訂正します。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

夏の湿原・・・1

ヌマトラノオ     沼虎尾     サクラソウ科

Numatoranoo_9701_20160816

やや盛期を過ぎてしまった感がありましたが、ヌマトラノオ。
暑い夏の湿原に静かに咲いていました。

Numatoranoo_9700_20160816

 

Numatoranoo_9707_20160816

ハンゴンソウ     反魂草     キク科

Hangonsou_9696_20160816

遠目に見たときはオミナエシかと思ったのですが、近くまで行くとオミナエシにしては草丈が大きく、女性的な感じがするオミナエシ(女郎花)に比べて荒々しく男性的なイメージでした。
オタカラコウかなとも思ったのですが、葉が違い、良く調べてみるとハンゴンソウでした。
反魂草という和名に頷けます。

Hangonsou_9706_20160816

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

見上げれば

Totinoki_9682_20160816

ナツエビネが咲いている傍らには、トチの古木が葉を広げていました。
まるでナツエビネを優しく見守っているかのように・・・
見上げれば、夏の日に透ける緑がまぶしいほどでした。

Totinoki_9681_20160816

 

Totinoki_9683_20160816

 

Totinoki_9685_20160816

 

Totinoki_9686_20160816

 

Totinoki_9688_20160816

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

微笑み

ナツエビネ     夏海老根     ラン科

Natuebine_9690_20160816

焦れて何度も君に会いに来たのに、いつも冷たい素振り。
やっと笑顔を見せてくれたね。

そんな思いにさせられた、ナツエビネ。
特徴的なこの葉を見つけたのは、まだ冷たい風が吹く冬のこと。
それから何度も様子を見に来たのだけれど、やっと咲き始めていました。
山中の沢沿いの林の中で、しばらく一人じっと見つめていました。
自分で見つけた花だけに、感慨もひとしおなのだろうと思います。

ただ惜しいことに、気候のせいなのか、ウイルスなどの病気のせいなのか、花開く前に黒く枯れてしまっていた花茎が多く、まともに花開いている株はほんの僅かでした。
全部の花が美しく咲いていたら、まさに壮観だったろうに。
ま、贅沢言うのは止めとこう。

Natuebine_9663_20160816

 

Natuebine_9668_20160816

 

Natuebine_9675_20160816

 

Natuebine_9680_20160816

 

Natuebine_9693_20160816

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

岩場に咲くハナゼキショウ

ハナゼキショウ     花石菖     チシマゼキショウ科

初めてみる花です。
この日は別の目的で花好きの知人と同行し、その方に教えていただきました。
とても蒸暑い日でしたが、岩場に咲くこの花を見ていると、とても爽やかな気持ちにさせられました、なんだか風が通り抜けたような・・・
小さくて地味な花でしたが、とても清楚な感じでした。

Hanazekishou_9653_20160806

丸い葉はギボウシの葉です。
ハナゼキショウの葉は細長い方の葉です。

Hanazekishou_9656_20160806

 

Hanazekishou_9661_20160806

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

オオキツネノカミソリ

オオキツネノカミソリ     大狐の剃刀     ヒガンバナ科

Ookitunenokamisori_9629_20160806

もうこんな季節なのですね。
山中の沢沿いにオオキツネノカミソリが咲いていました。

1週間前にここを訪れたときには、影も形もなかったのに・・・注意力散漫で気が付かなかっただけですね。

Ookitunenokamisori_9632_20160806

 

Ookitunenokamisori_9636_20160806

 

Ookitunenokamisori_9641_20160806

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

鷺草乱舞

サギソウ     鷺草     ラン科

Sagisou_9606_20160802

人の気配が無くなった、夕暮れ時の湿原に純白の鷺が乱舞していました。
今年も、もうこんな季節になってしまったんですね。

Sagisou_9581_20160802

 

Sagisou_9584_20160802

 

Sagisou_9591_20160802

 

Sagisou_9598_20160802

 

Sagisou_9602_20160802

 

Sagisou_9609_20160802

 

Sagisou_9611_20160802

 

Sagisou_9615_20160802

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »