« 夏の湿原・・・1 | トップページ | 夏の湿原・・・3 »

2016年8月23日 (火)

夏の湿原・・・2

ウバユリ     姥百合     ユリ科

Ubayuri_9720_20160816

あちらにも、こちらにも、ウバユリが花盛り。
”姥”何て名前が付けられているけれど、咲き始めのその姿はとっても初々しい、決して”姥”なんかではありません。
ウバユリの由来は花が咲くころには”葉”が枯れてくるので”葉無→(歯無)”で”姥”ということだそうです。
彼岸花と同じですね。

Ubayuri_9711_20160816

 

Ubayuri_9718_20160816

ヒヨドリバナ サワヒヨドリ    鵯花 澤鵯    キク科

Hiyodoribana_9702_20160816

ヒヨドリバナの蕾ではないかと思うのですが、間違っているかもしれません。
もし違っていましたら、ご指摘いただけると嬉しいです。

面の木の主様から、これは「サワヒヨドリ」であるぞよ。
と、御託義をいただきましたので、訂正します。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 夏の湿原・・・1 | トップページ | 夏の湿原・・・3 »

夏の花」カテゴリの記事

花名 あ行」カテゴリの記事

花名 は行」カテゴリの記事

コメント

ウバユリ咲き出しましたね。
他のユリと違い、花の形が少し扁平なのが不思議と言うか面白いと言うか。
ユリと言えば優しいイメージで、花言葉も『純潔』『無垢』『威厳』だそうです。
しかしウバユリの花は肉厚で、ゴツくて頑丈な感じ。
他のユリとは一線を画しているような・・・。(^_^;)

投稿: 季楽 | 2016年8月23日 (火) 20時25分

季楽さん、おはようございます。

『純潔』『無垢』『威厳』ですか、う~ん・・・

次の言葉出てきません。

『威厳』は頷けますが、『純潔』『無垢』は??
『老練』『手管』と言った方が・・・
こんなこと言ったらウバユリさんに怒られそう(あはは)

投稿: イナ | 2016年8月24日 (水) 10時00分

今晩は♪ 御無沙汰しています。 ヒヨドリバナ→サワヒヨドリで~す。

投稿: 草刈 まさお | 2016年8月24日 (水) 20時32分

草刈さん、お久しぶり!
この前はお顔を久しぶりに見れるかと思ったのですが、残念。
迷ったんですよね~、葉が対生か、互生かということで。
やっぱりサワヒヨドリですか。
面の木の主さんの、御託義ですから間違いないでしょう。
早速訂正します。
冬が来ない前に、秋の面の木を訪ねたいと思っています。

投稿: イナ | 2016年8月25日 (木) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/67062819

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の湿原・・・2:

« 夏の湿原・・・1 | トップページ | 夏の湿原・・・3 »