« 見上げれば | トップページ | 夏の湿原・・・2 »

2016年8月22日 (月)

夏の湿原・・・1

ヌマトラノオ     沼虎尾     サクラソウ科

Numatoranoo_9701_20160816

やや盛期を過ぎてしまった感がありましたが、ヌマトラノオ。
暑い夏の湿原に静かに咲いていました。

Numatoranoo_9700_20160816

 

Numatoranoo_9707_20160816

ハンゴンソウ     反魂草     キク科

Hangonsou_9696_20160816

遠目に見たときはオミナエシかと思ったのですが、近くまで行くとオミナエシにしては草丈が大きく、女性的な感じがするオミナエシ(女郎花)に比べて荒々しく男性的なイメージでした。
オタカラコウかなとも思ったのですが、葉が違い、良く調べてみるとハンゴンソウでした。
反魂草という和名に頷けます。

Hangonsou_9706_20160816

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 見上げれば | トップページ | 夏の湿原・・・2 »

夏の花」カテゴリの記事

花名 は行」カテゴリの記事

花名 ま行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
オタカラコウは本宮山のくらがり渓谷側から登った時に沢沿いに咲いていました。もう15年くらい前のことですが。本宿からバスでくらがり渓谷まで行き、本宮山を越えて長山駅まで歩き、飯田線に乗って豊川まで帰りました。元気だった頃の懐かしい思い出です。

投稿: ひろろ | 2016年8月22日 (月) 19時49分

ひろろさん、こんばんは。
本宮山のオタカラコウ1昨年まだありましたよ。
くらがり渓谷から本宮山に登り、歩いて麓までですか!
真似できません、もっぱら本宮山スカイラインを使ってしまいます。
9月の半ば過ぎにはエンシュウハグマ、オタカラコウが咲き出して
いる筈です。よかったらご一緒しませんか、もちろん車で・・・(^^ゞ
右メニューの一番下の「メール送信」からメールを入れていただくか、
コメントにメールアドレスを書き込んでいただければ(コメントには
非表示になります)詳細連絡します。

投稿: イナ | 2016年8月22日 (月) 20時42分

ヌマトラノオ、昨年は9月上旬でしたが、もう咲いてるのですね。
新城と言っても広いので、何処なのか解りませんが。(^_^;)
カモメズルの見られる池が、知る所では一番近いです。

投稿: 季楽 | 2016年8月22日 (月) 21時08分

季楽さん、こんばんは。
え~と、これを見たのは、8/16面の木です。
ヌマトラノオは標高の高いところから、だんだん
標高の低いところに下りてくるんですかね?
そろそろ秋の花の登場ですね。忙しくなりますよ。

投稿: イナ | 2016年8月22日 (月) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/67062720

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の湿原・・・1:

« 見上げれば | トップページ | 夏の湿原・・・2 »