« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

梅雨の晴れ間の海の花

所属する写真クラブの7月撮影会の実行委員のため、伊良湖半島に下見に行ってきました。
その折のちょっと気になった花たちです。

普段、足は自然と山の方に向かってしまい(特に、これから夏にかけての蒸し暑い時期にはどうしても涼しい山に向かってしまいます)、海辺の植物はあまり見たことがないのですが、海をバックに生きている植物たち、これから焼けるような暑さの時期には、大変でしょうね・・・
でも、そんなふうに思うのは人間だけかも、彼らにしてみれば、それは至極当たり前の事、「弱音を吐いてちゃ、生きていけないぞ」なんて言われるかもしれないですね。

ハマゴウ     浜栲     クマツヅラ科

Hamagou_9469_20160627

 

コオニユリ     小鬼百合     ユリ科

Kooniyuri_9462_20160627

 

Kooniyuri_9466_20160627

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

ネムノキ

今年は撮るチャンスを逃してしまったかと諦めていた、ネムノキとネジバナに運よく出会う事が出来ました。
ネムノキはちょっと盛期を過ぎた感がありましたが、見られただけでも幸せか。

Nemunoki_9447_20160625

 

Nejibana_9450_20160625

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

カギカズラ・・・自然とは・・・人間とは・・・

カギカズラ     鉤葛     アカネ科

この地域ではあまり目にすることが少ないカギカズラ。
沢山の花の塊がピンポン玉のようで、今年もそろそろかなと思い訪ねてみました。
ところが、今まで有ったところに影も形もなくなって、他の木が植樹されていました。
こぼれた種から新たに芽吹いたものは無いかと、探してみるのだけれど、いくら探してもその姿は見当たらない

Kagikazura_9420_20160621

「ここのカギカズラは絶えてしまったか」と半ばあきらめ、それでもあきらめきれずに、綺麗に刈られた薮の端っこまで行ってみると、なんと!しぶとく残っていました。

Kagikazura_9422_20160621

 

Kagikazura_9428_20160621

 

Kagikazura_9431_20160621

 

Kagikazura_9430_20160621

そして、その薮には切られて間もないと思われる茎(上の画像)や、すでに枯れ朽ちた姿のもの(下の画像)が、「ゴミ」(この言葉は好きではないのですが、その様子からはゴミとしか言いようのない様子で)として打ち捨てられていました。

Kagikazura_9424_20160621

そして、

Kagikazura_9434_20160621

その名のように、鉤状の棘(枝が変化したものということです)を持ち、林業家の方にとっては嫌われ者のようです。

でも、これも自然の姿・・・割り切れない気持ちで帰ろうとしたときに目に入ってきたのが、この看板(上)。

Kagikazura_9444_20160621

そしてこれは、駐車場に入った時に目についていたのだが、人間の「傲慢」ということを思ってしまう。
自然は、「守り育てる」ものなのか、それとも人間が自然に「守り育てられて」いるのか・・・

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

宝石箱をひっくり返して

アジサイ     紫陽花     アジサイ科

アジサイの花もそろそろ終盤になってきているようです。
でも、一つ一つの花を丹念に見てみると、そこにはまた別の世界が広がっています。
一つ一つがそれぞれ違った色合い、表情で、同じものは一つとしてない。
撮っても撮っても、撮り飽きない、何時間でも撮っていられそうな、
そう、まるで個性の宝箱のようでした。

Ajisai_9413_20160621

 

Ajisai_9404_20160621

 

Ajisai_9407_20160621

 

Ajisai_9411_20160621

 

Ajisai_9416_20160621

 

Ajisai_9418_20160621

 

Ajisai_9443_20160621

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

もうすぐ旅立ち

Kaedetane_9438_20160621

イロハモミジだろうと思いますが、その種が旅立ちの時を迎えようとしていました。
種もじっくり成長させ、プロペラもしっかり形作って、良い風が吹いてくれるのを待つだけのようでした。

Kaedetane_9439_20160621

 

Kaedetane_9441_20160621

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

ホタルブクロ

Hotarubukuro_9390_20160615

 

Hotarubukuro_9386_20160615

今までどちらかというと、ヤマホタルブクロの方が馴染みがあったようです。
ホタルブクロとヤマホタルブクロの違いはどこなんだろうと、ちょっと調べてみました。
ポイントは毛深さと、萼片の間にある付属体の有り無しのようです。

Hotarubukuro_tigai

ハンゲショウ     半夏生     ドクダミ科

Hangeshou_9393_20160615

 

Hangeshou_9373_20160615

植物園といえども、こんな草もあるところが嬉しいね。
モネの池の池畔に沢山咲いていました。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

モネの「睡蓮」池

Monesuiren

フランスの画家・クロード・モネが描いた「睡蓮」

Monenosuiren_9369_20160615

フランス・モネガーデンよりスイレンを譲り受けて展示してある、豊橋「のんほいパーク・豊橋総合動植物園」のモネコーナーを訪ねてみました。
この時期は、これといった花も少ないせいか、園内は訪れる人もほとんどなく、気兼ねすることなく撮る事が出来ました。

Suirenike_9376_20160615

 

Suisha_9400c_20160615

何故かモネの池に水車が・・・
フランスと古き日本の情景、全く違和感のないところにちょっと惹かれて

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

風のささやき vol.3

2015年に撮りためた写真集、やっと完成しました。
是非ご覧いただきたくご案内します。
(下の画像部分をクリックしていただくと、ご覧いただけます)


風のささやき
森の中を吹き抜ける心地よい風
水面を渡る爽やかな風
体を縮こめてじっと堪える冬の強風
写真を撮っているとさまざまな風に出会う
風は地球の呼吸のような気がします

風のささやきを感じながら撮った、植物たちの生きる姿を
是非ご覧ください。

Kazenosasayaki3

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »