« しばらくぶりの野の彷徨 | トップページ | コバノミツバツツジ »

2016年3月30日 (水)

ナガバノタチツボスミレ

Nagabanotatitubosumire_9090_2016032

茎葉は長三角形状楕円形をしていて細長いことからナガバタチツボスミレと呼ばれます。
ただし、細長いは夏葉なので、早春の頃は円腎形で基部は深いハート形をしています。
タチツボスミレの仲間ですから、花期が終る5月頃には茎が立ち上がってきて、茎葉も名前のよな三角形の長葉になります。
渥美半島ではよく見かけるが、私の住む豊橋にはない種だそうです。

ナガバノタチツボスミレ     長葉立坪菫     スミレ科

 
 

|

« しばらくぶりの野の彷徨 | トップページ | コバノミツバツツジ »

春の花」カテゴリの記事

花名 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/64657038

この記事へのトラックバック一覧です: ナガバノタチツボスミレ:

« しばらくぶりの野の彷徨 | トップページ | コバノミツバツツジ »