« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

ナガバノタチツボスミレ

Nagabanotatitubosumire_9090_2016032

茎葉は長三角形状楕円形をしていて細長いことからナガバタチツボスミレと呼ばれます。
ただし、細長いは夏葉なので、早春の頃は円腎形で基部は深いハート形をしています。
タチツボスミレの仲間ですから、花期が終る5月頃には茎が立ち上がってきて、茎葉も名前のよな三角形の長葉になります。
渥美半島ではよく見かけるが、私の住む豊橋にはない種だそうです。

ナガバノタチツボスミレ     長葉立坪菫     スミレ科

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

しばらくぶりの野の彷徨

しばらくぶりの野の彷徨。
この1か月の間に野の花たちは、どんどん命の歩みを進めていました。
1年ですべての事を成し遂げなければならない草花たちは、一日として休んではいられないのですね。
これからさらに、野は草花たちの命が満ち溢れた、むせかえるような季節になってきますね。

Sentousou_9110_20160325

 

Sentousou_9109_20160325

 

Sentousou_9106_20160325

 

Sentousou_9114_20160325

 

Sentousou_9115_20160325

セントウソウ     仙洞草     セリ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

「野の花フォトクラブ・撮影会」 シデコブシ

大変長い間更新が滞ておりました、この間ご訪問いただきました皆様には、毎度同じ画像をお見せしてしまって、誠に申し訳ございませんでした。
謹んでお詫び申し上げます。

この日は所属する「野の花フォトクラブの月例撮影会」
伊良湖半島の田原市の、シデコブシを撮りに行ってきました。

約1か月ぶりにカメラに触れ、やっぱり「ブランクが空くと、感も鈍ってダメだなぁ」と、つくづく思い知らされました。
その上、この日は風がとても強く、木の枝のシデコブシもさっぱり居所が定まらず、あっちへふらふら、コッチヘフラフラ、悩まされっぱなしでした・・・
あれもこれもぜ~んぶ言い訳に過ぎないですね・・・はい、解っております。

Sidekobusi_9137_20160325

白い花弁に走る、薄い紫の筋がとても印象的な花でした。

Sidekobusi_9119_20160325

 

Sidekobusi_9123_20160325

 

Sidekobusi_9125_20160325

 

Sidekobusi_9127_20160325

 

Sidekobusi_9093_20160325

綺麗にカールした花弁にとても惹かれたのですが、うまく表現できませんでした。
シデコブシ    四手辛夷    モクレン科
シデコブシは愛知県、岐阜県、三重県の一部の地方にしか自生していない貴重な樹木です。
シデコブシの名前にあるシデ(四手)は玉串のことで、細めの花びらから連想したもので、四手のような花びらのコブシの意味になります。
よく似た仲間にタムシバがありますが、コブシは花の根元に1枚の葉をつけていますのでこれで区別できます。渥美に自生するシデコブシは国の指定した天然記念物です。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

オランダミミナグサ他

オランダミミナグサ     阿蘭陀耳菜草     ナデシコ科

Orandamiminagusa_9070_20160227

姿勢を低くすると、オランダミミナグサの茎の毛が太陽の光を受けて、まだ枯草色が目立つ野にあって一際輝いて見えました。

Orandamiminagusa_9088_20160227

コハコベ     小繁縷     ナデシコ科

Kohakobe_9045_20160227

キュウリグサ     胡瓜草     ムラサキ科

Kyurigusa_9049_20160227

花の直径が5mmにも満たないような、小さな小さなキュウリグサの花。
こんなに小さな花でも、立派に種を作り、次の世代に命を引き継いでいくのかと思うと、自然界のたくましさというものが、じんわり伝わってきます。

ホトケノザ     仏の座     シソ科

Hotokenoza_9072_20160227

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

スイバ

Suiba_9078_20160227

傾きかけた日差しを浴びて、草むらが赤く染まっていました。
冬焼けして赤くなったスイバの葉があっちにも、こっちにも・・・
寒い冬を乗り切ってきた証拠でしょうね。

Suiba_9080_20160227

 

Suiba_9084_20160227

 

Suiba_9085_20160227

スイバ     酸い葉     タデ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

セイヨウタンポポ

Seiyotanpopo_9063_20160227

 

Seiyotanpopo_9075_20160227

 

Seiyotanpopo_9087_20160227

セイヨウタンポポ     西洋蒲公英     キク科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

ミチタネツケバナ

Mititanetukebana_9067_20160227

春の日に、両手を差し上げ無邪気に喜んでいる子供たちのようで、ファインダーを覗いていても、思わず頬がほころんでくるのでした。
春の日差しは、植物たちもやっぱり嬉しいんでしょうね。

Mititanetukebana_9065_20160227

 

Mititanetukebana_9061_20160227

 

Mititanetukebana_9058_20160227

ミチタネツケバナ     道種漬花     アブラナ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

フラサバソウ

Hurasabasou_9039_20160227

毛むくじゃらですね。
この毛は何か意味があっての事でしょうが、何のためなんでしょう?
オオイヌノフグリによく似ているが、こちらは花の大きさ5mm程度とかなり小さい。

Hurasabasou_9038_20160227

 

Hurasabasou_9042_20160227

 

Hurasabasou_9048_20160227

 

Hurasabasou_9051_20160227

フラサバソウ     フラサバ草     ゴマノハグサ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

暖かくなりましたね

Ooinunohuguri_9027_20160227

風が少々きつい日でしたが、陽射しは着実に強くなってきているようです。
オオイヌノフグリもその日差しを逃がすものかと、精一杯花を広げていました。
でも、訪れる虫たちはまだ少ないようでした。

Ooinunohuguri_9029_20160227

 

Ooinunohuguri_9030_20160227

 

Ooinunohuguri_9033_20160227

 

Ooinunohuguri_9053_20160227

 

Ooinunohuguri_9055_20160227

 

Ooinunohuguri_9057_20160227

オオイヌノフグリ     大犬の陰嚢     ゴマノハグサ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »