« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

春の兆し

Kawazuzakura_9018_20160227

花の便りが聞かれるようになってきました。
野草好きの人間にとっては、いよいよ嬉しい季節の到来ですね。
これは野草とは言えないと思いますが、ソメイヨシノなどに比べて一足早く春の到来を告げる桜、河津桜が花を開き始めていました。
この花の色は、寒さに固まっていた体も優しくときほぐしてくれるようですね。

Kawazuzakura_9023_20160227

 

Kawazuzakura_9024_20160227

 

Kawazuzakura_9025_20160227

カワズザクラ     河津桜     バラ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)

春を待つ心

Noibara_9009_20160226

早春の林縁で見つけた多分ノイバラの芽。
生まれたての赤児のように、柔らかく、時折差し込む早春の陽に輝いていた。
春を待つ心は、人間も植物も同じなんだなぁと、思いました。

Noibara_9007_20160226

 

Noibara_9013_20160226

 

Noibara_9014_20160226_2

ノイバラ 野薔薇 バラ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

行きつ戻りつ

Setubunsou_8966_20160222

春は行きつ戻りつ、この日はまた冬の日に逆戻り。
ならばと、この地方では一番遅く咲き出すセツブンソウの自生地を訪ねてみました。
既にこのシーズン最初セツブンソウに出会ってから、1か月以上経っていました、いくらなんでも遅すぎるかなという心配がありました・・・が
此処のセツブンソウは雄蕊の葯もまだ花粉を出していない新鮮なものが多く、とっても良い姿に出会う事が出来ました。

Setubunsou_8974_20160222

 

Setubunsou_8978_20160222

 

Setubunsou_8988_20160222

 

Setubunsou_8991_20160222

 

Setubunsou_8995_20160222

 

Setubunsou_8999_20160222

 

Setubunsou_9002_20160222

セツブンソウ     節分草     キンポウゲ科

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

早春の陽を浴びて・・・2

Ooinunohuguri_8940_20160219

 

Orandamiminagusa_8952_20160219

 

Orandamiminagusa_8954_20160219

 

Suiba_8955_20160219

 

Kohakobe_8957_20160219

 

Kohakobe_8963_20160219


 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

早春の陽を浴びて・・・1

穏やかな早春の昼下がり、
暖かな日差しが降り注ぎ、
厳しい冬を乗り越えた植物たちは、
この日を待ち望んでいたかのように、
元気いっぱいに輝いていた。

Miminagusa_8889_20160219

 

Tatiinunohuguri_8890_20160219

 

Ooinunohuguri_8939_20160219

 

Ooinunohuguri_8943_20160219

 

Kohakobe_8949_20160219

 

Kohakobe_8959_20160219

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

春の妖精ミスミソウ

先回訪問した時には、もう開いていいものかどうか、躊躇い、戸惑い、ちょっと不安げに見えたミスミソウも、今日は暖かな春の陽を体いっぱいに受け止めて、とても元気よく見えた。

Misumisou_8901_20160219

 

Misumisou_8903_20160219

 

Misumisou_8905_20160219

 

Misumisou_8913_20160219

 

Misumisou_8914_20160219

 

Misumisou_8927_20160219

 

Misumisou_8933_20160219

「穢れなき」という言葉がぴったりのミスミソウ
来年もまた、その優しい姿で出迎えて欲しいと祈りつつ、山を後にしました。

ふと、いがりまさしさんの「Spring Voice」の旋律が心をよぎる・・・

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

4度目の正直・・・ミスミソウ咲く

ミスミソウ     三角草     キンポウゲ科

Misumisou_8932_20160219

「3度目の正直」という言葉が有るけれど、4度目にしてやっとミスミソウらしい、ミスミソウに出会う事が出来ました。
「春の妖精」なんて言葉もあるけれど、本当に清楚で優しい春の花、ミスミソウ。
この花に逢うと、もう春なんだなぁとしみじみ思います。

Misumisou_8896_20160219

 

Misumisou_8898_20160219

 

Misumisou_8904_20160219

 

Misumisou_8908_20160219

 

Misumisou_8911_20160219

 

Misumisou_8917_20160219

 

Misumisou_8923_20160219

 

Misumisou_8931_20160219

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

早春の野

早春の野にうらうらと陽がこぼれる。
いいなぁ、春を待ち望むのは人間も植物も同じ。
春の日差しを敏感に感じ取って、植物たちの背丈も急に伸び、緑も日増しに濃くなっていく。
カレンダーを頼りにして季節を思う人間も、植物たちを見習って、日差しの強さや、空気の暖かさをもっと素直に感じ取る心を取り戻さなければと思う。

Himeodorikosou_8872_20160219

 

Hotokenoza_8868_20160219

 

Himeodorikosou_8875_20160219

 

Karasunoendou_8878_20160219

 

Hotokenoza_8883_20160219

 

Himeodorikosou_8886_20160219

 

Tatiinunohuguri_8894_20160219

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

紺碧の空と白梅

梅の花が一気に咲き出した。
素晴らしい快晴だったので、青空をバックに白い梅の花を際立たせてみた。
マンサクが咲き、ウメが咲き、春はもう遠くないところまで来ているようです。

Ume_8867_20160218

 

Ume_8850_20160218

 

Ume_8854_20160218

 

Ume_8858_20160218

 

Ume_8859_20160218

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

マンサクの花が咲き出した

マンサク     満作     マンサク科

マンサクの花が咲き出した。
マンサクは日本に自生し、和名の由来は山で最初に咲くので「まず咲く」ことから転じたとされている。
花をよく見ると「これが花??」というくらい不思議な姿形をしている。
中国原産のシナマンサクは花がマンサクより大きく、マンサクに較べ花の咲く時期が早い。

Mansaku_8849_20160218

 

Mansaku_8809_20160218

 

Mansaku_8815_20160218

 

Mansaku_8821_20160218

 

Mansaku_8827_20160218

 

Mansaku_8834_20160218

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

まだ覚めやらぬミスミソウ

ミスミソウ     三角草     キンポウゲ科

Misumisou_8799_20160215

前回訪問から1週間がたち、そろそろお目覚めの頃かと、再訪してみましたが、この日は寒波襲来、冬に逆戻りの天候とあって、気温も上がらず半開きの花がほとんどで、少々期待外れでした。
花の数は前回訪問時より増えているようですが、期待の大株は、花茎も見当たらずこのシーズンは花を付けるのかどうか・・・

Misumisou_8783_20160215

 

Misumisou_8784_20160215

 

Misumisou_8789_20160215

 

Misumisou_8791_20160215

 

Misumisou_8795_20160215

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

地味な花

イワタカンアオイ     磐田寒葵     ウマノスズクサ科

カンアオイは生育する場所によって特徴が少しづつ違い、細かく分かれているようです。
詳細についてはまるで分からない私です。
この地域に咲くのは、イワタカンアオイが殆んどということなので、イワタカンアオイとしましたが、違っているかもしれません。
地面に積もった落ち葉の下に隠れるようにして咲く、本当に地味な花ですね。

Iwatakanaoi_8781_20160215

 

Iwatakanaoi_8804_20160215

花ではありませんけど、↓ちょっと面白いもの

Sarunokosikake_8806_20160215

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

春の予感

ヒメオドリコソウ     姫踊り子草     シソ科

Himeodorikosou_8746_20160208

陽だまりの草むらに、冬とは思えぬ陽が差し込んで、ほっこり。
春はもうすぐそこまで・・・

Himeodorikosou_8747_20160208

 

Himeodorikosou_8750_20160208

 

Himeodorikosou_8777_20160208

ヤエムグラ     八重葎     アカネ科

Yaemugura_8780_20160208

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

思案顔

ミスミソウ     三角草     キンポウゲ科

Misumisou_8761_20160208

起きようかな、でも寒い、やっぱりもうちょっと寝とこう・・・・
まるで誰かの朝の姿を見る思いでした。
今シーズン初めて出会えたミスミソウ

Misumisou_8757_20160208

 

Misumisou_8763_20160208

 

Misumisou_8765_20160208

 

Misumisou_8767_20160208

 

Misumisou_8771_20160208

こんな株に花が咲き出したら、さぞや見ごたえのある光景になることでしょう。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

野の花フォトクラブ作品展

植物写真家・いがりまさし先生のご指導をいただいている写真クラブ「野の花フォトクラブ」の作品展が、
2月5日より14日まで開催されます。
クラブ員一同、大勢の皆さま方のご高覧をお待ちしています。

2016hyomen 2016atenamen

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »