« 古えを偲ぶ | トップページ | 我に光を »

2016年1月25日 (月)

修行者の想い

先日山中を走る道路沿いに、心惹かれる滝を見つけた。
決して、ほとばしるような水量があるわけもなく、際立って落差があるわけでもないのですが、なにか惹きつけられるものがあり、心に残っていたので撮影に行ってきました。
正式な滝の名は分かりませんが、滝の下流にかかる橋が「穴滝橋」となっていたので、勝手に”穴滝”と命名してしまいました。
滝の中段がぽっかり抉れていて、小さな祠が安置されていました。

Anataki_8696_20160120

 

Anataki_8667_20160120

 

Anataki_8672_20160120

 

Anataki_8681_20160120

 

Anataki_8684_20160120

 

Anataki_8686_20160120

「昔、この地に立ち寄った修行者がこの滝の穴にこもり修行をした、という伝説が語り継がれている」(・・・これは、もちろん私の勝手な空想です)、しかしこのような空想が現実味を帯びて迫ってくるような、不思議な雰囲気の場所でした。

Anataki_8689_20160120

 

Anataki_8697_20160120

いざ撮った画像を見てみると、厳かであり、どことなく神秘的に感じ、スケールの大きな印象が全く表現できていなくて、至極平凡な沢の感じでしかなく、自分の表現力の未熟さをつくづく思い知らされる結果となりました。

だったら、「そんなもの載せるな」と、お叱りの言葉をいただきそうですが、この悔しさをバネに納得のいく写真を撮れるよう精進したいと思います。
(だから写真は面白いのかも)

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 古えを偲ぶ | トップページ | 我に光を »

その他」カテゴリの記事

コメント

イナさんおはようございます。
いやいやご謙遜。
1枚目結構臨場感伝わりますよ。
水量が少ないせいかつららがこれ以上伸びないんでしょうかね。
でもいいとこ発見しましたね。
昨日の石仏といい案外知らない所あるんですね。

投稿: N | 2016年1月25日 (月) 08時25分

Nさん、おはようございます。
Nさんにそう言っていただけると、救われます。

昨日の場所、本日の場所、どちらも仕事の途中で
見つけたものです。申し訳ないような気持ちですね。
他にもちょっと発見! これは時期が来たら確認です。
自分の眼つき、顔つきが、おかしくなっていないか心配です。

投稿: イナ | 2016年1月25日 (月) 09時38分

この滝、見た事が有るような無いような・・・。
穴滝橋、さてどこでしょうね?
これくらいの水量ですと、本来もっと氷柱が発達すると思います。
やはり暖冬のせいでしょう。
ここのところの寒波で、長くなってるかも知れませんね。

投稿: 季楽 | 2016年1月25日 (月) 23時47分

季楽さんなら、多分見たことがあるでしょうね。
仏坂トンネルを越して神田の田代という集落に
入る少し手前です。
ツララが長くなっているかもなんて聞くと
また行ってみなくてはなんて、思ってしまいますよ。

投稿: イナ | 2016年1月26日 (火) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/63575187

この記事へのトラックバック一覧です: 修行者の想い:

« 古えを偲ぶ | トップページ | 我に光を »