« 葉の裏に隠れるように | トップページ | 秋の高原(2) »

2015年9月30日 (水)

秋の高原(1)

アケボノソウ     曙草     リンドウ科

Akebonosou_6380_20150922

花びらの黒点と黄色の点が特徴のアケボノソウ。
黄色の二つの点は蜜腺で、この日も蟻が蜜をなめに来ていた。
花にしてみれば、蜜をなめに来た昆虫の体に花粉をつけるため近くに配した雄蕊の花粉も、蟻では体が小さすぎてくっつかないようだ、これでは蜜泥棒ですね。

アケボノソウはこれまで、鹿の好まない植物として食害にはあまり遭っていないようでしたが、最近ではアケボノソウまでも鹿の食物として、食べられているようです。
それだけ山に、鹿の食物となる草や木の実がなくなってきてしまって、深刻な状況になってきていることの証しだと思います。
事実撮影した付近のアケボノソウの殆んどが、てっぺんや枝先が無くなっていて、おそらく鹿に食べられたものではないかと考えられます。

Akebonosou_6382_20150922

サワギキョウ     沢桔梗     キキョウ科

Sawagikyou_6384_20150922

やや盛期を過ぎた感はあるものの、湿地にまだサワギキョウが咲いていた。

キノコ

Kinoko_6358_20150922

秋はキノコの季節でもありますね、ちょっと気になったキノコたち。

Kinoko_6360_20150922

撮ってる後ろで「おいしそぉ~」って声が聞こえたような・・・

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 葉の裏に隠れるように | トップページ | 秋の高原(2) »

秋の花」カテゴリの記事

コメント

ツリフネソウと言いアケボノソウと言い、秋ですね。
鹿が、今まで食べなかったものまで食べ出しましたか。
相当な食糧難なのか、それとも鹿の個体数が増え過ぎているのか?
両方と言う事も有りますね。
放置された植林を見れば、原因は明らかですかね。(>_<)

投稿: 季楽 | 2015年9月30日 (水) 22時58分

季楽さん、おはようございます。
秋ですね、今年は夏が暑くて、順調に涼しくなり
台風の大風が無ければ、紅葉が期待できますね。
鹿の件につきましては、おそらく両方の事が
絡んでいるのでしょうね。その両方ともに「人」
が絡んだことと思うと、複雑な思いです。

投稿: イナ | 2015年10月 1日 (木) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/61736437

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の高原(1):

« 葉の裏に隠れるように | トップページ | 秋の高原(2) »