« 八方尾根・花便り 3 | トップページ | 古木を訪ねて 5 清田の大楠 »

2015年7月29日 (水)

八方尾根・花便り 4 最終章

Kurumayuri_5875_20150722

クルマユリ    車百合    ユリ科
雨に打たれて滴が付いて、とても素敵なクルマユリでした。

Tateyama_utubogusa_5865_20150722

タテヤマウツボグサ    立山靫草    シソ科
平地のウツボグサと比べて紫色が鮮やかで、花穂が短いような感じでした。

Waremokou_5866_20150722

ワレモコウ    吾木香    バラ科
ワレモコウがもうこんなに咲いているんですね。
ピンクはシモツケソウ。

Miyama_iwanigana_5867_20150722

ハナニガナ    花苦菜    キク科

Ibuki_jyakousou_5868_20150722

イブキジャコウソウ    伊吹麝香草    シソ科
イブキジャコウソウもあちらこちらに沢山咲いていました。

Hosobatumekusa_5869_20150722

ホソバツメクサ    細葉爪草    ナデシコ科

Kumoma_miminagusa_5870_20150722

クモマミミナグサ    雲間耳菜草    ナデシコ科

Waremokou_5871_20150722

ワレモコウ    吾木香    バラ科
この頃はすっかり雨模様、レインスーツを着て傘差しての撮影でした。

Ko_iwakagami_5873_20150722

イワカガミ(コイワカガミ?)    岩鏡      イワウメ科 と
チングルマ              稚児車    バラ科

Ibuki_jyakousou_5878_20150722

イブキジャコウソウ    伊吹麝香草    シソ科

Kugaisou_5881_20150722

クガイソウ    九階草 九蓋草    ゴマノハグサ科
尾根では撮ることができず、リフトを降りてから駐車場の脇(スキーシーズンはゲレンデのようでした)で最後に撮影したクガイソウ
八方尾根・花便り ご覧頂ありがとうございます。
八方尾根の涼しい空気を少しでもお届けできましたでしょうか?

「八方よいとこ、一度はおいで・・・・」なんて歌は無いですが、野草好きの方なら、たまらない場所です。
帰宅後、整理したら予想外に見た花の種類が多かったのにびっくりしました。
見たのに撮りそびれた花、見たくても見られなかった花もまだまだ沢山あります。
今回確認できた花のリストを下記に記しておきますので、参考にしていただければ幸いです。


  No.

     名     前

  漢    字

  科   名

  1 アマニュウ 甘にゅう セリ科
  2 イブキジャコウソウ 伊吹麝香草 シソ科
  3 ウラジロヨウラク 裏白瓔珞 ツツジ科
  4 エゾシオガマ 蝦夷塩がま ゴマノハグサ科
  5 オオイタドリ 大虎杖 タデ科
  6 オオバセンキュウ 大葉川きゅう セリ科
  7 カライトソウ 唐糸草 バラ科
  8  キバナノカワラマツバ 黄花河原松葉 アカネ科
  9 クガイソウ 九階草 九蓋草 ゴマノハグサ科
  10 クモマミミナグサ 雲間耳菜草 ナデシコ科
  11 クルマユリ 車百合 ユリ科
  12 イワカガミ 岩鏡 イワウメ科
  13 シシウド 猪独活 セリ科
  14 シナノオトギリ 信濃弟切 オトギリソウ科
  15 シモツケソウ 下野草 バラ科
  16 シロバナハナニガナ 白花花苦菜 キク科
  17 タカネアオヤギソウ 高嶺青柳草 ユリ科
  18 タカネマツムシソウ 高嶺松虫草 マツムシソウ科
  19 タテヤマウツボグサ 立山靫草 シソ科
  20 チングルマ 稚児車 バラ科
  21 ハクサンシャジン 白山沙参 キキョウ科
  22 ハクサンタイゲキ 白山大戟 トウダイグサ科
  23 ハクサンチドリ 白山千鳥 ラン科
  24 ハッポウウスユキソウ 八方薄雪草 キク科
  25 ハッポウタカネセンブリ 八方高嶺千振 リンドウ科
  26 ホソバツメクサ 細葉爪草 ナデシコ科
  27 ハナニガナ 花苦菜 キク科
  28 ミヤマコゴメグサ 深山小米草 ゴマノハグサ科
  29 ミヤマダイモンジソウ 深山大文字草 ユキノシタ科
  30 ミヤマトウキ 深山当帰 セリ科
  31 ムシトリスミレ 虫取菫 タヌキモ科
  32 ヨツバシオガマ 四葉塩ガマ ゴマノハグサ科
  33 ワレモコウ 吾木香 バラ科
 

見たけど撮影できなかった花

   
  34 イワイチョウ 岩銀杏 ミツガシワ科
  35 ウメバチソウ 梅鉢草 ユキノシタ科
  36 オオコメツツジ 大米躑躅 ツツジ科
  37 オオバギボウシ 大葉擬宝珠 ユリ科
  38 オヤマソバ 御山蕎麦 タデ科
  39 カラマツソウ 唐松草 キンポウゲ科
  40 コバイケイソウ 小梅恵草 ユリ科
  41 ショウジョウバカマ 猩々袴 ユリ科
  42 タカネナデシコ 高嶺撫子 ナデシコ科
  43 タテヤマリンドウ 立山竜胆 リンドウ科
  44 トキソウ 朱鷺草 ラン科
  45 ニッコウキスゲ 日光黄萓 ユリ科
  46 ヤマホタルブクロ 山火垂袋 キキョウ科
  47 ミヤマアズマギク 深山東菊 キク科
  48 ミヤマママコナ 深山飯子菜 ゴマノハグサ科
  49 ミヤマムラサキ 深山紫 ムラサキ科
  50 ヤナギラン 柳蘭 アカバナ科
  51 ヤマブキショウマ 山吹升麻 バラ科
  52 ユキワリソウ 雪割草 サクラソウ科
・・・八方尾根・花便り終わり

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 八方尾根・花便り 3 | トップページ | 古木を訪ねて 5 清田の大楠 »

八方尾根」カテゴリの記事

コメント

最初は晴れていたのに、降られてしまいましたか。
やはり「山の天気は変わり易い」のようで。
それにしても、凄い数の花が見られたのですね。
こちらでは見られない花、既に終わっている花も。
涼しさ十分に堪能させて頂きました。(^_^)v

投稿: 季楽 | 2015年7月29日 (水) 23時34分

季楽さん、こんにちは、山の涼しい空気をお届けできたとは
嬉しいです。
夏の時期の八方尾根は初めて行ったのですが、本当に素晴らしい
ところでした。時間がいくら有っても足りそうに無かったです。
後半お天気が崩れてしまいましたが、晴れていては見られなかった
だろうシーンにも出会えましたから、満足です。

投稿: イナ | 2015年7月30日 (木) 11時21分

沢山の花に会えて良い山行きでしたね。
撮影できた花見れた花のリストまで作られるなんて脱帽です。
こうして拝見すると種類の多さに驚かされます。

投稿: 森カフェ | 2015年7月31日 (金) 00時35分

森カフェさん、こんにちは。
森カフェさんの庭の木陰でハンモックに寝転んで
涼しい風に吹かれたいです。毎日暑さに閉口です。
いったいどのくらいの花を見れたのか、整理してみて
自分でもびっくり、予想外に多かったです。
まだまだ見逃してしまった花も沢山有ることでしょう。
1日では時間が足りませんでした (^^ゞ

投稿: イナ | 2015年8月 1日 (土) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/60900749

この記事へのトラックバック一覧です: 八方尾根・花便り 4 最終章:

« 八方尾根・花便り 3 | トップページ | 古木を訪ねて 5 清田の大楠 »