« 古木を訪ねて 3 | トップページ | 慈廣寺のハス »

2015年7月 5日 (日)

古木を訪ねて 3-2

御津神社

Mitojinjya_5478_20150628

御津神社の本殿には、何故か惹き付けられるものがありました。
全国的に名が売れた有名神社でもなんでもない、地元の人たちだけの神社であると思われるが、とてもスケールのおきなものを感じました。
そして、よく手入れされた境内は、氏子の人たちのこの神社に寄せる気持ちを語っているようでした。
建築のことはズブの素人ですが、日本建築の魅力の一つに左右対称、シンメトリックな構成に有るのではないかと思います。
それが、どっしりと落ち着いた雰囲気を醸し出しているのではないだろうか。

多分お祭りのときなどに幟を立てる棹を固定するためだろうと思われる石(なんというのか名前が分からない)に、嘉永六年という文字が刻まれていた、相当古い寄進だろう。

Mitojinjya_5481c_20150628

 

Mitojinjya_5484c_20150628

 

Mitojinjya_5487c_20150628

 

Mitojinjya_5493_20150628

扉に張られた絵に「昭和」を感じながら・・・

Mitojinjya_5494_20150628

 

Mitojinjya_5520_20150628

神社の境内で見つけたこれは何?
今まで見たことの無い不思議なものでした。
今は水は無いけれど、池のように一段掘り下げた中に船のような形をした石積みがありました。
おそらく、漁の安全を祈願して作られたものではないかと思いますが、探しても説明の看板も何も無かったので、真相は分かりません。
でも、ちょっと気になるものでした。

Mitojinjya_sudajii_5475_20150628

本題のクスノキを探して社の裏側まで迷い込んだ挙句に見つけたスダジイの老木。
薮蚊の猛攻にさらされながら・・・

※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 古木を訪ねて 3 | トップページ | 慈廣寺のハス »

巨木」カテゴリの記事

コメント

「巨木を訪ねて」続きますね。
確かそちらの市には「市内巨木百選」が出ているはずです。
NETで見られますし、木の所に行くと説明板が設置されています。
自転車でこちらの市内の巨木巡りをした事が有りますが、60km以上走りました。
楠や杉は巨木になりますが、巨木と古木はイコールではなく、木の種類によって大きさが違いますね。
小さくても古木が結構有りました。

投稿: 季楽 | 2015年7月 5日 (日) 23時54分

季楽さん、おはようございます。
とよはしの巨木・名木 100選
たはらの巨木・名木 100選
は手に入れ参考にさせてもらっています。
豊川市でも同じようなものを出しているのでしょうか?
上記とは別に「東三河を歩こう」というサイトの中の
東三河の名木・巨木というのを教えてもらい、これからも
訪ねるところがいっぱい有るなぁと、楽しんでいるところです。
大きな木、古い木の前に立つと、自分の小ささを知らされると
ともに、なにか元気をもらえるような気分になります。

投稿: イナ | 2015年7月 6日 (月) 11時09分

巨木百選、やはり参考にされてましたか。
こちらは市としては出していないようです。
愛知の巨木や名木をNetで探し、市内の主だったのを巡りました。
殆ど人目に付かない山の中にも有り、そんな所に説明板が有ったのには驚きました。

投稿: 季楽 | 2015年7月 6日 (月) 23時53分

季楽さん、こんにちは。
豊川市では出していないのですね、でも結構
いろいろ有るようで、当分楽しめます。
花の少ない時期にも退屈しない楽しみが出来ました。
誰かさんのように自転車で1日60Kも走る根性はありませんが・・・(^^ゞ

投稿: イナ | 2015年7月 7日 (火) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/60577075

この記事へのトラックバック一覧です: 古木を訪ねて 3-2:

« 古木を訪ねて 3 | トップページ | 慈廣寺のハス »