« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

アジサイ

アジサイ     紫陽花     ユキノシタ科

Ajisai_4814_20150524_2

そろそろアジサイの季節になってきました。
ということは梅雨のシーズンももう近いということですね。
そぼ降る雨に濡れるアジサイというのが、この花には一番お似合いだとは思うのですが、この日は上天気。
それでも咲き始めたばかりの花はとても綺麗で、しっかり楽しませてもらいました。

アジサイは萼紫陽花を品種改良したものだそうですが、花の色がとても変化に富んでいて、また微妙な色合いで、撮っても撮っても撮り飽きない。ついつい枚数も多くなってしまいました。

撮影:2015年5月24日 豊橋市

Ajisai_4815_20150524

 

Ajisai_4816_20150524

 

Ajisai_4822_20150524

 

Ajisai_4828_20150524

 

Ajisai_4833_20150524

ガクアジサイ     萼紫陽花     ユキノシタ科

Gaku_ajisai_4865_20150524

ガクアジサイ、と言ってもこちらも品種改良されたものでしょうね。

Gaku_ajisai_4864_20150524

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月30日 (土)

鶴が舞う

マイヅルソウ     舞鶴草     ユリ科

Maidurusou_4790_20150521

舞鶴草なんて、なんと良い名前をつけられたことか。
この花を見て、鶴が舞っている姿を思い浮かべた人は、きっと心の優しい人なんだろうなと思う。

撮影:2015年5月21日 長野県

Maidurusou_4787_20150521

 

Maidurusou_4781_20150521

 

Maidurusou_4809_20150521

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

ヒメレンゲ

ヒメレンゲ     姫蓮華     ベンケイソウ科

Himerenge_4748_20150521
撮影:2015年5月21日 長野県

コケイラン     小蕙蘭     ラン科

Kokeiran_4772_20150521

 

Kokeiran_4774_20150521

ベニバナイチヤクソウ    紅花一薬草    イチヤクソウ科

Benibanaitiyakusou_4779_20150521

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

焦れて・・・

ヤマシャクヤク     山芍薬     ボタン科

Yamashakuyaku_4734c_20150521

おそらく、花開いて3日は良い状態を保つことが出来ないのではないかと思うヤマシャクヤク。
(もっとも、そういう風に考えるのは人間の勝手、彼らにとっては花開くのは種を作るための過程の中のほんの一瞬の状態、虫を呼び寄せることが出来れば、それで花の役割は十分ということなのだろうけれど・・・
人間というのは、まったく自分勝手なことばかり考える奴だと言われているような気がしないでもない)

花の命が短いだけに、焦れる気持ちもより一層深まるのだろうね。

撮影:2015年5月21日日 長野県

Yamashakuyaku_4735_20150521

 

Yamashakuyaku_4742_20150521

 

Yamashakuyaku_4726_20150521

 

Yamashakuyaku_4750_20150521

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

スミレは分かりません

スミレサイシン?     菫細辛     スミレ科

Sumiresaisin_4710_20150516

撮影したときには同定できなかったけれど、帰ってから調べてみて、「スミレサイシン」ではないかと思います。
スミレの種類については、まったく弱いので間違っているかもしれません。

撮影:2015年5月18日 石川県白山市

Sumiresaisin_4712_20150516

スミレ     菫     スミレ科

Sumire_4513_20150516

こちらはスミレで間違いないと思うのですが、?付きです。
これは上とは別の場所です。

※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

ホクリクネコノメソウ?

ホクリクネコノメソウ?    北陸猫の目 草    ユキノシタ科

Hokurikunekonome_4714_20150516

残雪がまだ残る沢筋によく目立つ黄色の花が・・・ニッコウネコノメソウかと思ったけれど、場所が日本海側だけに、おそらくホクリクネコノメソウではないかと思います・・・確証はありません。
間違っていましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。

撮影:2015年5月18日 石川県白山市

Hokurikunekonome_4720_20150516

 

Hokurikunekonome_4709_20150516

 

Hokurikunekonome_4704_20150516

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

ピンクの・・・

コミヤマカタバミ     小深山酢漿草     カタバミ科

Komiyamakatabami_4717_20150516

一度見たかったピンクのコミヤマカタバミに出会えました。
撮影:2015年5月18日 石川県白山市

Komiyamakatabami_4723_20150516

 

Komiyamakatabami_4707_20150516

 

Komiyamakatabami_4708_20150516

 

Komiyamakatabami_4702_20150516

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

ニリンソウ

ニリンソウ     二輪草     キンポウゲ科

Nirinsou_4698_20150516

国道を走っていて、民家の敷地の土手に白い花がいっぱい咲いているのが目に留まり、車を止めてみてみるとニリンソウでした。
よく見てみると、ここのニリンソウは、花が3個付いたものが多い。
土地の人にとっては珍しい花でもなんでもなく、気にも留めていないような感じでした。
この旅の途中庄川でも、道路の土手いっぱいに咲くニリンソウを目にした。
ニリンソウに限らず一昔前までは、野草たちは私達の身近で、今よりもっとのびのびと元気に育っていたことだろう・・・それを壊してしまったのは、すべて人間のせいだろうと思う。

撮影:2015年5月18日 石川県白山市

Nirinsou_4696_20150516

 

Nirinsou_4697_20150516

 

Nirinsou_4700_20150516

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

まぶしい緑

Sinryoku_4520_20150516

このあたりでは今が芽吹きのとき。
体全体にしみこんでくるような、やわらかな緑がとても心地よかった。
撮影:2015年5月18日 石川県白山市

Sinryoku_4524_20150516

エゾユズリハ     蝦夷譲り葉     ユズリハ科

Shakunage_4515_20150516

白山の山々が一望できるとっても景観の良い山頂にエゾユズリハが・・・。
花には少し早かったけれど、新芽がとても綺麗でした。

ユリワサビ     百合山葵     アブラナ科

Yuriwasabi_4531_20150516

コチャルメルソウ     小哨吶草     ユキノシタ科

Kotyarumeru_4533_20150516

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

キクザキイチゲ

キクザキイチゲ     菊咲一華     キンポウゲ科

Kikuzakiitige_4528_20150516

今シーズンは見られずに終わってしまったかと諦めていた、キクザキイチゲに出会うことが出来ました。
それも白、薄いブルー、紫とさまざまな色のキクザキイチゲに!
撮影した場所は石川県と福井県の県境に近い、冬は雪深い地のようで、まだ雪解け間もないのではと思えるような場所。
国道のすぐ脇の場所でも日陰になる渓筋には、まだ雪が残っていました。

雪解けを待ちかねていたように、一斉に花開く春の野草たち。
キクザキイチゲをはじめ、ニリンソウ、ザゼンソウ、エンレイソウ、ホクリクネコノメソウ、コチャルメルソウそしてスミレサイシンなどなど・・・
おまけは雪の上に横たわった木の上で日向ぼっこ中のアオダイショウ?これにはびっくりしました!気持ち良く日向ぼっこのところ驚かせてゴメン。

撮影:2015年5月18日 石川県白山市

Kikuzakiitige_4538_20150516

 

Kikuzakiitige_4542_20150516

 

Kikuzakiitige_4701_20150516

 

Kikuzakiitige_4705_20150516

 

Kikuzakiitige_4713_20150516

 

Kikuzakiitige_4715_20150516

 

Kikuzakiitige_4721_20150516

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

ひるがの湿原植物園・・・2

リュウキンカ    立金花    キンポウゲ科

Ryuukinka_4504_20150516

 

Ryuukinka_4506_20150516

 

Ryuukinka_4510_20150516

マイヅルソウ     舞鶴草     ユリ科

Maidurusou_4481_20150516

 

Maidurusou_4483_20150516


 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

ひるがの湿原植物園・・・1

フキ      蕗      キク科

Huki_4498_20150516

娘夫婦と孫の顔を見に北陸までの旅の途中、ひるがの高原湿原植物園に立ち寄ってみました。
花の時期としてはちょうど端境期にあたり種類は少なかった、もう少し早ければミズバショウ、もう少し遅ければワタスゲの綿毛が見られそうでした。
今までスキーシーズンの混みあった「ひるがの」しか知らなかったけれど、静かで気持ちの良い高原でした。
この植物園は、開発により失われつつある、この地の植物たちを後の世まで残そうという趣旨で設立されたようです。

近くにはまだフキノトウと呼んでも良いような状態のものも目に付く中で、既に種を旅出させる準備の出来た、フキの痩果に目を惹かれた。
芽を出し、花を咲かせ、種を作り、植物たちの生きるサイクルは一時も休むことなく、私たちが考えているよりうんと速いスピードで進んでいるのだなぁと思わせられる情景でした。

Huki_4487_20150516

 

Huki_4488_20150516

 

Huki_4495_20150516

 

Huki_4496_20150516

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

ハハコグサ

ハハコグサ     母子草     キク科

Hahakogusa_4461c_20150510

春の七草の1つで古くはホオコグサ又はオギョウ(御形)ともいわれた。

Hahakogusa_4462c_20150510

 

Hahakogusa_4468c_20150510

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

デンドロビュウム

デンドロビュウム(セッコク)     石斛     ラン科

Dendrobium_4447_20150509

お隣の庭に咲いているのを撮らせていただきました。
自生種のセッコクではなく、デンドロビュウムと呼ばれている園芸種のような気がします。
さすが、ラン科の花だけあって、とても華やかな雰囲気です。
子供の頃住んでいた地方では、岩場に咲くのがセッコク、木に咲くのはモッコクと教えられたのを思い出しました。

Dendrobium_4445_20150509

 

Dendrobium_4453_20150509

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

ユウゲショウ

ユウゲショウ    夕化粧    アカバナ科

Akabanayuugeshou_4402_20150507

夕化粧なんて随分と艶やかな名前をつけられたものだ。
元は観賞用として輸入されたようだが、いまや道端のどこにでも見られる植物。
夕方になると花が開くというのが名前の由来のようだが、昼間から咲いている。

Akabanayuugeshou_4413_20150507

オカタツナミソウ     丘立浪草     シソ科

Okatatunamisou_4439_20150507

 

Okatatunamisou_4444_20150507

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

アメリカフウロ

アメリカフウロ     亜米利加風露     フウロソウ科

Amerikahuuro_4423_20150507

道端のどこにでも咲いているであろう、いわば雑草と呼ばれる類の花であるけれど、よく見てみればとても美しい。
逆光に浮かび上がるその姿には、ため息すら出てしまう。

Amerikahuuro_4422_20150507

 

Amerikahuuro_4430_20150507

ニワゼキショウ     庭石菖     アヤメ科

Niwazekishou_4406_20150507

 

Niwazekishou_4409_20150507

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

チゴユリ

チゴユリ     稚児百合     ユリ科

Tigoyuri_4387_20150505

うつむき加減にうなだれて咲くチゴユリ。
訪れた時刻が夕闇迫る頃だったので、より一層寂しげに思えたのかもしれない。

Tigoyuri_4383_20150505

 

Tigoyuri_4386_20150505

ニリンソウ     二輪草     キンポウゲ

Nirinsou_4318_20150505

ニョイスミレ     如意菫     スミレ科

Nyoisumire_4399_20150505

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

ワチガイソウ

ワチガイソウ     輪違草     ナデシコ科

Watigaisou_4331_20150505

 

Watigaisou_4334_20150505

 

Watigaisou_4336_20150505

ヤマエンゴサク     山延胡索     ケマンソウ科

Yamaengosaku__4354_20150505

 

Yamaengosaku__4381_20150505


 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

タチカメバソウ

タチカメバソウ     立亀葉草     ムラサキ科

Tatikamebasou_4358_20150505

 

Tatikamebasou_4363_20150505

 

Tatikamebasou_4365_20150505

葉の形が亀の甲羅に似ているから、亀葉草だそうだが、あまり似ているとは思えないのですけど・・・
花はどこかで見たような・・・キュウリグサやヤマルリソウと同じムラサキ科の花です。

Tatikamebasou_4367_20150505

今までここには何度か足を運んでいるけれど、こんなに沢山のタチカメバソウが咲いているのは、初めて見た。

Tatikamebasou_4373_20150505

※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

ムラサキエンレイソウ

ムラサキエンレイソウ     紫延齢草     ユリ科

Murasakieneisou_4361_20150505

紫色に見えるのが内花被片、グリーンに見えるのは、萼片で外花被片と呼ばれる。
葉は3枚で、花と葉の大きさがちょっとアンバランス。
シロバナエンレイソウ(別名ミヤマエンレイソウ)の変種の位置づけになる。

Murasakieneisou_4368_20150505

 

Murasakieneisou_4352_20150505

白い小さな点々は、タチカメバソウ。
タチカメバソウを従えた女王様の雰囲気で、すっくと立っていました。

何年ぶりのことだろう

Kazaguruma_4431_20150507

何年ぶりのことだろう、この花に出会ったのは。
花びらのように見える萼片の先が尖るはずなのに、丸くなっている、ここがちょっと気になるが間違いは無いと思う。
汚れを知らぬ純白の姿で、隠れるように咲いていた。
他にもないかと探してみたが、見つけられたのはこの一輪だけでした。
(ムラサキエンレイソウとはまったく別の場所での出会いです)

 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

ホソバノアマナ

ホソバノアマナ     細葉甘菜     ユリ科

Hosobanoamana_4346_20150505

とても繊細なイメージのホソバノアマナ。
今年もホソバノアマナに出会うことができました。それもとびっきり綺麗な状態で。

Hosobanoamana_4338_20150505

 

Hosobanoamana_4341_20150505

 

Hosobanoamana_4343_20150505

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

太古の森

Sida_5050173_20150505

大地は苔に覆われ、岩が転がり、一面にシダが繁茂した一画。
太古の昔は地球はこんな姿ではなかっただろうかと思わせる。
ちょうど、傾きかけた陽が差し込み、その光を受けてシダが光り輝いていました。

ヤマウツボ     山靫     ゴマノハグサ科

ちょっとグロテスクで、そして愛嬌のあるヤマウツボ。
木の根に寄生する、寄生植物。

Yamautubo_4370_20150505

 

Yamautubo_4371_20150505

春なのに・・・

Koboku_4350_20150505_2

今は春なのに、こんな紅葉した葉を見つけてしまいました。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

風のささやき vol.2

風のささやき vol.2 が、完成しました。
ご訪問を心よりお待ちしています。

下記をクリックしてご覧ください。
「風のささやき vol.2」

Kazenosasayaki_v2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

こんなところに、こんなものが!!

自宅前のお宮の境内のクスノキやモチノキなどの常緑樹の葉が、今生え変わりの時期。掃いても履いてもすぐに落ち葉だらけ・・・
肥料もやらず、世話する人ももおらず、けれども毎年、毎年大量の新しい葉をつけ、古い葉を落とし・・・自然界の循環の力の大きさ、植物の生きる力の大きさに、ただただ感心する毎日です。
今朝も落ち葉を掃いて、お宮の土地に戻して、ふと足元を見ると、なんだ!これは、見慣れぬものが・・・
じっくり見てみると、「ギンラン」ではないか!
こんなところに、こんなものがあってよいものか?! でも、じっくり見直してみても、やっぱりギンランに間違いは無い。
そういえば去年は、とんでもないところで「キンラン」出会ったことがあったことを思い出す。
ギンランは多年草だそうだから、今までも毎年ここで花を咲かせていたのだろうか?
来年もここで、こうして咲いてくれるのだろうか?

こんなにも身近で、こんな花に出会えるとは、ちょっと嬉しい朝でした。

ギンラン    銀蘭     ラン

Ginran_4302_20150501

 

Ginran_4304_20150501

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

この木なんの木?

Humei_4241_20150425

どこかで見たような気もするのですが、名前がさっぱり分かりません、ご存知の方教えていただければ嬉しいです。
葉の根元の脇に付いたひげの生えた丸っこいものは、花なのか実なのか?はたまた別のものなのか?不思議なものを見る気分でした。新城市の大原調整池の畔に生えていた樹高は4Mほど、おそらく植栽された樹木ではないかと思うのですが。
やわらかな光を受けた若葉が、とても綺麗でした。

ヒメコウゾ    姫楮    クワ科
ヒメコウゾと、教えていただきました。
正体の分からなかった不思議なものは、やはり花でした。
上の画像の一番右に見えるのが雄花花序、その他のものは雌花花序で、ひげ条のものは雌花の花柱だそうです。
見れば見るほど、おかしな格好ですね。

Humei_4245_20150425

 

Humei_4248_20150425

 

Humei_4250_20150425

ホタルカズラ     蛍蔓     ムラサキ科

Hotarukazura_4232_20150425

萌える ・・・上も下も萌えていました。

Kakibatake_4227_20150425

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

キンラン

キンラン     金蘭    ラン科

Kinran_4290_20150425

まだ早いかなと思いつつも、時間があったのでキンランの咲く山へ登ってみました。
以前確認した場所にはそれらしき影が無く、少々不安に。
しかし登るにつれ、ぽつぽつと黄色の花が目に付いて、一安心。
まだ咲き始めたばかりのようで、花が開いたものは少なかったけれど、とびっきり新鮮な状態の花に出会うことが出来ました。

Kinran_4251_20150425

 

Kinran_4256_20150425

 

Kinran_4263_20150425

 

Kinran_4271_20150425

 

Kinran_4283_20150425

 

Kinran_4278_20150425

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »