« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

アケビ農園??

ミツバアケビ     三葉通草、三葉木通     アケビ科

Mitubaakebi_3604_20150327

ここはアケビ農園??と、一瞬錯覚するほどアケビ蔓がいっぱいでした。(ブルベリー農園というのは有るけど、アケビ農園というのは聞いたことが無いですね)・・・実りの秋がタノシミ
アケビは蕾は膨らんできているが、開花までには今しばらくかかりそうです。
ミツバアケビのほうは既に花開いているものもあり、そのほかにも、サルトリイバラやツツジ科の植物と思われる木が芽吹きの時期を迎えて、そのやわらかな緑に包まれて、おだやかな一日をしっかり堪能させてもらいました。

Mitubaakebi_3606_20150327

 

Mitubaakebi_3613_20150327

 

Mitubaakebi_3616_20150327

 

Mitubaakebi_3622_20150327

 

Mitubaakebi_3623_20150327

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ     猩々袴     ユリ科

Shoujyoubakama_3477_20150322

前回訪ねたときにはまだほんの数株しか花をつけているものはなかったのですが、2週間も過ぎるとあっちにも、こっちにも、赤ら顔の猩々袴が陽気に咲いていました。
上は、今まさに誕生したばかりのような、ショウジョウバカマ。汚れの無いピンク色がとてもやわらかく、綺麗でした。

Shoujyoubakama_3480_20150322

 

Shoujyoubakama_3485_20150322

「なんだこれは?!」最初は何の花か分からず、見入ってしまったのですが、よ~く見てみるとどうやらショウジョウバカマらしいことに気がつきました。
どうやら発育不全のようで、草丈も数センチと他のものに比べ小さく、普通は数個の花を総状につけるのに1個の花しかつけていなかった。葉の色も冬枯れの色そのままのような色でした。

Shoujyoubakama_3475_20150322

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

スミレ2種

タチツボスミレ     立坪菫     スミレ科

Tatitubosumire_3436_20150322

 

Tatitubosumire_3407_20150321

 

Tatitubosumire_3524_20150323

 

Tatitubosumire_3441_20150322

フモトスミレ     麓菫     スミレ科

Humotosumire_3513_20150322

 

Humotosumire_3517_20150322

 

Humotosumire_3581_20150323

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

キスミレ

キスミレ     黄菫     スミレ科

Kisumire_3443_20150322

ポカポカ陽気のこの日、キスミレの咲く山はカメラマンやら、ハイカーで大賑わい。
一時は盗掘に遭い絶滅寸前の状態だったそうですが、保護活動をされている皆さんのおかげで、嬉しいことに毎年少しずつではあるが、花の株数も増えてきているようです。冬の間から山の上で草刈をされ、キスミレ自生地の日当たりを確保されておられる方々のおかげと、頭が下がります。

Kisumire_3442_20150322

 

Kisumire_3451_20150322

早く、早く、次は私の番よーーーーー
なんて言ってくれてたら嬉しいね。

Kisumire_3455_20150322

 

Kisumire_3459_20150322

 

Kisumire_3463_20150322

 

Kisumire_3468_20150322

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

萌える芽吹き

Sinme_3559_20150323

なんとも言えないやわらかなみどり、時折差し込むほのかな陽を受けて、その緑が一掃やわらかく見えました。もうすぐ山も緑萌え立つ時期になりますね。

Sinme_3668_20150323

ミツバアケビ     三葉通草、三葉木通     アケビ科

Mitubaakebi_3545_20150323

 

Mitubaakebi_3549_20150323

 

Mitubaakebi_3558_20150323

イロハモミジ     いろは紅葉     カエデ科

Irohamomiji_3391_20150321

 

Irohamomiji_3393_20150321

 

Irohamomiji_3396_20150321

 

Irohamomiji_3399_20150321

この日は風があり、細い枝先の芽はちっともじっとしていなかった。
ピント合わせもままならず、シャッターを押すたびに新芽の位置も違ってしまい構図も決まらない。結局30分以上粘ってはみたものの、どうしても満足のいくものを得ることが出来なかった。(自分が納得していないものをお見せして申し訳ありません)
またこういう機会に巡りあえたときの反省材料として、記事にしました。
後で画像を確認してみると、ピントの合っている範囲が予想していた以上に狭く、全体にボケた印象になってしまった。これは普段あまり使わない画像加工時にシャープを強めにかけることにより、ある程度改善された。
これは、メインの被写体とバックの林の距離が短く、背景の煩雑さを避けるため絞りを開けざるを得なかったことが原因だと思う。
こういう被写体の場合、被写体と背景までの距離がある程度ある場所、被写体選びが肝心なことだと思う。
そうすれば、もう少し絞り込んで広い範囲にピントを合わすことが出来たのではなかろうか。
それから、緑の新芽にピントを合わすのか、花にピントを合わすのか、自分自身でもどっちつかずの状態で、シャッターを押してしまったのが、画像を見た場合いまひとつ目の行き所が定まらない原因のような気がする。
今度こういう機会にめぐり合えたときには、その辺のことに留意して撮影しよう。

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

ムラサキヤシオ

ムラサキヤシオ     紫八染・紫八汐     ツツジ科

Murasakiyasio_3369_20150317

近くのお寺の境内の、ムラサキヤシオが咲き始めた、との記事を見て覗いてきました。
別名ミヤマツツジともいわれ、比較的標高の高い場所に咲くようですが、ここは標高数十メートルの地。
標高が低く、しかも温暖な地のせいか、普通ムラサキヤシオの花期は5月~6月だそうだが、この寺では随分早くもう咲き始めていました。

Murasakiyasio_3365_20150317

なにさくら?

Kawadusakura_3374_20150317

花と同時に、これだけ葉が展開しているのは「山桜」かなと思ったが、ちょっと時期が早すぎるようだし、川津桜かなとも思ってみたけど、花の様子も何か違うようだし、何桜なのでしょう?

Kawadusakura_3377_20150317

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

一人・静かに誕生

ヒトリシズカ    一人静    センリョウ科

Hitorisizuka_3423_20150321

ヒトリシズカも開花の時期を迎えています。
花をやさしく守るかのようにそっと包まれた葉に抱かれ、今誕生の時期を迎えています。
こんにちは、ようこそ・・・と、声をかけてやりたくなるような情景でした。
開花といいましたが、この花はちょっと変わったつくりのようです、説明を読んでみてもいまいち構造がよく分かりかねます。

Hitorisizuka_3410_20150321

 

Hitorisizuka_3413_20150321

 

Hitorisizuka_3419_20150321

 

Hitorisizuka_3421_20150321

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

ホトケノザ畑?!

ホトケノザ     仏の座     シソ科

Hotokenoza_3281_20150315

 

Hotokenoza_3331_20150317_2

 

Hotokenoza_3333_20150317

本当はキャベツ畑なのだが、まるでホトケノザ畑といった様相で、畑一面を覆い尽くしていました。

近くで作業していた畑の持ち主らしき方に、撮影の許しを請うと
「あぁ、雑草か・・・・」

たしかに農家の方にとっては、雑草に違いない・・・

けどね、その雑草たちがはびこることによって、畑地が過度の乾燥から守られ、その雑草の花たちを訪れる昆虫たちに、おいしい蜜と花粉を提供し、その昆虫たちが畑の作物の害になる昆虫を食べて退治してくれることもあるだろうに。
そしてやがて、次の作物を作るときには、耕され、土に鋤き込まれ、畑の養分になるだろうに・・・

人間の目先の利害だけで、畑地に生える植物の価値判断をしてはいけないような気がします。

コハコベ     小繁縷     ナデシコ科

Kohakobe_3292_20150315

 

Kohakobe_3296_20150315

 

Kohakobe_3352_20150317

オランダミミナグサ     阿蘭陀耳菜草     ナデシコ科

Oranda_miminagusa_3290_20150315

 

Oranda_miminagusa_3298_20150315

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

ナズナ

ナズナ     薺・撫菜     アブラナ科

Nazuna_3277_20150315

別名「ペンペングサ」とはよく言ったものです。
そのわけは、実の形が三味線のバチに似た三角形をしているからだそうです。
ペン、ペン、ペン、ペンと、三味線の合奏が聞こえてきますかどうか。

Nazuna_3285_20150315

 

Nazuna_3349_20150317

 

Nazuna_3345_20150317

ミチタネツケバナ     道種漬花     アブラナ科

Miti_tanetukebana_3269_20150315

 

Miti_tanetukebana_3273_20150315

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

大空に向かって

オオイヌノフグリ     大犬の陰嚢     ゴマノハグサ科

Ooinunohuguri_3242_20150313

オオイヌノフグリが精一杯背伸びして、春の日差しを体いっぱいに受け止めていました。
のどかな春の一こま。
撮っている時はまったく気がつかなかったけれど、右の花にはなにやら小さな虫が居ますね、そろそろ虫たちも目を覚まして活動する時期になってきたようです。
というよりも、虫たちが活動を始める時期を見計らって、植物たちも花開くといったほうが、正確なんでしょうね。

Ooinunohuguri_3239_20150313

 

Ooinunohuguri_3240_20150313

 

Ooinunohuguri_3243_20150313

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

春の野

Harunono_3306_20150315

いつの間にか、畑の隅には春の花たちが、一斉に咲きだしていました。
太陽の光の強さを敏感に感じ取って、遅れることなく、早すぎることなく、植物たちの命の営みはちゃぁんと季節どおり。
素晴らしいですね!
しばらく春の野でみつけた宝たちをご紹介します。

オランダミミナグサ     阿蘭陀耳菜草     ナデシコ科

Oranda_miminagusa_3174_20150312

何がという訳でもないけれど、何か気持ちが温かくなり、嬉しくなるような雰囲気で咲いていたオランダミミナグサ。
その訳は自分でもよく分からないのだけれど、綺麗で名の通った花よりも、こういう花に惹かれてしまう私です。

ヒメウズ     姫烏頭     キンポウゲ科

Himeuzu_3193_20150312

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

とんで、とんで・・・

ミノコバイモ    美濃小貝母     ユリ科

Minokobaimo_3213_20150313

この花に出会うたび、どうしても脳裏をかすめるのが、「とんで、とんで・・・・」
これが分かる人は、私と同年輩?? 古いね~
もう40年近く前のヒット曲ですからね~

Minokobaimo_3233_20150313_2

 

Minokobaimo_3218_20150313

 

Minokobaimo_3212_20150313

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

ヒロハノアマナ

ヒロハノアマナ     広葉の甘菜     ユリ科

Hirohanoamana_3228_20150313

花そのものは、白く清楚な感じなんだけど、あまりに群生すると・・・・
気の小さい私は、圧倒されてしまいます(^^ゞ
・・・贅沢ですね。

Hirohanoamana_3207_20150313

 

Hirohanoamana_3225_20150313

 

Hirohanoamana_3226_20150313

 

Hirohanoamana_3230_20150313

ちょっとすました感じの花が多い中で、なんとなくあどけなさが残る一株の花。

人間で言うと幼子のような感じでした。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

ちいさな、ちいさな

キュウリグサ     胡瓜草     ムラサキ科

Kyurigusa_3171_20150312

キュウリグサってこんなに小さかったっけ??と、一瞬迷いましたがやはりキュウリグサのようです。
花は直径2mm程度、一度目を離すとアレッどこだっけ?というくらいの大きさでした。
キュウリグサと、ハナイバナの違いがよく分からない。
ひょっとしてハナイバナかな??

Kyurigusa_3172_20150312

ヒメスミレ     姫菫     スミレ科

Himesumire_3163_20150312

いつ踏まれてもおかしくないような、小路の片隅に咲いていたヒメスミレ。
(スミレはスミレから少し進歩したかな?)

タチツボスミレ     立坪菫     スミレ科

Tatitubosumire_3379_20150317

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

トウカイタンポポ

トウカイタンポポ     東海蒲公英     キク科

Toukai_tanpopo_3165_20150312

帰化種のセイヨウタンポポがほぼ一年中花をつけるのに対し、日本在来のタンポポは春にのみ花をつけるようです。
春の陽をいっぱいに浴びて、とても気持ちよさそうに咲いていました。
トウカイタンポポ(日本在来種)

Toukai_tanpopo_3167_20150312

 

Toukai_tanpopo_3169_20150312

下は別の場所のセイヨウタンポポです。
とっても気持ち良さそうでした。

Seiyoutanpopo_3340_20150317

 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

カタクリの花が咲き始めました

カタクリ     片栗     ユリ科

Katakuri_3309_20150315

いつもの年より少し早くカタクリの花が咲きだしました。
いよいよ春も本番ですね!
咲いたばかりの花は、薄紫の透き通るような花弁がとても綺麗。
まだ咲き始めたばかりで、沢山の蕾が見受けられるから、当分楽しめるでしょう。

Katakuri_3317_20150315

 

Katakuri_3319_20150315

 

Katakuri_3325_20150315

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

トンネルを抜けると、そこは・・・

Kawadu_sakura_3246_20150313

今から50年ほど前には、地方鉄道の電車が走っていたトンネル。(田口鉄道といって、子供の頃には何度か乗ったことがあります)
そのトンネルの片方の出口一帯に川津桜が植えられて、この時期トンネル内部から眺める桜並木が、この地方の一つの風物詩になっている。普段桜の花というものには、あまり食指が動かないのだけれど、ここだけは何年に一度か訪れている。
暗いトンネルを抜けると、そこには明るいピンクの世界が開けて、なんだか心も明るくなるようです。

Kawadu_sakura_3250_20150313

 

Kawadu_sakura_3265_20150313

 

Kawadu_sakura_3252c_20150313

 

Kawadu_sakura_3256c_20150313

 

Kawadu_sakura_3257c_20150313

 

Kawadu_sakura_3258c_20150313

 

Kawadu_sakura_3262c_20150313

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

春黄金花

サンシュユ     山茱萸     ミズキ科

Sanshuyu_3186_20150312

別名をハルコガネバナ(春黄金花)というそうです、素敵な名前ですね。
また、実の成る頃の様子からアキサンゴ(秋珊瑚)とも呼ばれるそうです。
江戸時代に薬用として導入されたそうですから、別名からして当時の人たちにとっては大変貴重なものだったんではないかと偲ばれます。
その、サンシュユが春の陽に輝いていました、春黄金花の名のように。

Sanshuyu_3184_20150312

 

Sanshuyu_3178_20150312

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

お地蔵さま

Jizousama_3204_20150312

植物とか花にはまるで関係ないのですが、とても優しいというか、柔和な顔立ちのお地蔵さまに会いました。
石の地蔵さまですが、まるで意思をお持ちのような、その前に居るとなんだか気持ちも落ち着いて、自分も優しい気持ちになるような不思議な気分でした。
世の中の人々がこんなやさしげな表情をしていたら、もっと棲みよい世界になるだろうなと思います。
自分もいつもこんな表情をした人間になりたいと思います。

冒頭に植物とか花にはまるで関係ないと書きましたが、植物とか花に関心があるのは、ひょっとしたらお地蔵さまのような優しさを、植物とか花から貰っているのかもしれない・・・

Jizousama_3201_20150312

 

Jizousama_3200_20150312

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

命枯れても

ヤマノイモ     山の芋、自然薯     ヤマノイモ科

Yamanoimo_3158_20150307

すっかり仕事をやり終えた風情のヤマノイモの種の殻。
なにか誇らしげで、さっぱり、さばさばした表情に見えます。
それにひきかえ、まだ子供を手放せないでいる、タンキリマメか、トキリマメのほうは、何か未練がましく見えてしまいました。
春の野に見つけた「命」二態。

Yamanoimo_3156_20150307

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

誕生

コブシ     辛夷     モクレン科

Kobusi_3149b_20150307

コブシの花が咲き始めていました。
(コブシかタムシバか迷ったのですが、生えている標高、樹形、花の付け根に見える葉らしきものなどからコブシとしました)
柔らくて、温かそうな産毛をまとった苞の産着を脱ぎ捨てて、いままさに生まれ出ようとする新しい命。
春は新しい命の誕生の季節なのですね。

Kobusi_3139b_20150307

 

Kobusi_3142b_20150307

 

Kobusi_3155b_20150307

少々暗い色の画像が続いたので、ここでちょっとお口直しに、コブシの近くで見つけた、柔らかい感じのピンクの山茶花を、デザートにどうぞ。

Tubaki_3136_20150307

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春爛漫

ホトケノザ     仏の座     シソ科

Hotokenoza_3133_20150307

あたり一面がピンクに染まるほど、ホトケノザが咲いていました、「春爛漫」という言葉が、自然と脳裏に浮かんでくるほどに。

Hotokenoza_3126_20150307

 

Hotokenoza_3125_20150307

 

Hotokenoza_3122_20150307

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

ショウジョウバカマが咲き始めました

ショウジョウバカマ     猩々袴     ユリ科

Shoujyoubakama_3119_20150304

前日の雨で水かさを増した湿原の水際に、ショウジョウバカマの花が咲いていました。
まだちょっと早いかなと思いつつ、訪問してみたのですが、湿原のあちらこちらに、10株ほど花をつけたショウジョウバカマを確認できました。
いずれも木道の上からは距離があり、望遠レンズで思いっきり引っ張り、その上トリミングしての画像です。いささか不満の残る画像ですが、春の雰囲気だけでもお楽しみください。

そして、葉の様子からトリカブト属の植物ではないかと思える葉も、緑の新芽を伸ばしていました。

いよいよ春ですね。

Torikabutozoku_3110_20150304

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

ウスギオウレン

ウスギオウレン     薄黄黄連     キンポウゲ科

Usugiouren_3104_20150302

ザゼンソウの背後に咲くウスギオウレン、ザゼンソウがこちらを向いていてくれれば、言うことないけど、まっ良いか。
地元で眼にするコセリバオウレンと比べて、ウスギオウレンは、どこと無く力強くたくましい感じがします。

この場所に咲くのは、”ウスギオウレン”と聞いているのですが 、どうも”コセリバオウレン”も混じっているように思えるのですが・・・

Usugiouren_3068_20150302

 

Usugiouren_3070_20150302

 

Usugiouren_3075_20150302

 

Usugiouren_3079_20150302

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

ザゼンソウ

ザゼンソウ     座禅草     サトイモ科

Zazensou_3089_20150302

雪の中から顔を覗かせたザゼンソウ・・・なんてのを期待して出かけたのですが、ご覧のとおり雪のかけらもありませんでした。
でも、優しく仏炎苞に抱かれた、まるで幼子のように可愛い肉穂花序(この言葉初めて知りました)に出会うことが出来ました。

満足、満足。

Zazensou_3057_20150302

 

Zazensou_3100_20150302

 

Zazensou_3085_20150302

 

Zazensou_3093_20150302

 

Zazensou_3101_20150302

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

タチツボスミレ

タチツボスミレ     立坪菫     スミレ科

Tatitubosumire_3044_20150228

タチツボスミレ?が、咲いていた。
いやニオイタチツボスミレ??かな? 違いがよく分かりません。
今年も相変わらず、スミレはスミレで押し通しそうです、まったく進歩がありません。
まだ咲いたばかりのようで、花弁の傷みも無くとても綺麗でした。
野にスミレの紫が目に付くようになったということは、春も本番ということでしょうか。

Tatitubosumire_3047_20150228

 

Tatitubosumire_3049_20150228

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

フラサバソウ

フラサバソウ     フラサバ草     ゴマノハグサ科

Hurasabasou_3015_20150228

目で見ると、オオイヌノフグリより一回り小さく、色もやや控えめで、とてもおしとやかに見えるのですが・・・
ファインダー越しにアップで見ると、そのイメージを覆すような、毛むくじゃら・・・・うぅ~ん
何と言っていいものやら・・・

Hurasabasou_3024_20150228

 

Hurasabasou_3027_20150228

 

Hurasabasou_3035_20150228

 

Hurasabasou_3036_20150228

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »