« 節分過ぎても、セツブンソウ | トップページ | 甘い香につつまれて »

2015年2月19日 (木)

春の目醒め

ミスミソウ    三角草    キンポウゲ科

Misumisou__2927_20150219

あれから1週間、季節の移ろいは人間が考えているより随分速い。
一日一日、着実に春への歩を進めているようだ。
1週間前にはポツンぽつんと咲いていたミスミソウも、1週間過ぎて、その数をぐんと増していました。
いよいよ春もお目醒め、待ちに待った楽しい季節も、もうすぐそこまで来ているようです。

今回は広角レンズを使った作画に挑戦してみました。
林の中の込み入った場所では、今まで広角レンズというのは頭になかったのですが、場所を選べばマクロ一本やりとは、また違った雰囲気の画が撮れることを発見し、ちょっと嬉しい気分でした。

【後日追記】
この山のことに付きまして、ある方から情報を頂きましたので、追加掲載しておきます。

**********************************************
ミスミソウの山の所有者が、入山を断っているようです。
無断で入って、警察沙汰になったと聞きました。
もう入れないかも知れません。
**********************************************

以前から、土地の人にはよく思われていないように聞いていましたが、とうとう、最悪の事態になってしまったようです。
この山に限らず、どこの土地でも、よそ様の土地に入らせていただくという気持ちを忘れてはならないことだと思います。

しかし、自然からの授かりものの野の花、山の花を、心行くまで楽しめるような、世の中であって欲しいですね。

Misumisou__2937_20150219

 

Misumisou__2909_20150219

 

Misumisou__2912_20150219

 

Misumisou__2919_20150219

 

Misumisou__2920_20150219

 

Misumisou__2923_20150219

 

Misumisou__2932_20150219

 

Misumisou__2945_20150219

 

Misumisou__2949_20150219

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 節分過ぎても、セツブンソウ | トップページ | 甘い香につつまれて »

春の花」カテゴリの記事

花名 ま行」カテゴリの記事

コメント

イナさんお早うございます。
ずいぶんと雰囲気が変わりましたね~。
先日観に行ったSさんの写真展で最近マクロあまり使わなくてズームが多いですと言ってました。
撮影倍率の高い広角系ズームであれば結構近くまで寄れますので周りを広く写せますね。
今年はこのレンズの出番が増えそうですね。

投稿: N | 2015年2月20日 (金) 07時08分

Nさん、おはようございます。
いままでこういうごちゃごちゃしている場所では、
広角系レンズの出番は無いと思っていたのですが、
いがりさんの個展を拝見して、広角系レンズの
魅力を知り、一度試してみたいと思っていました。
マクロとは違った雰囲気で、表現の幅が広がりますね。
写真とは奥が深く、面白いものだと、改めて思いました。

投稿: イナ | 2015年2月20日 (金) 09時36分

イナさん、ミスミソウ随分花が咲きましたね~
いつもと違う感じで、一枚目の写真は森の中に咲くムスミソウの引き込まれて行きそうで、動きが感じられますね。絞りはいくつですか?

投稿: しゃら | 2015年2月20日 (金) 10時48分

しゃらさん、こんにちは。
靱帯損傷、早く治るよう祈っています。
野生児も街中では、本領発揮できませんか?
(*_x)\バキッ

この場所で初めて広角レンズを使ったのですが、
データは、焦点距離10mm、ISO400 f3.5 1/50秒  露出補正-1/3
でした。広角に慣れていないので、絞り値はただ今試行錯誤中です。

今は花も少ない時期ですから、あせらずゆっくり静養してください。

投稿: イナ | 2015年2月20日 (金) 13時02分

カメラマンのマナーは、いろいろな雑誌でも警鐘を鳴らされていますが、最低限のマナーは守らなければいけないと思います。
知人にも柵を越えて花に近づいたり、遊歩道をはずれてみたりと、イナさんおっしゃる通り、「撮らさせていただく」という気持ちを忘れてはいけないと思います。
マナーを破って撮った写真を、展示会に出されている方もあります。

それに目的の花を撮るために、近くに生えているほかの野草を抜いてしまう人もいます。
以前に抜かれてしまった方の野草を撮りに行ったら、「邪魔だから抜いた」と言われて、唖然としたことがありました。
盗掘をしないまでも、共存している草も、野草が生育していくうえでは、必要な環境なのです。
昨日、コセリバオウレンを撮りに行きましたら、周囲の雑木がきれいに切られてしまい、日当たりが良くなったことで、ほとんど見当たりませんんでした。
『自然からの授かりものの野の花、山の花を、心行くまで楽しめるような、世の中であって欲しいですね。』まったく同感です。
・・・あ~あ、すっきりした。

投稿: やまぼうし | 2015年2月22日 (日) 18時57分

やまぼうしさん、こんばんは。
ちょっと憂鬱なニュースでしたね。
野草の写真撮影を趣味にしているものにとって、
撮影以前に、心に留めておかなければならない
重要な事があるように思います。
ある花がいつまでも咲き続けるには、周りの環境
が、重要な事柄だと思います。その環境を壊すことの
原因が人間、特に私たち野草好きと自ら思っている
人間にとっては、あってはならないことですね。
知らずにそういうことをしているかも知れず、
自分自身深く自戒したいと思います。

投稿: イナ | 2015年2月22日 (日) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/58993261

この記事へのトラックバック一覧です: 春の目醒め:

« 節分過ぎても、セツブンソウ | トップページ | 甘い香につつまれて »