« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 冬の草むらで »

2015年1月12日 (月)

八百万の神々がおわす森

Husimiinari_2409_10150110

最近歳をとったせいか、「神」というものの存在について考えることが多くなりました。
仏教がこの日本に伝わるずっとずっと以前から、日本には全てのものに神が宿るという考え方があったそうです。
「八百万(やおろず)の神々」・・・深く勉強したわけではないけれど、ある特定の教祖を絶対的な存在とする他の宗教と比べて、とても穏やかな考え方のように思います。
自分の信じる神のみを絶対視し、他の宗教を排除しようとする現代の様相を(自分の考えのみが正しいと思い、他の考え方を受け入れようとしないことも同じだと思います)見るに付け、古代の日本人はなんと素晴らしい考え方を持った人たちだろうと思います。
争いごとの多い現代にこそ、古代日本人の考え方を見習うべきではないだろうか。

植物の写真を撮ることから始まって、自然とのかかわりを考えることが多くなった今、この「八百万(やおろず)の神々」という言葉は、私の中でますます重い言葉になってきている。

今年は「八百万(やおろず)の神々」を祭った社(世間に名の売れた有名神社などではなく、その土地の人たちが代々守り続けてきた、苔むした古き社のことです)や、「八百万(やおろず)の神々」が棲む杜を、真剣に撮ってみたいと思っています。

Husimiinari_2386_10150110

 

Husimiinari_2390_10150110

 

Husimiinari_2392_10150110

 

Husimiinari_2395_10150110

 

Husimiinari_2397_10150110

 

Husimiinari_2400_10150110

 

Husimiinari_2404_10150110

 

Husimiinari_2405_10150110

 

Husimiinari_2413_10150110

 

Husimiinari_2418_10150110

 

Husimiinari_2422_10150110

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 冬の草むらで »

その他」カテゴリの記事

コメント

年に一度ですが私も神について考えます。
今年はその年に一度もまだお参りしていません。
近く初詣に出かけて感謝の祈りをしてこようと思います。
ロウバイの淡い黄色が暖かですね。春が待たれます。
インフル辛かったですね、私も昨年予防接種したのにかかってしまいました。
ご自愛ください。

投稿: C-NA | 2015年1月12日 (月) 21時32分

C-NAさん、こんばんは。
そうですね、神に祈るのはおねだりする為ではなく、
感謝の気持ちを表すためだと、私も思います。
黄色の花を見ると、なんとなく心温かくなりますね、
ロウバイ、スイセン、マンサク・・・本格的な冬は
これからだというのに、春が待ち遠しいですね!
人生楽しい証拠かな?

投稿: イナ | 2015年1月13日 (火) 19時47分

勘違いしているかもしれませんが、〇川稲荷でしょうか~?
私事ですが大晦日から二日まで地元神社に御勤めでした。

県の環境保全地域に指定されている山にあり、コウヤマキ、コアブラツツジもありますよ。
別名水晶山,山頂には雨乞いをした池もあります。

ところで、新生活も半年位になられて如何ですか???

投稿: 草刈 まさお | 2015年1月15日 (木) 08時11分

草刈さん、おはようございます。
正月の御勤めご苦労様でした。今年はかなり冷え込んだ
でしょう。私も昨年地元の神社の係りで元旦は御勤めでした。
写真の場所は、自宅近くの伏見稲荷の山社です。
二川バイパスのすぐ近くですが、意外に静かで人里離れた
山奥のように森閑とした場所で、気に入りました。
草刈さんが御勤めをした社も興味がありますね、一度訪ねてみたいです。

投稿: イナ | 2015年1月15日 (木) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/58539024

この記事へのトラックバック一覧です: 八百万の神々がおわす森:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 冬の草むらで »