« 巨木と語る | トップページ | もうホトケノザ!? »

2014年11月19日 (水)

晩秋のマンサク

Mansaku_1463_20141117

まだ緑が残る葉、黄色く色づいた葉、既に茶色く枯れて枝から離れるのを待つ葉、そして既に来春の準備が始まっている冬芽、この時期は命のいろいろな形に出会うことができる。

命には一時たりとも休みということは無いのでしょうね。

Mansaku_1468_20141117

こんなところに引っかかってしまって、さぁてこれからどうしよう・・・いつか地面に着地できるから、それまで空中遊泳をお楽しみなさい。

Mansaku_1472_20141117

 

Mansaku_1473_20141117

生まれいずるものと去り往くもの・・・秋はそんな季節

Mansaku_1480_20141117

 

Mansaku_1482_20141117_2

 

Mansaku_1485_20141117

 

Mansaku_1489_20141117

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 巨木と語る | トップページ | もうホトケノザ!? »

その他」カテゴリの記事

コメント

自然界の妙、この微妙な色合いがいいですね。
被写体は予期せぬプレゼント。そして、視点
は季節の中で磨かれるもの。
秋から冬へ… いろいろ教えられますね。

投稿: 翼 | 2014年11月19日 (水) 15時01分

翼さん、こんばんは。
このマンサクは公園に植えられていたものです。
最初見たときは、ショボイ木があるなくらいの感じだった
のですが、何故か気にかかり、暫くあっちから、こっちから
とウロウロしていたら、だんだんいろんなものが見えてきました。
本当に予期せぬプレゼントでした。生き物はじっくり見れば、
それぞれ素晴らしいものを持っているのだなぁと、改めて
教えられました。

投稿: イナ | 2014年11月19日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/58016659

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋のマンサク:

« 巨木と語る | トップページ | もうホトケノザ!? »