« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

秋の野で

Tuta_1721_20141123_2

杉の木に這い上がった小さな蔦の紅葉です。
こんなに小さくてもちゃんと紅葉して冬に備えているのでしょうね。
芽生えたときから、自分の力だけを頼りに生きていかなければならない植物。

Senbonyari_1730_20141123

 

Senbonyari_1728_20141123

 

_1692_20141123

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

錦秋

Kaede_1754_20141123_2

愛知県民の森はちょうど今、楓の赤、コナラの黄と、冬を前にした山は最後の装いに包まれていました。
「錦秋の秋」という言葉がぴったりです。
植物にとって葉を落とすことは、無駄にエネルギーを使うことなく、冬を乗り切ることのため以外の目的は無いのだろうと思いますが、紅葉、落葉に、なにかしら特別の意味合いを感じてしまうのは人間の感情でしょうね。

Kaedemishou_1723_20141123

今年生まれたばかりであろう小さな命も冬支度。

Kaede_1742_20141123

 

Kaede_1745_20141123

 

Kaede_1748_20141123

 

Kaede_1756_20141123_2

 

Kaede_1765_20141123

 

Kaede_1770_20141123

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

光を浴びて

モチツツジ    餅躑躅    ツツジ科

Motitutuji_1715_20141123

モチツツジの葉に生えた細かな毛が光を受けて、光り輝いて見えました。
こんな毛に包まれていれば、寒い冬の日も少しは暖かくなるのでしょうか。

Motitutuji_1700_20141123

 

Motitutuji_1702_20141123

 

Motitutuji_1706_20141123

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

叢の朝

Asaatuyu_1681_20141123

この日は紅葉を期待して「愛知県民の森」へ・・・
途中の待ち合わせ場所で、待ち時間を利用して付近を歩いてみると・・・
朝の叢で水玉がびっしり付いた草の葉を見つけた。
これは夜露なのでしょうか、それとも植物が呼吸して排出した水分が、朝の冷気で水玉になったものなのでしょうか?
一つ一つの小さな水玉の中には、一つ一つの小さな小さな世界が広がっていました・・・宝物です。

まさに、自然は芸術家・・・そのおこぼれで人間は楽しませてもらっているんですね。
ずう~っと、このままの姿でいて欲しいという願いをこめて、カメラの中にしまいこみました。

さてこの後の、「愛知県民の森」では、どんなワクワクに出会えることでしょう・・・・

拡大してみました。
Asaatuyu_1681c_20141123

 

Kotubukinenokoro_1684_20141123

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

晩秋の朝

Noriutugi_1636_20141122

朝露にしっとり濡れた湿原は、とても落ち着いた雰囲気です。夏とは違い彩が少なくなってより一掃落ち着いた感じを受けます。

Kazegusa_1638_20141122

 

Yamaurusi_1616_20141122_2

 

Jyurin_1643_20141122

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

星降る湿原

Siratamahosikusa_1622_20141122

ドライフラワーとなったシラタマホシクサが、草紅葉の中にこぼれていました・・・まるで天の川のように

Siratamahosikusa_1627_20141122

 

Siratamahosikusa_1632_20141122

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

長尾池の朝

Nagaoike_1645_20141122

当地の小さな自然スポット「葦毛湿原」、その入口にある長尾池(農業用溜池)、人工の池ではあるが一部分は自然の地形を利用しておりなかなか雰囲気があります。

日が昇るにつれ朝霧(川霧という言葉はあるけれど、池に立ち込める霧はなんというのだろう)が立ち上っていた。残念ながらまだ水温が余り低くなっていないのか、画像で確認できるほどでは有りませんでした。もう少し気温が下がってくれば、きっと素晴らしい景観になることもあるでしょう。

Nagaoike_1605_20141122

 

Nagaoike_1613_20141122

 

Nagaoike_1644_20141122

 

Nagaoike_1648_20141122

 

Nagaoike_1654_20141122

 

Nagaoike_1654c_20141122

 

Nagaoike_1659_20141122

 

Nagaoike_1664_20141122

 

Nagaoike_1678_20141122

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

油断も隙も・・・

コセンダングサ    小栴檀草    キク科

Kosendangusa_1591_20141119

少し油断するといつの間にやらズボンや上着はセンダングサの種だらけ。
でもセンダングサの種の姿にはなぜか惹かれてしまいます。
センダングサ、セイタカアワダチソウの、花の時期とはまた違った味のある姿が目に付くようになってきました。

こういうシーンを撮っていると、「秋の夕日はつるべ落とし」という言葉を実感します。モタモタしていると、光り輝いていた草たちがお休みモードに入ってしまい、ただの雑草になってしまいます。

Kosendangusa_1548_20141118

 

Kosendangusa_1597_20141119

 

Kosendangusa_1599_20141119

セイタカアワダチソウ    背高泡立草    キク科

Seitakaawadatisou_1553_20141118_2

 

Seitakaawadatisou_1585_20141119

 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

農道の真ん中で

Nogiku_1531_20141118_2

農道の真ん中に、枯れ草となったスズメノカタビラがいっぱい、その中に野菊が一株(相変わらず名前が分かりません・・・情け無い)、秋の夕陽を浴びて輝いていました。
昔々は、人が歩く為道の真ん中には草が生えなかったそうですが、今では車両が通る為、道の真ん中が雑草たちの棲家だそうですね。

Suzumenokatabira_1533_20141118

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

風の吹くまま・・・

エノコログサ    狗尾草    イネ科

Enokorogusa_1519_20141118

枯れる寸前という風情のエノコログサが風に吹かれて、一斉にあっちを向いたり、風が収まると何食わぬ顔で立ち上がったり、そんな様子を見ているのはとても楽しい時間。
なんとかその風を表現できないものかと頑張ってみたものの、それはチト無理でした。

Enokorogusa_1522_20141118

 

Enokorogusa_1570_20141119

 

Enokorogusa_1568_20141119

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

もうホトケノザ!?

ホトケノザ    仏の座    シソ科

Hotokenoza_1504_20141118

春の花というイメージが強い、ホトケノザがあちこちで目に付くようになってきました、先入観を変えないといけないようです。
しかし、まだこれから冬が来るというのに、畑のいたるところにかなりの数のホトケノザが、群れ咲いているのには少々驚きました。

Hotokenoza_1492_20141118

 

Hotokenoza_1495_20141118

 

Hotokenoza_1500_20141118

 

Hotokenoza_1501_20141118

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

晩秋のマンサク

Mansaku_1463_20141117

まだ緑が残る葉、黄色く色づいた葉、既に茶色く枯れて枝から離れるのを待つ葉、そして既に来春の準備が始まっている冬芽、この時期は命のいろいろな形に出会うことができる。

命には一時たりとも休みということは無いのでしょうね。

Mansaku_1468_20141117

こんなところに引っかかってしまって、さぁてこれからどうしよう・・・いつか地面に着地できるから、それまで空中遊泳をお楽しみなさい。

Mansaku_1472_20141117

 

Mansaku_1473_20141117

生まれいずるものと去り往くもの・・・秋はそんな季節

Mansaku_1480_20141117

 

Mansaku_1482_20141117_2

 

Mansaku_1485_20141117

 

Mansaku_1489_20141117

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

巨木と語る

Inubuna_1431_20141117

時々行く公園に1本の巨木が目に留まった、木肌や落ち葉の様子から多分イヌブナではないかと思われますが、果たして標高10M程度の場所で生育できるのかどうかちょっと疑問です。
おそらく植栽だと思いますが、幹周りは一抱えではできないほどで、樹齢は数十年あるいは数百年ではないでしょうか。

『語る』なんて大それたタイトルをつけてしまったけれど、木からしてみたら「若僧」が何を抜かす100年早いといわれそうな気もする。(若僧なんていうと、こちらも「いい歳こいて」と、どこやらからあざけりの呟きが聞こえそうな気もしますが・・・)
語るといっても、木が発するどっしりした雰囲気に飲み込まれ、すごいなぁ、すごいなぁとつぶやいていただけですが・・・

Inubuna_1433_20141117

 

Inubuna_1438_20141117

 

Inubuna_1443_20141117

 

Inubuna_1446_20141117

 

Inubuna_1447_20141117

 

Inubuna_1452_20141117

 

Inubuna_1458_20141117

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

白糸の滝

Siraitonotaki_1370_20141110

所用で横浜へ出向いたついでに、白糸の滝を覗いてみた。
滝の佇まいは確かに素晴らしいとは思うのだが、何か落ち着かない気分でした。
多分、有名観光地ということで、お土産やさんの前を抜け、滝の周りには人がぞろぞろ・・・なんとなくどっぷりこの景観に浸る気持ちにはなれなかったのだと思います。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

枯色慕情

Kareha_1404_20141112

ナンキンハゼと思われる紅葉が素晴らしく、以前から気になっていた近くの公園に出かけてみました。
肌寒くなってきたこの時期、昼下がりの小さな公園には子供たちのはしゃぎまわる姿もなく、静まり返っていた。
枝に分かれを告げた枯葉たちが、地面に敷き詰められて歩くたびにかさかさと気持ちの良い音を立てる。
深まり往く秋、こころ落ち着くひと時でした。

Kareha_1417_20141112

 

Kareha_1420_20141112

 

Kareha_1422_20141112

 

Kareha_1408_20141112

 

Kareha_1424_20141112

 

Kareha_1396_20141112

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

紅葉

Kouyou1_897_20141103

山々が枯葉色になる前のこの時期、春とは違った華やかさに彩られる。でも、その華やかさの中には、なにかしら哀愁のにおいといったようなものが感じられます。

Kouyou1_806_20141103

 

Kouyou1_849_20141103

 

Kouyou1_836_20141103

 

Kouyou1_843_20141103

 

Kouyou1_815_20141103

闇の世界に飛び立つ火の鳥か?

Take__831_20141103

風でざわめく 竹林の中でこの部分だけ陽が差し込み、とても綺麗でした。
風の動きに合わせて頭をたれたり、雄雄しく立ち上がったり・・・そんな風に見えました。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

小さな秋

Kouyou3_872_20141103

水辺で小さな秋を見つけました。
今年一年、精一杯生きてきた楓の葉が水辺の岩に降り注ぎ、しばしの安息の時間を楽しんでいるようです。

Kouyou3_880_20141103_2

 

Kouyou3_886_20141103

 

Kouyou3_889_20141103

 

Kouyou3_890_20141103

 

Kouyou3_893_20141103

 

Kouyou3_907_20141103

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

水の情景・・・秋

Kouyou2_877_20141103

山では木々が色づき始めました。
苔むした岩の間を流れ下る水辺も、この時期とても明るく感じます。
休むことなく生きてきた植物、そして休むことなく流れ下る水、何か相通ずるものがあるように思います。

Kouyou2_903_20141103

 

Kouyou2_906_20141103

 

Kouyou2_856_20141103_2

 

Kouyou2_866_20141103












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

アゼトウナ

アゼトウナ    畦唐菜あるいは畦冬菜    キク科

Azetouna2_1187_20141105

Azetouna2_1153_20141105

上の画像の下の方、こちらを向いている花は、他の花と違って、花びらの切れ込みが無いような・・・

Azetouna2_1179_20141105

 

Azetouna2_1180_20141105

 

Azetouna2_1189_20141105

ハマアザミ    浜薊    キク科

Hamaazami_1143_20141105

ハマナデシコ    浜撫子    ナデシコ科

Hamanadesiko_1159_20141105

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

 

Nami_928_20141105

この日、本当はアゼトウナを見に来たのですが、まだはるか南の洋上にある台風の影響で、海はかなり荒れていました。
大きなうねりが岸辺に到達する度に、白い波濤となって砕け散っていた。
その様子を見ているうちに、だんだん引き込まれて、アゼトウナそっちのけで濤の様子を暫く追いかけてしまったのです。
次から次へと打ち寄せるうねり、まだはるかかなたに台風の中心があるというのに・・・凶暴ともいえるほどの自然のエネルギーの大きさにすっかり参ってしまいました。
寄せては砕け、寄せては砕け、いつまで続くとも計り知れない大きな力を見ているうちに、こんな自然相手には、人間の力なんて所詮たかが知れたもの・・・そう思うと、なぜかすっかり気分が楽になっていくのを感じました。

Nami_914_20141105

 

Nami_915_20141105

 

Nami_950_20141105

 

Nami_1021_20141105

 

Nami_1043_20141105

 

Nami_1046_20141105

 

Nami_1056_20141105

 

Nami_1071_20141105

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

厳しさに耐え

アゼトウナ    畦唐菜あるいは畦冬菜    キク科

Azetouna1_1173_20141105

少し海が荒れれば確実に海水がたたきつけるであろう岩の上、養分なんてありっこないような岩の割れ目、いつ崩れ落ちていくかも分からないような崖の途中、そんな場所にアゼトウナは咲いています。
生きる環境の厳しさなど少しも感じさせないように、優しく・・・
この花の様子を見ていると、逆境にも負けない力強い花ではなく、本当は、他の植物たちが進出できないような厳しい環境にしか生きる場所を選ぶことのできない、か弱い植物ではないのだろうかと思います。

Azetouna1_1112_20141105

 

Azetouna1_1137_20141105

 

Azetouna1_1210_20141105

 

Azetouna1_1220_20141105

 

Azetouna1_1164_20141105

 

Azetouna1_1168_20141105

 

Azetouna1_1171_20141105

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

秋の花-2

ヒヨドリバナ    澤鵯    キク科

Hiyodoribana_802_20141026

 

シモツケ    下野    バラ科

Simotuke_774_20141026

花の様子(画像には写っていませんが葉の様子も)からは、シモツケと思われるのですが、それにしては時期が随分ずれているような?
蛇紋岩地帯の山に咲いていました、シモツケにしては樹高も随分低めでした。
間違っておりましたらご指摘をいただけると嬉しいです。

不明

Nogiku_790_20141026

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

秋の花-1

アキノキリンソウ    秋の麒麟草    キク科

Akinokirinsou_787_20141026_2

 

Akinokirinsou_793_20141026_2


ヤマハッカ    山薄荷    シソ科

Yamahakka_782_20141026_2

 

Yamahakka_785_20141026_2


 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

ムラサキセンブリ

ムラサキセンブリ    紫千振    リンドウ科

Murasakisenburi_783_20141026

 

Murasakisenburi_757_20141026

 

Murasakisenburi_758_20141026

 


 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウ    山辣韮    ユリ科

Yamarakkyou_770_20141026

 

Yamarakkyou_748_20141026

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

ワレモコウ

ワレモコウ    吾木香    バラ科

Waremkou_753_20141026

 

Waremkou_745_20141026

ソバナ    岨菜    キキョウ科

Sobana_765_20141026

最初、花の形からツリガネニンジンと思ったのですが、花のつき方、葉の様子からどうもソバナのようです。
いまひとつ確証は無いので、間違っているかもしれません。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

燃える秋

ドウダンツツジ    満天星蹊躅    ツツジ科

Doudantutuji_721_20141025

往く秋を引きとめようとするかのごとく、あるいはまた往く秋に名残を惜しむかのごとく、ドウダンツツジの葉が秋の陽を浴びて真っ赤に燃えていた。
秋の赤は哀愁の色でもあるのかな?

Doudantutuji_711_20141025

 

Doudantutuji_713_20141025

 

Doudantutuji_716_20141025

 

Doudantutuji_624_20141019

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

やさしいカーブ

リンドウ    竜胆    リンドウ科

Rindou_683_20141025

ファインダーを覗きながら、フォーカスリングをまわしているとき、なんとも優しげなカーブを描くラインが目に飛び込んできました。
こんなとき、すごく儲けものをしたような、嬉しい気分になってきます。
だから、写真がやめられないのかもしれない・・・・

Rindou_686_20141025_2

 

Rindou_676_20141025

 

Rindou_666_20141025

 

Rindou_668_20141025

 

Rindou_669_20141025

 

Rindou_671_20141025

 

Rindou_675_20141025

 

Rindou_690_20141025

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

秋の野で見つけた・・・

秋の野で見つけた心惹かれた植物たち。

ノコンギク    野紺菊    キク科

Nokongiku_659_20141025

朝降りた露がこの場所にはまだ残っていた、露の衣装をまとうと、一段と生き生きしてくる植物たち。

相変わらず、何度聞いてもすぐに忘れてしまう、困ったものです。
これは多分ノコンギクでいいと思うのですが・・・

Nokongiku_663_20141025

ツリガネニンジン    釣鐘人参    キキョウ科

Turiganeninjin_708_20141025

今年も今まで何度かツリガネニンジンは見たけれど、花の盛りにめぐり合えず「写そうと言う気になる」花が無く、結局撮らずじまいに終わってしまっていた。今年は撮れずに終わってしまうのかなと思っていたけれど、やっと撮ってみようという気にさせる花に出会うことができた。
栄養状態の良くない露岩地帯に咲いていて、草丈10Cmほどの、ツリガネニンジンとしては、並外れて小さく、花も1輪しかついていなかった。
その姿に、こんな土地でよく頑張ってるなと、声をかけてやりたくなるような気分でした。
写真としても決して満足のいく出来ではないけれど、いつの日にかこの画像を見返してみたとき、どこの山でどんな状況で咲いていたのか鮮明に思い出すことができる1枚になりそうな気がする。

コツブキンエノコロ    小粒金狗尾    イネ科

Kotubukinenokoro_577_20141019

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »