« ニラ | トップページ | もの思う秋 2 »

2014年9月28日 (日)

もの思う秋

タチドコロ    立野老    ヤマノイモ科

Tatidokoro_0012_20140926

つる性の植物の実が秋の陽を受けて輝いていた。
タチドコロだそうです。
春に芽を出し、茎を伸ばし、初夏に花をつけ、秋にはこうして種つくりをしてもう少しするとそのタネを送り出す。
植物たちは少しも休むことなく、一生懸命生きているんですね。
人間がこういう姿を見て、哀愁を感じるほど、悠長な生活をしているわけではないのですね。

|

« ニラ | トップページ | もの思う秋 2 »

その他」カテゴリの記事

コメント

哀愁を感じてよろしいのではないでしょうか。
感じるからこそ、イナさんのような、しんみりとした写真が撮れるのです。
秋、草紅葉、いよいよイナさんの大好きな季節ですね。
イナさんが好きかどうかはわかりませんが、私はそんな写真が大好きです。

投稿: やまぼうし | 2014年9月28日 (日) 18時29分

やまぼうしさん、こんばんは。
本当はあまり考えているわけではないのですが、
タイトルだけ、ちょっと格好をつけてしまいました(^^ゞ
芽吹きの春、盛夏もちろん好きですが、これからの季節は
しっとり落ち着いて、とても好きですよ。
人生も第4コーナーを曲がった自分を投影しているのかもれませんね。

投稿: イナ | 2014年9月28日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/57508397

この記事へのトラックバック一覧です: もの思う秋:

« ニラ | トップページ | もの思う秋 2 »