« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

もの思う秋 2

Kareha_0045_20140928

このところ、こんなシーンに出会うとどうしてもカメラを構えてしまうんです。
(やまぼうしさんからそそのかされてますます・・・あはは)
ちょっと変わり者なんでしょうね。

秋の夕暮れ、山の向こうに沈み行く太陽。
木漏れ日が枯葉を照らし、一刻、一刻その表情が変わっていく、時の過ぎ行くのを忘れて見入ってしまいました。

Kareha_0053_20140928

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

もの思う秋

タチドコロ    立野老    ヤマノイモ科

Tatidokoro_0012_20140926

つる性の植物の実が秋の陽を受けて輝いていた。
タチドコロだそうです。
春に芽を出し、茎を伸ばし、初夏に花をつけ、秋にはこうして種つくりをしてもう少しするとそのタネを送り出す。
植物たちは少しも休むことなく、一生懸命生きているんですね。
人間がこういう姿を見て、哀愁を感じるほど、悠長な生活をしているわけではないのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

ニラ

ニラ    韮    ユリ科

Nira_9948_20140917

 

ミソハギ    禊萩    ミソハギ科

_9907_20140917

なんという花でしょう????
さっぱり分かりません? 季節を間違えた狂い咲きのような気もしないでもないですが。

ミソハギと、教えていただきました。
tamaさん、ありがとうございます。
株立ちしてまとまって咲いているイメージが強く、じっくり見たことが無かったのですが、ミソハギとはこんな花だったのですね。

??

_9934_20140917

最初カゼグサかと思ったのですが、それにしてはちょっと賑やか過ぎるのと、茎が力強く直立しているので違うような気がします。
花が開いているからそう感じるのか?
イネ科の植物も分類が難しくてよく分かりません。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

ワレモコウ

ワレモコウ    吾木香    バラ科

Waremokou_9928_20140917

派手さはないけれど、秋の野にはなくてはならない花だと思います。

ツリガネニンジン    釣鐘人参    キキョウ科

Turiganeninjin_9924_20140917

ちょっとお疲れ気味のツリガネニンジンでした。

Turiganeninjin_9927_20140917

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

キキョウ

キキョウ    桔梗    キキョウ科

Kikyou_9909_20140917

ここで見かけたキキョウは、背の低い草丈のものばかりでした。
花は普通の大きさで、草丈に比べてちょっと不釣合いな大きさの感じがしないでもない。
栄養分に乏しい土壌のせいなのかなと思ったりします。

Kikyou_9911_20140917

 

Kikyou_9913_20140917

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

オミナエシ

オミナエシ    女郎花    オミナエシ科

Ominaesi_9904_20140917

秋の野を黄色に染めるオミナエシ。
自生のオミナエシは数が少なくなっているそうだが、これは多分自生のものでしょう。

Ominaesi_9920_20140917

 

Ominaesi_9922_20140917

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

ツルボ

ツルボ    蔓穂    ユリ科

Turubo_9943_20140917

山裾の斜面や田の畦にツルボが花盛り。
多数の花をつけた花穂は、下から順番に咲いていくので、どうしても咲いたばかりの花もあれば、既に咲き終ってしおれてしまった花もあり、一見綺麗な花とは思えないものが多いが、咲いている花を見ると、なかなかどうして一つ一つの花はとても綺麗である。
昆虫たちに長い間ご馳走を用意して、長い間訪問してもらい、受粉をより確実なものにする知恵の結果なのですね。

Turubo_9947_20140917

 

Turubo_9936_20140917

 

Turubo_9989_20140917

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

ヒガンバナ

ヒガンバナ    彼岸花    ユリ科

Higanbana_9967_20140917_2

今年は夏の終わりが早いせいか、秋の花も例年よりやや早めに咲き進んでいるようです。余り順調に季節が進んでしまうと、またまた見逃してしまう花が多くなりそうで、良いのか、悪いのかちょと??です。
ヒガンバナも例年よりやや早めに咲き出しているようです。
昔ながらの自然の地形をそのまま利用した、曲がりくねった畦道に咲くヒガンバナの姿に会いたいのだけれど、今ではそんな光景にはなかなかお目にかかれません。
区画整理された直線的な畦に咲くヒガンバナは、ちょっと風情にかける・・・・農作業をする人の苦労を知らぬお気楽者の戯言です。

Higanbana_9976_20140917

 

Higanbana_9969_20140917

 

Higanbana_9955_20140917

 

Higanbana_9956_20140917

 

Higanbana_9959_20140917

 

Higanbana_9963_20140917

 

Higanbana_9950_20140917

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

初秋の山道で出会った花たち

沢沿いを走る山道の脇に咲いていた花たちです。
なんだか、季節はもうすっかり秋という感じです。

ヤマホトトギス    山杜鵑草    ユリ科

Yamahototogisu_9875_20140910

 

ミゾソバ    溝蕎麦    タデ科

Mizosoba_9874_20140910

 

アキカラマツ    秋唐松    キンポウゲ科

Akikaramartu_9878_20140910

 

_9880_20140910

この時期キク科の花たちがあちらこちらで咲いていますが、私にとっては悩みの季節でもあります。
間違いなくキク科の花であることは分かっても、その先がどうにもこうにも分かりません。
ノコンギクか? ヨメナか? ユウガギクか? あるいは別の種類か?、まったく????です。
どなたか救いの手を差し伸べていただけると、嬉しいです。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

お伽の国で

Kinoko_9873_20140910

なんだかお伽噺の小人の世界に迷い込んでしまったような気分になって、撮った1枚です。

シコクママコナ    四国飯子菜    ゴマノハグサ科

Sikokumamakona_9869_20140910

同行のAさんに「ママコナが綺麗に咲いているよ」と言われても、「この花は、あまり撮る意欲が沸かないんだよね~」なんてつれないことを言いながら、逆光を浴びた姿を見たとたん、ものも言わずに山の斜面をよじ登っている。我ながらまったく勝手なやつだなぁと思います。Aさんごめん。
そんな根性だから、結果は逆光に浮かび上がる姿には程遠い平凡なものになってしまいました。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

シラヒゲソウ

シラヒゲソウ    白髭草    ユキノシタ科

Sirahigesou_9861_20140910

横から見ると柔らかな感じの花ですが、真上から見ると横から受けるイメージとは違い、結構力強い感じを受けます。
花粉を作る雄蕊とは別に、先端が3つに分かれガッツポーズをしているような仮雄蕊が5本あり、それぞれの先端に黄色の玉がついている。この部分で昆虫を引き付けるようです。甘い蜜が出ているのかなと思ったのですが、そこまでは確認できませんでした。
雄蕊の葯は花粉を出す時期をずらして、順番に花粉袋が開いてくるような感じを受けます。そして、画像を見ていても雌蕊がどれなのかよく分からない。
仮雄蕊といい、花弁の端の髭といい(何らかの理由があってこのように進化したのでしょうが、いったい何の為なんでしょうね)、この花もずいぶん変わった形をしています。

Sirahigesou_9856_20140910

 

Sirahigesou_9864_20140910

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

サワギキョウ

サワギキョウ    沢桔梗    キキョウ科

Sawagikyou_9851_20140910

この花を見るたびに、変わった形の花だなぁと思います。
こんな格好をしているのだから、虫媒花に違いないと思います。
受粉を手助けしてくれる昆虫たちに、より目立つよう進化してきた結果の形なんでしょうが、この花を好んで訪れる昆虫とはいったいどんな種類の昆虫なのか興味がわきます。

Sawagikyou_9866_20140910

 

Sawagikyou_9868_20140910

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

サワヒヨドリ

サワヒヨドリ    澤鵯    キク科

Sawahiyodori_9847_20140910

灌漑用の人工池でしょうか、ため池の岸辺に咲いていました。咲いていましたというより、これから咲こうとする寸前の状態といったほうが正確でしょうね。

Sawahiyodori_9845_20140910

 

Sawahiyodori_9850_20140910

 

Sawahiyodori_9846_20140910

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

ツルリンドウ

ツルリンドウ    蔓竜胆    リンドウ科

Tururindou_9842_20140910

私の中では「秋」を代表する花ツルリンドウに出会えました。
一株の茎にたくさんの花をつけても、賑々しさが無く、どこと無く憂いを秘めたそのたたずまいに、とても惹かれるものがあります。
これも秋なのだからでしょうか。
秋というと人間のほうがつい感傷的になり、こんなことを考えてしまうのでしょうかね。

Tururindou_9827_20140910

 

Tururindou_9837_20140910

 

Tururindou_9840_20140910

<

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

今年初めて見た花

ゲンノショウコ    現の証拠    フウロソウ科

Gennoshouko_0944_20140904

ヤマホトトギス    山杜鵑草    ユリ科

Yamajinohototogisu_0946_20140904

 

フシグロセンノウ    節黒仙翁    ナデシコ科

Husigurosennou_0947_20140904

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

花火?サンバ? !!

ウド    独活    ウコギ科

Udo_0936_20140904

なんだか打ち上げ花火を見ているような気分にさせる、ウド(独活)の花。
既に実になっているものもあるけれど、この花の花粉(あるいは蜜か)はよほどおいしいのか、とてもたくさんの虫たちが群がっていた。ハエ、アブ、ハチの仲間と思えるものがほとんどで、蝶の姿は無かった。

それにしても、とても楽しそうな雰囲気です、みんなで「サンバ」を踊ろうよ、なんて言っているようにも感じられます。
(松っあんのブログのサンバを踊るお姉さま方の姿が脳裏に焼きついて (^^ゞ ・・・これはごく一部の方しか分からないでしょうね)

Udo_0934_20140904

 

Udo_0939_20140904

 

Udo_0943_20140904

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

イタドリ

イタドリ    虎杖    タデ科

Itadori_0925_20140904

白い花が多いイタドリの中で、ピンクが鮮やかに目を引いた。
既に種らしきものができているようなので、おそらく雌花だと思うのですが、この花の雌花と雄花の違いが、どうもよく分かりません。

Itadori_0929_20140904

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

生きた証

_9812_20140904

虫食いか、あるいは病気のためか、他の葉がまだ色づいていないのに赤く色づき、穴だらけの葉。
こういう葉を見ると、なぜか人生を感じてしまい、「今年もよくがんばったなぁ」と、声をかけてやりたくなります。
クマイチゴか、ナガバノモミジイチゴか、ニガイチゴあたりの葉ではないかと思いますが、詳しい種類は分かりません。

_9809_20140904

 

名前の分からない花

_0932_20140904

アジサイの仲間には違いないと思うのですが、ヤマアジサイなどと比べて樹高が2M以上と大きく、花も一回りも二回りも大きく、装飾花が下向きについていて、萼片の表側は綺麗なピンクでした。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

ロケット

ハナイカリ    花碇    リンドウ科

Hanaikari_9807_20140904

以前にも同じようなことを書いたけれど、この花を見ると子供のころの漫画の「ロケット」を思い出してしまいます。
月まで飛んでけ、ハナイカリ・ロケット・・・

Hanaikari_9813_20140904

 

Hanaikari_9808_20140904

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ    秋の麒麟草    キク科

Akinokirinsou_9792_20140904

”アキノ”という語が頭につく花が増えてきました。
今年は夏らしい日を感じないままに、季節はもう秋なのですね。
なんだか秋も駆け足で過ぎていってしまいそうで、少々落ち着かない日々です。

Akinokirinsou_9795_20140904

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

秋風になびく虎の尻尾

ヤマトラノオ    山虎の尾    ゴマノハグサ

Yamatoranoo_9790_20140904

標高1500Mの山の上、既に秋風を思わせる涼しい風が吹き抜ける。(肌寒いくらいで、ウインドブレーカーを着用していました。日が高くなってきても、暑くて脱ごうという気になりませんでした)
山の斜面のあちらこちらに、紫色のトラの尻尾が風になびいて、季節は着実に秋に向かっているんですね。

Yamatoranoo_9771_20140904

 

Yamatoranoo_9782_20140904

 

Yamatoranoo_9786_20140904

 

Yamatoranoo_9769_20140904

咲いていたのは、眼下に山並みを見下ろす、とても気持ちの良い山の斜面。

Yamatoranoo_9767_20140904

 

Yamatoranoo_9774_20140904

ヤマトラノオか? ヒメトラノオか?、いつも悩んでしまいます。悩むほどのことはないのかもしれませんが、その違いは葉柄が有るかどうかで分けられているようです。
いままで、この場所に咲く花がどちらのものか特徴を記録したことが無かったので、今回は葉柄の部分をしっかり記録しました。
これで見る限り、葉柄はないようなので、ヤマトラオとしましたが、間違っているかもしれません。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

清楚

ヤマハハコ    山母子    キク科

Yamahahako_0920_20140904

タイトルを[ホワイト・ジュエリー]にしようかと、思ったけれど生物の持つ優しさにはちょっとそぐわない気がして、[清楚]としました。
今まさに花開かんとするとき、穢れも汚れもない花弁の様子は、花嫁の白いウエディングドレスを思い起こさせます。
標高1500Mのこの付近では、今ヤマハハコが花盛りでした。

Yamahahako_9798_20140904

 

Yamahahako_9803_20140904

 

Yamahahako_9820_20140904

 

Yamahahako_9822_20140904

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »