« 静かな里山 | トップページ | ノハナショウブ »

2014年7月 8日 (火)

ブタナ

ミズギク     コウゾリナ  ブタナ    豚菜  キク科

Mizugiku_9304_20140702

山裾に沿って切り開かれた田の畔に、ミズギク コウゾリナ    ブタナの花が満開でした。
ミズギク コウゾリナ ブタナとシロツメクサと、田には背丈を増した稲の苗、無くしたくない日本の初夏の風景です。

ミズギクと思い込んでしまっていたのですが、コウゾリナではないかとご指摘をいただきました。
そうですね、 よくよく見ればミズギクとは花弁の数がまるで違います、思い込みは怖いですね。

ただ、コウゾリナの特徴のうち
・茎や葉に短くて鋭い剛毛が生える。
・総苞片は先が尖り、背には黒色の鋭い剛毛がほぼ1列につく。
ということについて、ちょっと疑問も残るので、さらに調べてみます。

二転、三転、とうとうブタになってしまいました。・・・(笑)
ちょっと気になる疑問点を調べる前に、親切な方から教えをいただくことが出来ました。
ブタナで今度こそ間違いないと思います。
Yさん、Aさん、Hさん、Cさんありがとうございました。
これからも分からないこと、間違っていること、どうかよろしくお願いします。

名前はフランスの俗名の「豚のサラダ」から来ているそうですね、それでブタナとはちょっと安易なような気もしますが・・・

Mizugiku_9302_20140702

 

Nejibana_9311_20140702

ミズギクが咲く土手のネジバナ

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 静かな里山 | トップページ | ノハナショウブ »

夏の花」カテゴリの記事

花名 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/56702040

この記事へのトラックバック一覧です: ブタナ:

« 静かな里山 | トップページ | ノハナショウブ »