« ウスギヨウラク | トップページ | タチカメバソウ »

2014年5月30日 (金)

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク    山芍薬    ボタン科

Yamashakuyaku_8899c_20140528

森の中にひっそりと咲いていたヤマシャクヤク。
しばらくその前に佇んで、優雅な花と至福のときを堪能させていただきました。
おそらく今朝開いたばかりと思われる花は、まだ完全には開ききらずに花びらの間から、めしべやおしべの様子を垣間見れる程度でしたが、おしべの葯も花粉が出る前の汚れを知らぬまっさらの状態で、最高のときに巡り合うことができました。

しかしこんな花が自然の状態で咲いているとは!
つい自分だけのものにして持ち帰りたくなる人の気持ちも、分からないわけではないけれど、やはり自然の中でいつまでも咲き続けられるようにしてやりたいですね。
園芸目的の採取により激減しており、愛知県では絶滅・危急種に指定されている。

Yamashakuyaku_8893c_20140528

 

Yamashakuyaku_8897c_20140528

 

Yamashakuyaku_8968_20140528

緑の葉の上にそっと乗っかるような白い花。
この花の蕾をマシュマロのようなとかマッシュルームのようなとか表現された方がいましたが、本当にふんわりやわらかな印象です。そして清楚で触れたらたちまち壊れてしまいそうな・・・

Yamashakuyaku_8907c_20140528_2

 

Yamashakuyaku_8912c_20140528

花糸の付け根の薄紫の色がなんとも言えず綺麗でした。

Yamashakuyaku_8936_20140528

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« ウスギヨウラク | トップページ | タチカメバソウ »

春の花」カテゴリの記事

花名 やらわ」カテゴリの記事

コメント

可憐な花ですね。園芸目的に盗掘されて絶滅が心配されるなんてとんでもない話です。

投稿: kannkodori | 2014年5月30日 (金) 10時04分

素晴らしいですね、蕊にしっかりピンがきて、それでいて優しいトーンに
なっています。
最近、こういうクローズアップを撮っていないので参考になります。
レンズは100mm前後のマクロですか?

投稿: 翼 | 2014年5月30日 (金) 11時54分

kannkodori さん、ご訪問ありがとうございます。
本当に花の白さが清純そのものという感じの可憐な花です。
このエリアではもう一株、1週間前に確認しているのですが、
そちらはいくら探しても見つかりませんでした。
多分盗掘に遭ってしまったようです、腹立たしいですね。
貴重な植物がだんだん絶えていってしまうのは、そして
その原因の多くが人間によるものであると思うと、やるせないですね。

投稿: イナ | 2014年5月30日 (金) 12時14分

翼さんこんにちは。
本当に良いタイミングで訪問することができました。
とても数が減ってしまっているということで、ブログ
に掲載するのもちょっとためらったんですが・・・。
背景まで広く取り込むと、分かる人にはどのあたりか
推測されてしまうのではという心配と、開きかけたばかりで
余りにも蕊が綺麗だったので、アップに絞り込んでの撮影でした。

レンズは150mmマクロです。絞りはかなり開き気味の
f3.2~4.5程度で撮ったものが多いです。
今回はグリーンの色かぶりがひどく、補正をしたのですが、
補正しきれていなかったですね。花びらの白さがいまひとつでした。

投稿: イナ | 2014年5月30日 (金) 12時26分

イナさん こんばんは!
良い情報を頂きながら出かけることが出来ませんでした。
こんなにいい状態のヤマシャクに出逢えるなんて思ってもみませんでした。
素晴らしい画にしばし魅入ってしまいました。

投稿: あきみちゃ | 2014年5月31日 (土) 00時14分

あきみちゃさん、おはようございます。
良かったですよ~! 花の命は短くて・・・
タイミングを合わせるのが難しい花ですね。
でも、白は見られなかったけど、あんな綺麗な
ピンクに出会えたのですから、良いんじゃないですか。
来年また行きましょう。

投稿: イナ | 2014年5月31日 (土) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/56348923

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマシャクヤク:

« ウスギヨウラク | トップページ | タチカメバソウ »