« 旅立ちのとき | トップページ | ナンカイイワカガミ? »

2014年5月 2日 (金)

イワウチワをもとめて

岩団扇    イワウメ科

Iwautiwa_8549_20140423

先日箱根湿性花園で思いがけず出会ったイワウチワ。
その薄いピンクの可憐な姿に触れて、ますます自然の状態で咲くイワウチワに会いたくなり、かねてから計画していたところに出かけてみました。
本来は次週に訪ねる予定をしていたのですが、都合が付かず1週早めたので、咲いているかどうか目的の場所に着くまで少し不安がありました。
急な尾根を登ったあたりからイワウチワと思える葉っぱが目に付きだした、そのうちピンクの蕾も目に入るようになってきた。
しかし・・・蕾ばかり・・・やはり少し早すぎたかなという思いが強くなってきたけれど。
でももう少し先まで行ってみようと、さらに尾根を登ると有りました! やっと開いている花に出会えた喜びで周りを見渡すと、数はまだ多くはないが、開いている花があちらこちらに・・・・急な尾根を登ってきた甲斐が有りました。
この日は平日ということもあり、たまにハイカーが通りかかる程度で、森閑とした森の中、ピンクの可憐なイワウチワを独り占めの、贅沢な時間を過ごすことができました。


                                          撮影 2014.04.23

Iwautiwa_8524_20140423_2

 

Iwautiwa_8537_20140423

 

Iwautiwa_8540_20140423

はい、こっち向いてチーズといった雰囲気の二人連れでした。

Iwautiwa_8557_20140423

 

Iwautiwa_8559_20140423

奈良県からこられたという登山者の方と少し話をしました。
その方の地元、紀伊山地では、鹿の食害と松枯れ病のため山がとても荒れてしまっている、それに比べてこの山は天然の樹木が元気よく育っており、うらやましい環境だといわれていました。

そして、こんな余禄もありました。

Zansetu_8516_20140423

標高が1200mを越えるこの場所では、登山道から見える渓筋にまだ残雪がところどころに残っていました。
木々の芽吹きもまだこれからのようでしたから、この山の春一番は、イワウチワのようです。

One_8522_20140423

尾根筋の登山道は、木の根が地表を這い回り、まるで蛇の道の様相。
どこへ足を置こうか迷います。

Shoujyoubakama_8578_20140423

今年はカメラには収めることができなかったと、諦めていたショウジョウバカマが、こんなに新鮮な姿で登山道脇に咲いていました。

Huki_8583_20140423

蕗もまだ薹が伸び始めたばかりの可愛い姿で咲いていました。
途中の登山道にはこんなものも

Tane_0670_20140423

モミか、シラビソか、トドマツか木肌を見てもさっぱり分からないのですが、多分そんな種類の木だと思います。
木の根元にこんなものが沢山散らばっていました。いわゆる松ぼっくりの、笠の部分の1枚1枚がばらけたもののようです。
最初、種かと思ったのですが、どうも種の部分が外れた後の殻(?種を広く散布するための翼の役目をしているそうです)のようです。おそらくリスかネズミのような小動物の食事の跡ではないでしょうか。
こんな?(はてな)を見つけては、いろいろ想像するのも楽しいですね。

拾ってポケットに入れて帰ったものを、自宅で撮影しました。

Yamanekoyanagi_0671_20140423

どういうわけか、ヤマネコヤナギの花穂がいくつも転がっていました。
しばらく上のほうを眺めていると、時々ポトンと花穂が枝から落ちてくるのが見えました。
よく見るとどうも雄花ばかりのようです。花粉をいっぱいつけたままなのに、葯が開いてある時間が過ぎると花は役目を終えたと思い、落っこちるのでしょうか。

後日分かりました、ヤマネコヤナギは雄株と雌株の雌雄異株だそうです。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 旅立ちのとき | トップページ | ナンカイイワカガミ? »

春の花」カテゴリの記事

花名 あ行」カテゴリの記事

コメント

イナさん、おはようございます。
良い状態に行かれましたね~
4枚目の写真が好きです。蕾と一緒で可憐さが出て良いですね。
木の根そ写真も面白いですね。私も見てみたいです。

投稿: しゃら | 2014年5月 3日 (土) 09時54分

しゃらさん、おはようございます。
ほんの少し早すぎた感もあるのですが、咲き始めの
新鮮な姿に出会えてよかったです。
来年は木の根っこだけじゃなくて、ここのイワウチワも
是非見に行きましょう。

投稿: イナ | 2014年5月 3日 (土) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/55920307

この記事へのトラックバック一覧です: イワウチワをもとめて:

« 旅立ちのとき | トップページ | ナンカイイワカガミ? »