« 春の森に咲く妖精 | トップページ | ネコノメシリーズ II・トウノウネコノメ »

2014年4月26日 (土)

渓を黄色に染めて

キバナハナネコノメ   黄花花猫の目   ユキノシタ科

Kibanahananekonome_8423c_20140416

渓を覗き込むと、岩の上に黄色に光る点々が・・・
今年もキバナハナネコノメが咲き出したようです。

                                        撮影 2014.04.16

Kibanahananekonome_8428c_20140416

 

Kibanahananekonome_8437c_20140416

 

Kibanahananekonome_8438c_20140416

キバナハナネコノメとはまったく関係の無い話ですが・・・

ここにたどり着く前に、今まで幾度と無く走ったことのある山道を通ってきました。
そこで、今までとはちょっと違った光景を目にしました。
ちょっと違った光景というのは、山肌の杉、桧の林の濃いグリーンの中に、縦に走る白っぽい線がそこかしこに目に付きました。
よく見ると裂けた木肌が白く見えているようです。

2月に、この地方にしては珍しく大雪が降り、枝に積もった雪の重みに耐えかねて、杉、桧がへし折られ、裂けてしまったそうで、その名残かと思われます。

ここ長い間輸入材の低価格に押されて、国内材の需要が伸びず、山の手入れもなおざりにされてきた結果が、こんなところにも現れてきているように思えます。

戦後まもなくの間にいっせいに植林された杉、桧。
本来ならその杉、桧が成木としての価値で、地域を潤しているはずなのに、まったく違った今の状態を見ると、なんともやるせない気持ちになります。

人間だけでなく、自然の森が減ってしまったおかげで、森に住む熊やリスや鹿やイノシシや鳥たちも、きっとつらい思いをしているのではないでしょうか。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 春の森に咲く妖精 | トップページ | ネコノメシリーズ II・トウノウネコノメ »

春の花」カテゴリの記事

花名 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/55846229

この記事へのトラックバック一覧です: 渓を黄色に染めて:

« 春の森に咲く妖精 | トップページ | ネコノメシリーズ II・トウノウネコノメ »