« 春の小川は・・・ | トップページ | タネツケバナ »

2014年3月16日 (日)

川の岸辺で見つけた春

ヤエムグラ    八重葎   アカネ科

Yaemugura_8025_20140312

ほとんど本来の緑色の茎のものが目に付く草むらで、冬の名残を見せている一株のヤエムグラ。

フラサバソウ    ゴマノハグサ科

Hurasabasou_8018_20140312

今年はなぜかフラサバソウに良く出会う・・・というより、今まで気がつかなかっただけかもしれないが。

目を凝らすと草むらに、小さな小さな薄紫の星が瞬いていた。

Hurasabasou_8024_20140312

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 春の小川は・・・ | トップページ | タネツケバナ »

春の花」カテゴリの記事

花名 は行」カテゴリの記事

花名 やらわ」カテゴリの記事

コメント

春は小さな花が多いのでしょうか。
くしくも、本日のブログで、白い花を星に見立てました。
ヤエムグラも被写体になるんですね。
もっともっと、いろいろなものに目を向けないといけないこと、
思い知らされました。

投稿: やまぼうし | 2014年3月16日 (日) 22時13分

やまぼうしさん、おはようございます。
ヤエムグラですか・・・そういえば霜のとき
以外は、あまり撮られる方がいないようですね。
こういうものに目がいくのは、きっとへそ曲がりのせいでしょう。
「イナさんには気をつけろ、安心していると寝込みを襲われる」
なんて、噂が野草たちの間に広まっている・・・
てなことはないでしょうが (^^ゞ

セントウソウ本当に林床にちりばめられた星のようですね。

投稿: イナ | 2014年3月17日 (月) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/55358010

この記事へのトラックバック一覧です: 川の岸辺で見つけた春:

« 春の小川は・・・ | トップページ | タネツケバナ »