« 冬の雨・・・III | トップページ | 雪の世界 »

2014年1月24日 (金)

氷の世界

Koori_7493_20140122

野山に遊ぶ(やまぼうしさん)」の、素敵な氷の世界に刺激され、氷と雪の世界に足を向けてみた。

小さな川に作られた堰堤の上流に張った薄氷。
水の緑か、対岸の樹木の映りこみか、透き通ったグリーンに目を奪われて撮ってみた。

いやぁ、氷の表情を写し撮るのは難しい、良いのかだめなのか自分ではさっぱりわからない。
しばらく氷と雪の世界をお届けします、忌憚の無いご意見、ご指摘をいただければうれしいです。

Koori_7495_20140122

 

Koori_7513_20140122

 

Koori_7515_20140122

小さな堰の下に見つけたちょっと変わった姿の氷。
撥ねる水が岸辺の草か岩に触れると同時に凍りつき、だんだんと成長したものだろうが、水玉がそのまま形として残っているようで、面白かった。

Koori_7519_20140122

ガラス細工のシャンデリアのような氷。
裏側に豆電球でも置いたら豪華に見えるだろうな。

Koori_7521_20140122

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 冬の雨・・・III | トップページ | 雪の世界 »

その他」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

お邪魔します!

氷の世界が静かですね。

何も動きません。

投稿: 幸奈 | 2014年1月24日 (金) 13時35分

幸奈さま、ご訪問ありがとうございます。
そう、静かですね。おっしゃられるまで
気がつかなかったのですが、
撮影している間も周囲の物音がまるで耳に
入ってこなかったような気がします。
氷の世界は静寂なのですね。
これからもお気軽に足跡を残して行って
ください。

投稿: イナ | 2014年1月24日 (金) 17時51分

何年前になるでしょうか、比留間和也「Ice jewels」という写真集を見て、「こんな写真を撮ってみたいなあ」とあこがれています。
いまだに思うような写真は撮れていませんが、きっと比留間さんと同じような場面には出会っているのでしょう。
造形の世界ですよね。
最後の写真、いいですね。ここに陽が差したらどんな色がつくのでしょう。
以前、みかんの皮を後ろに置いて撮ったことがありますが、面白い色がでました。
氷と遊ぶのも、この時期ならではのこと。

明日氷柱を撮りに行こうかと思っていたのですが、暖かすぎます。
冬は寒くないと。

投稿: やまぼうし | 2014年1月24日 (金) 22時52分

やまぼうしさん、おはようございます。
今まで「氷」というものにはほとんど興味が
なかったのですが、やまぼうしさんに目を覚ま
させられました、ありがとうございます。
形もさまざま、色もさまざま、見る角度によって
それらがまた変化して、興味尽きないですね。
冬の楽しみがまたひとつ増えました。
でもまだ、どういう画像が良いのか悪いのか
さっぱり分かりません、教えてください。

投稿: イナ | 2014年1月25日 (土) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/54726420

この記事へのトラックバック一覧です: 氷の世界:

« 冬の雨・・・III | トップページ | 雪の世界 »