« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

雪を求めて

Yukinosawa_7598_20140129

久しぶりに雪の中を歩きたくなって、愛知県で最も標高の高いところ「茶臼山」へ行ってきた。
今年は気温は低いのに雪が少ないと、この日の新聞で読んだばかり、途中の道路はまったく雪のかけらも見当たらない、少々心配になってきたが、めぼしをつけておいた矢作川源流部に入ると、やはりここにはいつ降ったのかは分からないがしっかりと雪が残っていた。

この日は風もなくまったく穏やかな日和、聞こえてくるのは沢の水音だけ、静かな静かな森の中を、のんびりゆっくり一人気ままに歩き回ってきた。
目につくのは、おなじみ野うさぎの足跡、リスかと思われる小さくてかわいい足跡、そして鹿が跳ねたのではないかと思われる2mほどの間隔でつけられた足跡・・・・
そして20cmほどの大きな足跡?!・・・一瞬熊かと思ったが、おそらく今は冬眠の季節、きっと小さな足跡が融けて大きく広がったのだろう・・・

うるさい人間が来なくなって、安心して暮らしている動物たちにはちょっと迷惑かもしれないが、「邪魔してごめんよ」と心の中で謝りながら、静かな森をさまよってきた。
何年ぶりかの雪の森、久しぶりに心が解きほぐされるような穏やかな気持ちになった。

Yukinosawa_7615_20140129

 

Yukinosawa_7619_20140129

 

Koori_7575_20140129

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

花追いびと・野草写真展ご案内

Hanaoibito

野草撮影でフィールドへよく同行する仲間たちが集まって、野草写真展を2月1日より開催いたします。
豊橋近郊のお近くの方はぜひ足をお運びご覧いただけましたら、幸いでございます。
遠方の方で会場まではとてもお越しいただけない方には、作品の一部をご覧いただけるよう「WEB会場」もご用意しました。
よろしくお願いします。

詳細はこちらをクリックしてご覧ください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

雪の沢

Yukinosawa_7553_20140122

場所を移動して雪の沢へ。
ちょうど吊橋の下に岩の間を流れ落ちる落差数メートルの小さな滝があった。
流れ落ちる水の軌跡と、岩に積もった雪の様子が面白く撮っては見たものの、これを見ただけでは何がなんだかわからないだろうね。
まぁ、何が何だか分からないモノトーンのオブジェとして見れば、これはこれで面白いか。
中ほどに人の顔らしきものが・・・・

Yukinosawa_7559_20140122

 

Yukinosawa_7562_20140122

 

Yukinosawa_7564_20140122

 

Turara_7571_20140122

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

氷の表情

Koori_7534_20140122

今まで氷をじっくり見てみたことなど殆どなかったが、改めてその姿を見てみると、それぞれ二つとして同じものがなく、実に不思議な世界だ。
そしてそれらが、見る位置、見る角度によって、形も変われば色も変化する、また新たな魅力発見。

Koori_7538_20140122

 

Koori_7539_20140122

 

Koori_7540_20140122

 

Koori_7542_20140122

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

雪の世界

Yukinoisidan_7545_20140122

雪でご苦労なされている地方の方には申し訳ないですが、普段雪などめったに見ない温暖な地に住んでいるものにとっては、雪を見ただけで何か嬉しくなってしまう。
なんでもないものにも、ついカメラを向けてしまうんです。

下は、苔に積もった雪が溶けて水に戻る寸前の姿。
よく見るとなんだか生き物の顔のようで・・・

Koke_7530_20140122

 

Nogikunosouka_7525_20140122

名前まではわからないけれど、多分キク科の植物だろうと思われる草の種が、冷たい風に震えながらまだ残っていた。

Nogikunosouka_7527_20140122

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

氷の世界

Koori_7493_20140122

野山に遊ぶ(やまぼうしさん)」の、素敵な氷の世界に刺激され、氷と雪の世界に足を向けてみた。

小さな川に作られた堰堤の上流に張った薄氷。
水の緑か、対岸の樹木の映りこみか、透き通ったグリーンに目を奪われて撮ってみた。

いやぁ、氷の表情を写し撮るのは難しい、良いのかだめなのか自分ではさっぱりわからない。
しばらく氷と雪の世界をお届けします、忌憚の無いご意見、ご指摘をいただければうれしいです。

Koori_7495_20140122

 

Koori_7513_20140122

 

Koori_7515_20140122

小さな堰の下に見つけたちょっと変わった姿の氷。
撥ねる水が岸辺の草か岩に触れると同時に凍りつき、だんだんと成長したものだろうが、水玉がそのまま形として残っているようで、面白かった。

Koori_7519_20140122

ガラス細工のシャンデリアのような氷。
裏側に豆電球でも置いたら豪華に見えるだろうな。

Koori_7521_20140122

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

冬の雨・・・III

Tubakisiro_7441c_20140108

晴れた光線の強い日にはおそらく見ることが出来ないであろう、柔らかな表情を見せてくれた。

Tubakisiro_7446c_20140108

 

Tubakisiro_7447c_20140108

 

Tubakisiro_7452c_20140108

 

Tubakisiro_7454c_20140108

 

Tubakisiro_7458c_20140108

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

冬の雨・・・II

ロウバイ   蝋梅

Roubai_7427_20140108

まだ数えるほどだけれども、ロウバイが咲き出していた。
冬の雨に打たれたその姿は、少し寂しげではあるが、花びらがより透き通った感じで雰囲気があった。

Roubai_7429_20140108

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

冬の雨・・・I

Tubaki_7467_20140108

冬の雨と聞くと今までは尻込みしていたが、雨の日には雨の日にしか見られない表情に出会えるのではなかろうかと、近くの神社に出かけてみた。
やはり自然は寒かろうが、雨だろうが、いつの日も休まず生きていた。
贅沢言っているのは人間だけかもしれない。
晴れた日には見ることの出来ない、しっとり落ち着いた花たちの姿、寒さも忘れて見入ってしまった。

Tubaki_7412_20140108

 

Tubaki_7420_20140108_2

 

Tubaki_7422_20140108

 

Tubaki_7423_20140108

 

Tubaki_7424_20140108

寒くて、寒くて、鼻水は出るは、涙は出るは、どうしようもないね、と言っているかどうかは?
なぜか顔のように見えてしまった。

鼻の先にちょうちんぶら下げていたのは、自分かもしれないけどね!

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

冬の朝・命の目覚め

Kinenokoro_7267_20131231

朝日を浴びて、植物たちの目覚めのとき。
霜風景は、またまた空振りだったけれど・・・・
でもこんなに清清しい姿に出会えたのだから、まっいいか。

Kosendangusa_7277_20131231

 

Kusaitigo_7280_20131231

 

Suiba_7270_20131231


 

 

Susuki_7269_20131231


 

 

Susuki_7283_20131231

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

雪の野で

Yukinomennoki_7408_20140102

久しぶりの雪の中、ちょっと心に響いた光景を写しとめてみました。
しかし、風速10M以上の雪景色の中は寒かった~!

Yukinomennoki_7363_20140102

 

Yukinomennoki_7366_20140102

誰の足跡も付いていない雪面はとても好きです、自分の足跡がそのまま歴史になる・・・ちょっと大袈裟か。
でも、汚すのがちょっともったいない気もする。

Yukinomennoki_7376_20140102

 

Yukinomennoki_7383_20140102

 

Yukinomennoki_7387_20140102

枯れ枝が雪面に出ているだけかと思ったが、よく見ると冬芽ができている。こんな中でもちゃんと春を迎える準備をしているのかと思うと、何か愛おしくなってくる。

Yukinomennoki_7389_20140102

 

Yukinomennoki_7392_20140102

 

Yukinomennoki_7405_20140102

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

サルトリイバラ

サルトリイバラの実  猿捕茨(別名:サンキライ・山帰来)   ユリ科   

Sankirai_7217_20131225

周りの枯れ草色の中にあって、この実の赤色はとても目立つ存在である。

Sankirai_7219_20131225

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

赤い実

ツルウメモドキの実    蔓梅擬    ニシキギ科

Turuumemodoki_7223_20131225

新春だから、先ずはおめでたいイメージで・・・
ツルウメモドキの果実の殻がはじけ、真っ赤な実が、つい口に入れたくなるほどにとってもみずみずしく実っていた。
遠目にも結構目立つ存在なのだが、小鳥たちがついばんだ形跡もあまりない、人間の目にはうまそうに見えるのだが、鳥たちにとってはあまり好みではないのかな?

本年もよろしくお付き合いください。

Turuumemodoki_7221_20131225

 

Turuumemodoki_7220_20131225

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

Happy_new_year2

 

Hinode_7150b_20131225

 

Hinode_7173b_20131225

 

Hinode_7184b_20131225

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »