« 『ニッポンの里山』 | トップページ | コセンダングサ »

2013年12月26日 (木)

朝日を浴びて

セイタカアワダチソウ  背高泡立草  キク科

Seitakaawadati_7195_20131225

霜を期待して少々早起きしてみたのだが、残念ながら霜風景には出会えなかった。
その代わり、冬の寒い中でも朝日を浴びて健気に輝く野草たちに出会うことができた。

Seitakaawadati_7193_20131225_2

 

Seitakaawadati_7201_20131225

 

※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 『ニッポンの里山』 | トップページ | コセンダングサ »

花名 さ行」カテゴリの記事

コメント

シモバシラもアップされるようになりましたね。
私も先日霜を撮ろうと、朝早くに家を出たのですが、空振りでした。
富士山を撮りに行って、雲に隠れているのと同じですね。
何のための早起きなのか、がっかりしてしまいます。

セイダカアワダチソウの逆光に輝く姿、私も大好きです。
特に3枚目の画像、いいですね。
センダングサがいい味付けになっています。
山のブルーと、海でしょうか、街でしょうか、ボケが効いています。
こういう何気ないものを作品に仕上げる、素晴らしいと思います。

投稿: やまぼうし | 2013年12月26日 (木) 19時55分

やまぼうしさん、こんばんは。
自然相手ですから、仕方ないですね。
人間の望みどおりには、自然はなりません、
そのつもりで付き合うしかないですね。

3枚目の画像は、ちょうどまだ日が当たっていない
山陰と、その向こうは日が当たっている町並みです。
玉ボケは屋根瓦の反射です。ちょっといい雰囲気でしょ。

投稿: イナ | 2013年12月26日 (木) 22時04分

こんばんは。

そうそう、こんな風に朝の光をあびたセイタカアワダチソウがこちらもいますよ。
私も3枚目が好きかな。

投稿: さな・花の庵 | 2013年12月27日 (金) 21時49分

さな・花の庵さま、ありがとうございます。
一時と比べると勢力が衰え気味と聞きますが、
まだまだ、セイタカクンはどこでも元気ですね。
この草も、花よりもどちらかというと、種になった
状態のほうにより惹かれます。逆光に映える光景に
出会うとついシャッターを押してしまいます。

今年も本当に後わずかになりました、来年もよろしくお願いします。

投稿: イナ | 2013年12月28日 (土) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/54378643

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日を浴びて:

« 『ニッポンの里山』 | トップページ | コセンダングサ »